Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

サッカー

サッカーにおける傷害の発生(欧州サッカー連盟:UEFAの傷害調査によると、選手1名当たり、平均受傷回数は1シーズンに2回、うち87%が下肢の傷害となっている)

欧州サッカー連盟(UEFA)の傷害調査によると、選手1名当たり、平均受傷回数は1シーズンに2回、うち87%が下肢の傷害となっています。 特に、大腿(23%)、膝(18%)、股関節/鼠径部(14%)、足関節(14%)、および下腿/アキレス腱(11%)となっています。 大腿部で…

試合期における疲労(この疲労は、選手が試合中に様々な様式で実施する移動、運動の強度や時間、移動距離によって引き起こされる)

試合後最大72時間にわたって指標が悪化したことを踏まえ、トレーニングプログラムおよび週あたりのトレーニング負荷を計画する必要があります。 Thorpe&Sunderlandは、試合直後のクレアチンキナーゼ(84%)とミオグロビン濃度(238%)の大幅な上昇は、試合で実…

トレーニングプログラム作成に影響を及ぼす要素(サッカーの競技スケジュールは、本質的に不規則なこと(試合日程等)が多く、常に変動することが知られている)

試合の24時間前には、軽い戦術トレーニング(フォーメーション練習、セットプレーなど)や、アウェーの試合会場への移動などを行います。 試合後の回復プロセスは試合後終了直後から開始し、試合翌日まで継続します。 これには、栄養摂取、冷水浴、交代浴、ス…

プロサッカー選手の筋力およびパワー(筋力とパワーは競技パフォーマンスの複数の要素を下支えし、同時に障害発生リスクを低減する特性として報告されている)

筋力とパワーは、優れたサッカーのパフォーマンスに不可欠な特性であることが広く知られています。 筋力とパワーは多くの場合、競技パフォーマンスの複数の要素を下支えし、同時に障害発生リスクを低減する特性として報告されています。 その要素には、加速…

サッカーのミニゲームに基づくピリオダイゼーション(ミニゲームでは、選手の数、フィールドの大きさ、課題の制約などを変えることにより、異なる生理学的応答を誘発できる)

ミニゲームでは、選手の数、フィールドの大きさ、課題の制約などを変えることにより、異なる生理学的応答を誘発できる可能性があることが観察されます。 したがって、フィールドを大きくし、選手の数を減らし、小さなゴールを使い、ゴールキーパーなしでプレ…

サッカートレーニングにおける1週間のミクロサイクルの提案(運動量と運動強度を維持するという考え方に従って、刺激の特定の形式に基づき、標準的な週間パターンを示すことができる)

週半ば(試合の3日前)の試合では、運動量を増やし、運動強度を減らすことを目指しています。 したがって、ミニゲームはより大きな形式が推奨され、この場合、ディフェンスのカバーと組織力の向上を目的として2つのゴールを使う試合が提案されています。 ここ…

イタリア、英国におけるプロサッカーチーム週間ピリオダイゼーション(大きな違いは、1週間に1試合の場合に英国のチームは週の半ばに完全な休養日を設定している点である)

運動量は、週ごとの試合数を考えると、国によっても、また同じシーズン内でも変化する場合があります。 イタリアのサッカーに関しては、1試合の場合と2試合の場合に対する2つのピリオダイゼーションの例が考えられています。

サッカートレーニングのためのピリオダイゼーション(特定の段階ではなく、シーズン全体にわたり、サッカー選手の最適なパフォーマンス目標を明確に示すものでなければならない)

あらゆるトレーニング状況において、コーチの計画的な見通しと選手の要求に基づいてピリオダイゼーションプログラムを計画すべきです。 マクロからミクロまで、ピリオダイゼーションは、特定の段階ではなく、シーズン全体にわたり、サッカー選手の最適なパフ…

サッカーのミニゲームにおける生理学的要求(1チーム2名、3名、4名の試合は、無酸素性プログラムであり、5名、6名、7名で行なう試合では、耐乳酸性プログラムになる)

異なるフィールドサイズと選手数を組み合わせると運動強度が変わるので、トレーニングプログラムの特性を決定します。 選手数が少ないミニゲームのほうが、運動強度が高く、1チーム2名、3名、4名の試合は、90%HRmax以上になります。 このような活動は、無酸…

サッカーのミニゲームの意味(選手数、フィールドの大きさ、課題の制約により生理学的、運動学的にも強度を変えることができる)

各ミニゲームの選手数を変えるだけで、運動強度と戦術的活動を調整できます。 参加する選手数を少なくすると、ある程度規則的に、運動強度を約90%HRmaxまで高めることができますが、通常の値は80~90%HRmaxの間で様々に変化します。 サッカー選手に対するミ…

サッカーのミニゲームに基づくピリオダイゼーション(ランニングインターバルトレーニングの効果が類似しており、統計的有意差は認められなかったことを報告している)

ミニゲームは競技トレーニングとして多くの利点が世界に再認識されています。 ミニゲームは、身体的、生理学的、技術的、戦術的なパフォーマンスの質を高め、様々な利益を提供する可能性があります。 また、チームスポーツであるサッカーがもつ特異的な要求…

サッカー選手における傷害予防(筋力の増大{および結合組織の適応に対して同時に生じる利益}、筋のアンバランスへの対処{特に大腿}、運動メカニクスの改善{ランニング、方向転換、着地}などの傷害予防策を目的としたエクササイズやドリルは非常に重要になる)

