Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎は、長距離種目で多く見られる障害になります。

下腿が外旋しながらの膝の屈曲により、腸脛靭帯が大腿骨外側上顆部で後方へ移動する際に炎症を起こすと考えられています。

アライメントとして安静立位では、O脚や日本人に多い内反脛骨がみられ、toe-inでの立位姿勢であることが腸脛靭帯炎のお客には多くなります。

脛骨の内反があると腿関節自体が内反位となります。

小趾側からの接地やtoe-inでの接地を回避するために、toe-outでの接地になることが多くなるために、下腿の内外旋の可動性が大きく股関節の内旋可動域も大きいことも特徴になります。

評価

グラスピングテスト(grasping test:腸脛靭帯を外側上部で押さえ、膝を伸展させると痛みが誘発される)とオーバーテスト(Ober test:大腿筋膜張筋、腸脛靭帯の拘縮、短縮をみる)で陽性となる場合は高緊張型、グラスピングテストで陽性だがオーバーテストで陰性、膝関節内反動揺テストで陽性にとなる場合には、低緊張型と分類されます。

理学療法

高緊張型

腸脛靭帯ならびに下肢全般の筋緊張が高い高緊張型は腸脛靭帯を中心に下肢全般のストレッチングや可動性の改善を目的とした徒手療法を行います。

低緊張型

低緊張型では筋力強化を中心に行います。

どんな悩みでもご相談ください

お客様の状態に合わせて、最適の施術(インディバアクティブ酸素カプセルパーソナルトレーニングトレーナー派遣など)をご案内いたします。

腰痛や坐骨神経痛首の痛みや肩こり交通事故での腰や首、肩の痛みの患者様も多数来院されております。詳しくはお問い合わせください。どうぞお気軽にお電話ください。

スポーツ傷害・外傷