Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

足関節(足首)捻挫

足関節捻挫

足関節(足首)捻挫

スポーツ外傷の中で切挫創を除いて医療機関を受診する部位は、足関節に関わるものが最も多く、次いで膝関節、そして腰部と肩関節がほぼ同数になっています。

足関節捻挫の80%程度が内反捻挫と言われていますが、解剖学的、構造学的、バイオメカニクス的、スポーツ動作学的に考えられる理由として下記の事があげられます。

内反捻挫の多い理由

  1. 内反の関節可動域が外反より大きい。
  2. ジャンプの着地など底屈位で内転・内反をとり受傷機序となる。
  3. ストップ動作では足部内転位をとりやすく、小趾側に荷重がかかりやすい。
  4. ストップ動作で足趾が屈曲しやすい選手では内側縦アーチが上昇し、内反しやすい位置になる。
  5. 底屈の関節可動域が背屈より大きく、底屈位で距骨が不安定になる(背屈位で距骨ドームが関節窩にはまり込み安定する)。
  6. 外側の靭帯が内側の三角靭帯より粗。
  7. 腓骨は長く下方に伸びているが、脛骨に比べて関節面の幅が狭く不安定になりやすい。

内反捻挫の受傷機転

内反捻挫の受傷機序を分析すると、ストップ動作、サイドステップ、ジャンプ着地、踵部でものを踏みつける、段差などからの転落時などで起こっています。

これらの動作をまとめるとa)足関節底屈位で損傷しやすいこと、b)足関節内転位で損傷しやすいこと、c)中間位で側方から内方に向かった力が加わった時に発生していること、d)体重が足部、足関節に加わった閉鎖性運動連鎖系(CKC)の局面で発生していること、などに集約出来ます。

着地動作などの足関節底屈位では前距腓靭帯(ATFL:anterior talofibular ligament 底屈位内反)と踵腓靭帯(CFL:calcaneofibular ligament 中間位内反)、サイドステップなど足関節底・背屈中間位での内反ではCFLの損傷が起こると知られています。

足関節捻挫とスポーツ復帰に要する期間

 

Ⅱ度損傷の場合の理学療法

 

 

サッカー施術の特徴

どんなお悩みでもご相談ください

お客様の状態に合わせて、最適の施術(インディバアクティブ酸素カプセルパーソナルトレーニングトレーナー派遣など)をご案内いたします。

腰痛や坐骨神経痛首の痛みや肩こり交通事故での腰や首、肩の痛みの患者様も多数来院されております。詳しくはお問い合わせください。どうぞお気軽にお電話ください。