Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

同じ有酸素性運動をしても男性より女性が息切れするのはなぜか?(全身持久力を評価する指標の一つ、最大酸素摂取量をみてみると女性は男性の70%程度の数値を示している)/Nakajima整骨院

一般に、同じ体重でも、男性は筋肉量が多く、女性は体脂肪が多く、それがマラソン競技においても、男性が記録が良いということに繋がるとされています。​ したがって、女性が持久力を高める手段として筋肉を増やすことが重要になります。​ 是非ご視聴くださ…

垂直跳びの能力と​競技パフォーマンス(垂直跳びは静止状態から開始する反動動作やアプローチを伴う着地に対して反応するなど様々な状況で行われる)/Nakajima整骨院

バスケットボール選手は、レイアップシュートやダンクシュートを行う際に、バスケットゴールに向かって垂直跳びを行います。​ バレーボール選手は、ブロックしたりスパイクを打ったりする際に、素早いカウンタームーブメントジャンプを用います。​ また、競…

水分補給状態が生理学的機能と​運動パフォーマンスに及ぼす影響​(喉の渇きは、およそ2%の脱水によって引き起こされるとされている)/Nakajima整骨院

運動が行われる、その時々によって、環境条件、運動強度、運動時間、休息時間、着衣の量、およびそのセッション、練習、または競技イベントの目的は異なります。​ 同様に、運動を行う人によって、発汗率、水分補給状態、体力、熱馴化レベル、および運動に対…

免疫機能と​オーバートレーニング症候群(人の免疫系は複雑なシステムで、先天的防御と​​適応防御という2つの主要な免疫系で成り立っている)/Nakajima整骨院

コーチとアスリートが体系的なトレーニングと効果的な回復の実施により、パフォーマンスの向上を促進しながら、トレーニングが原因の疾病や傷害を予防するためには、この免疫系と炎症との関連性を理解することが重要になります。​ 免疫系、脳、骨格筋の間に…

サッカーにおいて​"激しい身体活動を行う能力"​"回復する能力"の重要性(選手のコンディショニングは、試合状況を模倣し、選手にとって適切な準備となるようにするべきとされている)/Nakajima整骨院

サッカーの試合で激しい身体活動を行う能力、​およびそこから回復する能力(無酸素性持久力)もサッカーのパフォーマンスに影響を及ぼすことが示されています。​​ 最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、​試合の最も激しい局面において2倍の無酸…

筋疲労に起因する​若年アスリートの傷害とは(筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できる)/Nakajima整骨院

筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。​ したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。​ 疲労はスポーツにおける課題を実行中の神経筋コントロールの変化と​下肢の動的な関節安定…

思春期における前十字靭帯損傷のリスク因子とは(男子は成熟段階を通じパワー、筋力、コーディネーションの増大を示す一方、​​女子は思春期を通じて示す変化が小さいことが示されている)/Nakajima整骨院

思春期の筋骨格系の成長が、それに相応する神経筋の適応を伴わないことによって、​ある種の内的ACL(前十字靭帯)損傷リスク因子を、助長する可能性があります。​ このような内的リスク因子は、しかるべきタイミングで対処しなければ、思春期から成熟期へと継…

若年サッカー選手に傷害をもたらす要因とは(成長と発達にばらつきがあることは​​特に成長が加速する時期において傷害の主要な危険因子の一つと考えられている)/Nakajima整骨院

若年サッカー選手において、成長と発達にばらつきがあることは、​特に成長が加速する時期において、傷害の主要な危険因子の一つと考えられています。​ ​例えば、骨格構造が急速に成長するのに伴い、​筋肉系はそれに合わせて長さと大きさを増大させ、​力の発…

ハムストリングの肉離れのリスクとは(ハムストリング損傷歴、競技系アスリートとしては高齢であること、大腿四頭筋の柔軟性低下、​​大腿部の筋のアンバランスなどがリスク因子である)/Nakajima整骨院

ハムストリングスの肉離れは、ダッシュや全力疾走のようなランニング時の受傷だけではなく、​ハムストリングスの柔軟性低下による可動域制限に加えて​可動範囲を超えた動作が行われ、筋肉が過伸展されて生じるケースも非常に多い損傷になります。 是非ご視聴…

サッカーにおける傷害予防(プロの男子サッカー選手のおいて、負傷で失われた日数の多さと​チームの成績不振には、似た傾向があることも報告されている)/Nakajima整骨院

プロの男子サッカー選手において、負傷で失われた日数の多さと​チームの成績不振には、似た傾向があることも報告されています。​ ​サッカーはコンタクトスポーツに分類され、大多数の接触は​ボールの支配を争っている対戦相手との間で起こり、​このようなス…