Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

しびれ

バーナー症候群(バレ・リュウ症候群)

追突事故やラグビー、アメフトなどの激しいコンタクトスポーツで頚椎に過度の側屈が生じ、肩の下制強制によって腕神経叢が伸展されたり、頚椎が圧迫され生じる外傷です。症状は、一過性のしびれ、電撃痛、灼熱感、頚部から上肢にかけての放散痛などがみられ…

足根管症候群

足根管症候群とは、足にしびれが生じる疾患です。 足根管症候群は、内くるぶしの近辺を走行する後脛骨神経と呼ばれる神経が圧迫されることを原因として発症する絞扼性神経障害です。 足根管症候群では、足の裏がじんじんする、しびれるなどの症状が見られま…

胸郭出口症候群

胸郭出口部において、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで、上肢の感覚障害や運動麻痺をきたす疾患です。 牽引型と圧迫型、混合型に分類されます。 ①好発:首が長いなで肩の20~30歳代女性(牽引型)または、筋肉質の30歳代男性(圧迫型)で男…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

上腕部での圧迫や、上腕骨骨折のような外傷によって、橈骨神経が末梢神経損傷をきたしたものです。 「土曜夜の麻痺まひ」や「腕枕症候群」とも言われたり、アルコールを飲んで眠りこけてしまった場合などに発症することもあります。 原因 主な原因として、長…

頚肩腕症候群

頸部や上肢にわたって連鎖的なしびれや疼痛を生じるが、原因が特に明確ではない疾患群を頸肩腕症候群といいます。(頸椎疾患、胸郭出口症候群などの器質的異常が明らかなものは除外します。) かつてはキーパンチャーやタイピストの労働災害として知られ、…

肘部管症候群

尺骨神経が肘部管内で絞扼神経障害をきたすものです(尺骨神経高位麻痺)。 靭帯や骨棘による神経圧迫、骨折後の肘部外反変形(外反肘)、肘関節の持続的・反復的な屈曲、ガングリオンなどが原因となります。 絞扼性神経障害の中で手根管症候群に次いで頻度…

梨状筋症候群

股関節を支える筋肉、梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経が骨盤出口部で傷害されることによっておこる絞扼性神経障害です。 筋肉は通常柔らかいですが、なんらかの原因で硬くなり、これが圧迫の原因になり疼痛が起きている状態のことです。 腰椎椎間板ヘル…

総腓骨神経麻痺

総腓骨神経が、主に腓骨頭部での圧迫によって、絞扼性神経障害をきたしたものです。 下肢の絞扼性神経障害では最多です。 原因 膝外側からの物理的圧迫によるものが最も多く、週間的に長時間足組みをする人、下肢への鈍的外傷、骨折、ギプス固定後におこりや…

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は様々な原因により脊柱管や椎間孔が狭小化して、脊髄、馬尾、神経根を圧迫することで特有の神経症状を呈する症候群です。 発生部位としては腰部が最も多く、次いで頸部が多いです。 腰部脊柱管狭窄症 腰部に発声する脊柱管狭窄症で、中高年者…

手根管症候群

手根管症候群とは、指先や手掌のしびれや痛みなどの症状をきたすものです。手首には「手根管」と呼ばれるトンネル状の形態を示す部分があり、このトンネル内には正中神経や腱けんなどが通っています。 なにかしらの原因で指先の感覚や手の運動に重要な役割…

伸展により症状が改善するクライアントへのエクササイズ(大腿部、下腿または足部へと痛みが伝わる末梢化を引き起こす運動は、LBPの改善の有無にかかわらず禁忌になる)

腰部痛のクライアントへの注意点 伸展により症状が改善するクライアントは、立位や歩行などの活動中に痛みが軽減すると報告されています。 しかし、症例によって、腰痛(LBP)が改善する一方で、下肢の痛みが悪化する場合があります。 したがって、このような…