Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

グルココルチコイド

運動とストレスホルモン(適応しない場合は副腎肥大、胸腺萎縮、胃潰瘍の徴候がみられる)

ストレス 適応 運動トレーニングがうまくいけば、絶対的運動強度に対するACTH(副腎皮質刺激ホルモン)分泌応答など多くのホルモン応答が減弱するなどの運動適応が起きます。 ※その背景として、筋線維の肥大や酵素活性などによる運動器系の機能向上により、…

オーバートレーニングと副腎皮質ホルモン(グルココルチコイド)の関係

副腎皮質ホルモン 副腎皮質ホルモンからは、性ホルモンとその前駆体、塩類調整ホルモン(ミネラルコルチコイド)、グルココルチコイドなど、多数のステロイドホルモンが分泌されます。 コルチゾール、コルチゾンなどのグルココルチコイドは、エネルギー代謝…

トレーニングによる筋肥大・筋力増強と内分泌器系の理解の重要性

筋肥大と筋力増強 適切なレジスタンストレーニングは、テストステロン、成長ホルモンなどのアナボリック(同化)ホルモンの分泌を活性化し、これらのホルモンは筋肥大、筋力の増強を促します。 トレーニング効果のうち少なくとも50%はこうしたホルモンや成…

レジスタンストレーニングと内分泌器官系の関係(ホルモン分泌・同化と異化)

主要なホルモンと内分泌器官 ホルモンとは主として内分泌器官(腺)で合成、貯蔵、分泌され、血流に乗って体内を循環し、微量で身体の機能を調整したり維持したりする物質です。 ホルモンが作用する器官を標的器官と呼びます。 ホルモンは通常、複数の標的器…