Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

ウェイト

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる。 多様化する理由は、様々であり、例えば、個人に合わせた指導の差異や、課題…

レジスタンストレーニングと末梢神経損傷(末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではあるが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなる)

急性、慢性の末梢神経損傷 RTにより、慢性・急性両方のメカニズムの結果、末梢神経損傷が起こる可能性があります。 その原因としては様々な因子が推測されていますが、不適切なテクニック、オーバートレーニング、直接的外傷、可動域末端での伸展損傷、筋肥…