Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

コッキング

コア:体幹のスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

パフォーマンスの強化と傷害予防 Mcgillらは、専門的トレーニングの指針となり、パフォーマンスを強化し、また不安定性に関連する様々な傷害の予防にも役立つものとして、脊柱の安定性をもたらす4つの基本原則を次のように提示しています。 近位のスティフネ…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

[caption id="attachment_17348" align="alignnone" width="644"] I followed one Japanese little league baseball team for six years. They are one of hundreds of teams who want to be the best and to be on top one day. They practice hard and giv…

投球時の肘内側傷害の原因(コッキング期後半と加速期における内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、肘内側への非常に大きく反復的な外反力が加わる)

肘関節内反トルクと動的安定性 肘内側障害の要因 肘関節内側損傷(野球肘)の主な原因とされているのは、コッキング期後半と加速期における肘内側への非常に大きく反復的な外反力になります。 オーバーハンドの投球中は、キネティックチェーンを通じて双方向の…

投手の投球障害予防(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引(高力橈骨小頭接触)、および後部内側剪断(骨棘形成)を制御する)

投球障害のメカニクス 様々な研究のレビューによると、投球後のエクササイズは主としてローテーターカフと肩のコンディショニングに重点を置いて行われますが、特に内反-外反の安定性に対処しているわけではありません。 肩甲帯、上腕骨および肩甲上腕の筋機…

野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係)

MER(最大外旋位) 投球動作において最もストレスのかかる大きな要素は、投球側の手を加速させることにより、肩が最大外旋位(MER)をとる際に生じます。 投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係にあることが指摘されて…