Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

長距離選手のプライオメトリックトレーニングの利点(高い着地衝撃に対応することを助け、筋のコンプライアンス(柔らかさ)を左右するゴルジ腱紡錘を徐々に抑制して、推進力とRE、RFDの向上を促す)

レジスタンストレーニングに段階的かつ理論的に(アスリートがそれ以前のドリル得したのちに)負荷されるべき、漸進的プライオメトリックトレーニングドリルが挙げられ、これらのドリルは基本的には、アスリートが高い着地衝撃に対応することを助け、筋のコン…

バイオバンディング(暦年齢ではなくむしろ体格や成熟度に基づいてアスリートをグループ分けしたり評価したりすることを意味している)

バイオバンディングにより、アスリートは身体特性に基づいたグループに振り分けられますが、それは心理的なスキルや技術的なスキルの検討を除外するものではなく、例えば、早熟な少年であっても、望ましい経験を担保するだけの技術能力や心理的成熟度が不足…

インディバアクティブ フェイシャルケア始めました

Nakajima整骨院では、インディバアクティブのフェイシャルケア始めました。インディバアクティブは、世界中から愛用されている優れた高周波温熱治療器で、体温が美容や健康維持の基礎であることはいつの時代も変わりません。その温度を物理的に体内で発生さ…

股関節、膝関節伸展モーメントの関連変数(パワートレーニングのための最適な負荷は、全身の発揮パワーを最大にする負荷であると強調してるが、股関節の発揮パワーを最大にする負荷でトレーニングするほうが効果が大きい)

負荷が重くなるにつれて(スクワット、ランジ、従来のデッドリフト、およびヘックスバーデッドリフト)、ランニングスピードが早くなるにつれて、また跳躍高が高くなるにつれて、股関節伸展モーメントや関連変数が膝関節伸展モーメントや関連変数よりも相対的…

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

最大パフォーマンスを維持するには、エネルギーを利用する身体能力を向上させることがきわめて重要になります。 エネルギー利用効率を平行して増加させなければ、最大パフォーマンスによる高エネルギー要求を持続的に満たすことは不可能であり、したがってパ…

アスリートの支持期の接続時間(短い接地時間で長い距離にわたって身体を推進させるということは、支持期の120~200ミリ秒間に、より大きな水平力/パワーが発揮されていることを示唆している)

複数の研究により、速いアスリートは遅いアスリートよりもストライドがかなり長いことが示されています。 同様に、同じアスリートがスピードを増大させて走っている際はストライド長が増加していると考えられます。 しかしどちらの環境においても、支持期の…

最大走速度を向上させるには(最大走速度を向上させるためには、鉛直と水平両方の地面反力(GRF)を増大させなければならないことが明らかになっている)

スプリントにおける地面反力(GRF)の2つの主要成分は増大の仕方に違いがあるだけでなく、鉛直方向の力については速度上昇に伴って直線的に増大しない場合があることもまた明白になります。 MunroらとNiggらは、速度3~6m/秒の範囲において、鉛直方向のGRFは速…