Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ジュニア選手の​最も身長が伸びる時期​(PHV)を考える(最大筋力を高めるためのトレーニングは、骨の成長が完成した時期から始めるのが適切とされている)/Nakajima整骨院

ジュニア選手に関わる場合、そこでは長期的な育成計画の導入、つまりジュニアの期間が、将来、より優れたアスリートへと成長するための準備期間であるとの認識が求められています。​ 特に指導者の立場からは、子供の発育段階において、様々な体力要素に注目…

高地トレーニングによる持久力向上の生理学的メカニズム(高地トレーニングは持久系の運動選手が酸素運搬能力などの持久系能力を高めるためのトレーニングとなる)/Nakajima整骨院

低酸素環境に対する身体の順応を利用して、身体能力を改善しようとする代表例がスポーツ選手の間で盛んな「高地トレーニング」になります。​​ 高地トレーニングは「造血」を利用することにあり、一般的には2,000〜3,000m台の​高地に長期間滞在してトレーニン…

アスリートにとって​乳酸は溜まってはいけないのか?​(乳酸は老廃物ではなく、糖の分解代謝産物で一時的にできるものでエネルギー源になる)/Nakajima整骨院

疲労の原因として、乳酸が多くできる状況が、筋収縮がうまくいかなくなる状況と​一致することが多いことから、乳酸が唯一の疲労の原因と考えられてきました。​ 乳酸というと、溜まる老廃物というイメージを持っている人が多いのが実情ですが、乳酸は常に作ら…

足関節内反捻挫の​不安定性要素とは(足関節の機能的な不安定性は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)/Nakajima整骨院

スポーツ外傷の中で、医療機関を受診することが多い場所は、足関節に関わるものが最も多く、次いで膝、そして腰と肩がほぼ同数になっています。​ 足関節捻挫の80%程度が、内反捻挫と言われています。 是非ご視聴ください!

糖質が運動パフォーマンスに​与える影響とは(水分と並び、糖質の不足は、筋肉や中枢神経系の疲労をもたらす大きな因子になる)/Nakajima整骨院

糖質とは運動中の最も重要なエネルギー基質になります。​ 栄養/代謝状況、食生活、運動の種類や強度、持続時間、さらにトレーニングステータス(トレーニング歴と適応状態)などの要因が、運動中の糖質の利用方法や、生体外(食事)、生体内(筋グリコーゲン…

トレーニングと​成長ホルモンの役割​(成長ホルモンの役割として「筋や骨の成長を促す」「体脂肪を減らす」「免疫機能を高める」など健康の維持や増進面でも重要なホルモンとされている)/Nakajima整骨院

動物や(ヒト)子供の成長において、成長ホルモン:GHの分泌が骨量や筋量を増加させることはかねてから知られてきました。​ 成長ホルモンは脳下垂体前葉によって分泌され、運動以外の最大の分泌は睡眠中に起こります。​ 筋組織に影響を及ぼすことに加え、成長ホ…

運動すると肩こりや​腰痛が緩和するのはなぜか?(運動は患部への血流量を増加させ、乳酸、疲労物質の代謝を促進し、結果として体の悪循環が改善される)/Nakajima整骨院

同じ姿勢を長時間維持していると、肩こりや腰痛になることがあります。​ デスクワークや自動車の運転をすることが多い人は、このどちらかを必ずといっていいほど経験しているとされています。​ 肩凝りや腰痛の原因の一つとして考えられているのが、筋肉に対…

ランナーの​有酸素性能力の重要性(長距離選手がパフォーマンスを向上するためには、運動中の筋への酸素供給量を高め、酸素需要量の増大に対応する必要がある)/Nakajima整骨院

筋力、スピード、そしてパワーが成功のカギを握る大半の競技とは異なり、長距離走は主に酸素の運搬と利用がその能力を決めます。​ ランナーの走る速度が上がれば、酸素需要は高まり、それによって走るペースを維持できるようにするためには、運動中の筋肉、…

水とその他の​水分補給との違い(人間は一生のうちに、様々な種類の水分補給を通じて体内の正常状態を維持している)/Nakajima整骨院

体内の水分は、全体重の50~70%を占め、体内の全水分の約5~10%は​不可避的損失によって日々、代謝回転しており、運動による水分喪失が加わると、水分補給は必要性は一層重要になります。​ 喪失する水分が多いほど、水分の再補給には長い時間がかかるとさ…

ストレッチの効果と適用​(ストレッチの主な目的は「関節可動域を拡げる(柔軟性を改善させる)」ことであり、柔軟性の改善にはさまざまな生理学的メカニズムが関与している)/Nakajima整骨院

ストレッチの効果として、​「柔軟性を改善」、「障害予防」、「パフォーマンス向上」、「疲労を回復させる」、「リラックスをさせる」が挙げられます。​ 是非ご視聴ください!