Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

膝関節内側側副靭帯損傷(MCL)受傷からリハビリまで

内側側副靭帯損傷のリハビリテーション

膝内側側副靭帯損傷

サッカーやラグビーでの膝関節に対するタックルのようなコンタクトプレーにて損傷する接触型損傷(contact injury)が一般的ですが、選手が急激にカッティングして方向転換しようとした際、下腿外旋が強制され受傷する場合も多くなります。

膝関節内側側副靭帯が外力によって関節が生理的運動範囲を超える動きを起こし、静的支持機構である関節包、靭帯が損傷した状態をいいます。

重症度の分類

施術

内側側副靭帯損傷リハビリメニュー

サッカーリハビリ

1.受傷後1~2週目

歩行時の荷重:両松葉杖による部分荷重(疼痛の無い範囲内)

受傷後24~48時間以内(炎症症状の残存する)は患部の安静・固定・冷却(RICE)を行う。

それ以降以下のメニューを行う。

  1. ①Quag.setting(等尺性収縮:大腿四頭筋)
  2. ②SLR
  3. ③4動作訓練
  4. ④股関節伸展・内転・外転
  5. ⑤ヒールスライド(関節可動域訓練)
  6. ⑥低周波電気刺激
  7. ⑦アイシング
  8. ⑧患部外トレーニング

2.受傷後2~3週目

歩行時の荷重:疼痛が消失していれば全荷重とする。

受傷後2~3週目では、上記のメニューに加え以下の項目も行う。
※基本的には非荷重で行う。

  1. ①ホットパック(温熱療法):炎症を確認しながら。
  2. ②レッグエクステンション(膝関節伸展)
  3. ③レッグカール(膝関節屈曲)

※チューブトレーニングから行うのが望ましい。

3.受傷後3~4週目

この時期からは半荷重~荷重位でのトレーニングの導入。

  1. ①エアロバイク(50w~100w、15分、1~2セット)※ペダルの回転数は50~60回転までとする。
  2. ②ハーフスクワット(無負荷から開始)
  3. ③カーフレイズ

4.受傷後4~6週目

この時期は荷重位でのトレーニングが中心となり、ジョギングなどランニングを開始、可能であれば個人練習から始める。

  1. ①ジョギング(直線から始める)
  2. ②練習部分参加(テーピング施行)

5.受傷後4~6週以降

練習参加~ゲーム復帰へ(当初はテーピングにて膝外反を制御)

的確なリハビリテーションメニューにより早期に復帰が可能になります。

サッカー施術の特徴

 

どんなお悩みでもご相談ください

お客様の状態に合わせて、最適の施術(インディバアクティブ酸素カプセルパーソナルトレーニングトレーナー派遣など)をご案内いたします。

腰痛や坐骨神経痛首の痛みや肩こり交通事故での腰や首、肩の痛みの患者様も多数来院されております。詳しくはお問い合わせください。どうぞお気軽にお電話ください。