Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

エネルギー源

筋肉内の酸性化は疲労にどれだけ影響するか?(筋肉内のph{乳酸、水素分子}と筋張力低下の関係)

疲労には様々な種類がある 運動中の疲労、運動後の疲労、そして日常生活の疲労など、これらの疲労がすべて一緒に捉えられ、その原因の一つとして「乳酸」が挙げられている場合が目につきます。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-5926

アミノ酸は「窒素」と「炭素」が主体(アミノ酸は炭素がある限りエネルギー源になり、肝臓はアミノ酸からグルコースを作ることができる)

アミノ酸は飢餓時のエネルギー源となる タンパク質は、アミノ酸がたくさんつながりできたものになり、「窒素」と「炭素」が主体でできています。 アミノ酸は、基本的にはタンパク質はエネルギーを生み出すためのものよりは、筋肉などの身体の構造を作るもの…

乳酸は溜まってはいけないか?(速筋線維のグリコーゲンが乳酸となり遅筋線維や心筋に移動し利用される)

乳酸はエネルギー源 乳酸というと、作られたら溜まる老廃物というイメージを持っている人が多いのが実情ですが、乳酸は常に作られている一方で、エネルギー源としていつも使われています。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-5671

エネルギー生産と三大栄養素(炭水化物と脂肪がエネルギー源、タンパク質は身体の構成成分)

三大栄養素はいずれもエネルギー源となりますが、「炭水化物と脂肪がエネルギー源として主要」になり、「タンパク質はエネルギー源としてよりも、身体の構成成分」として重要になります。 炭水化物は飲食物から摂取されるものの他に、体内にグリコーゲンと…

長距離選手とタンパク質(1時間を超えるような運動を行う場合、エネルギー源として糖質、脂質のほかにタンパク質も利用される)

タンパク質は筋肉の主材料ですので、種目を問わずスポーツ選手には最重要といえる栄養素です。 大きな筋力やパワーを要する種目の選手のほうが、タンパク質摂取に対する関心も高く積極的に摂取しており、これはまったく理にかなった傾向です。 最近は、持久…

エネルギー源となる栄養素とその働き(エネルギー比率と熱量素の関係)

エネルギー源となる栄養素はタンパク質と脂質、炭水化物があり、これらを三大栄養素といいます。 ※アルコールもエネルギー源となりますが栄養上は重要ではありません。 エネルギーを摂取するときに、三大栄養素をどのような割合でとるかは健康上重要でこの割…

筋疲労と筋持久力の生理学的反応と神経系の相関関係

「疲労(fatigue)とは、作業、あるいは運動をしていくことによって、身体各部の器官や組織のエネルギーの消耗あるいは調整の低下により機能の減退が起こり、これが全体として作業や運動の成果(performance)を低下させるようになったときの状態で、多くの…

スポーツ現場の補助食品・完全栄養食品とエネルギー源

この食品はエネルギーをはじめとしたほとんどすべての栄養素を含みます。 健康の保持・増進を目的とした時の摂取目標量である「日本人の栄養所要量」の考え方を配慮しているものが多いです。 しかし、食品によって、配合されている栄養素の組成が大幅に異な…

アスリートの為のスポーツ栄養学/必要なエネルギー源となる栄養素を必要量摂取すること

選手個々の1日のエネルギー必要量 アスリートはトレーニングプログラムに必要なエネルギー源となる栄養素を必要量摂取することが重要になります(筋グリコーゲンの貯蔵量を回復させることを目的に、適切な糖質摂取を行うべきでトレーニングでのエネルギー必…