サッカーはコンタクトスポーツに分類され、大多数の接触はボールの支配を争っている対戦相手との間で起こり、このようなスポーツでは、負傷は避けにくく、その重症度も様々に異なります。 上級レベルの男子サッカー選手は毎年ほぼ1回、パフォーマンスが制限…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

このブロックの期間は最長35週続くことがあり、トレーニングの強度と量は様々で、競技日程にい応じて容易に変更できます。 この期の目的は、身体的なピークに近い状態に選手を維持することですが、シーズンを通して筋力レベルをさらに高めることさえできると…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(有効なトレーニング環境にするために一般的準備期、競技特異的準備期の組み方がある)

このブロックは、通常2~6週間続き、比較的多量で低強度(特に筋持久力/筋肥大)のトレーニングを伴います。 競技特異的ではなく、この段階の主な目的は、連続的に増大するトレーニングや試合の要求に対する選手の不十分な機能に対処することにあります。 この…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

伝統的なピリオダイゼーションの方法(例えば、およそ4週間で、特定の要素に的を絞り、3:1の負荷パラダイムを使い、第1週から第3週までは漸進的負荷を用い、第4週は負荷を下げる)は、通常、1回の競技(陸上競技や格闘技など)に出場する直前に(<2週間)、選手が…

サッカーにおけるプライオメトリックトレーニングの貢献(ジャンプとホップの跳躍高が増加、接地時間短縮、力の立ち上がり速度向上、方向転換能力に寄与する)

プライオメトリックトレーニングを通してSSCの利用が改善させることにより、ジャンプとホップの跳躍高が増加し、接地時間(GCT:ground contact time)が短縮され、力の立ち上がり速度が速くなり、アスリートの方向転換能力に寄与します。 さらに、VoigtらとVer…

サッカー選手のパワーに与える要因(筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、SSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれる)

パワーに影響を与える要因としては、筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、さらにSSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれます。 したがって、パワーは本質的な多面的な能力であり、トレーニングには多面的なアプローチが必要になります。

サッカー選手における筋力とパワーの重要性(跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)、30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係がある)

サッカーでは、キック、スプリント、タックル、ジャンプなど、繰り返し大きなパワーを発揮する運動が行われます。 スプリント能力とジャンプの跳躍高を含むパワー発揮能力の測定値は、サッカーのパフォーマンスと明らかに相関することが知られており、跳躍高…

サッカーにおけるアジリティ(サッカー選手は、1秒を争う試合の重要な局面で方向転換を2~4秒に1回行い、試合中に合計1,200~1,400回も方向転換をおこなっている)

サッカー選手は、方向転換を2~4秒に1回行い、試合中に合計1,200~1,400回も方向転換をします。 俊敏な動作は、1秒を争う試合の重要な局面で起こり、試合の結果を左右する大きな違いを生みます。 様々な幅広いスポーツから男女の上級アスリートについて調査す…

サッカーにおける加速力とスピード(平均すると17m、スプリント約96%が30m以下、持続時間は平均6秒以下、90秒に1回の割合でスプリントをおこなっている)

Bangsboは、選手が試合中に行うスプリントの距離は、1.5mからピッチの長さまでで、平均すると17mであること、またスプリント約96%が30m以下であり、持続時間は平均6秒以下であること、さらに90秒に1回の割合でスプリントをおこなっていることを明らかにしま…

サッカーにおける反復スプリント能力(短い回復時間{≦60秒}により分断された一連のスプリント{≦10秒}において、最高のパフォーマンスを発揮する能力と定義される)

Plisk&Gambettaは、反復スプリントトレーニングの次段階のトレーニングとして、戦術的な要素を含む代謝トレーニングを用いることを提唱しています。 この方法は、実際の試合中に観察される、ポジションと試合に特異的な動作と強度とを用います。 その利点は…

サッカーのミニゲーム(SSG:small sided game)とは(4対4の場合、相対的VO2maxの平均値は82%、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、試合よりも各選手の高強度運動の回数は多く、ボールの支配時間も長くなる)

高度なパフォーマンスが要求されるスポーツでは、トレーニング刺激が競技の要求と類似しているときに刺激が最大となります。 ミニゲーム(以下SSG)は、技術的、戦術的、身体的能力の向上を意図して開発されたサッカーに特異的なトレーニングプロトコルになり…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

サッカーは高強度運動を繰り返し行う間欠的なスポーツとして特徴づけられます。 そのため、トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要があります。 高強度インターバルトレーニング(…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

サッカーは高強度で間欠的なコンタクトチームスポーツとしての特徴をもち、その競技パフォーマンスの成功には、多数の鍛え抜かれた身体的、生理学的能力が必要になります。 必要とされる技術的また戦術的なスキルの他にも、サッカー選手は、高いレベルの有酸…

若年サッカー選手における高い受傷率を引き起こすメカニズム(神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されている)

神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されています。 そのような例がACL(前十字靭帯)損傷においてみられ、大腿四頭筋の最大随意収縮が受傷後に有意に低下することが明らかになっています。 また、受傷後に、…

既往歴に潜む傷害発生の危険因子(ハムストリングス、鼠径部、および膝関節を受傷した選手が、翌シーズンに同じ傷害を負う確率は2~3倍に上る)

既往歴は、将来的な傷害発生の重要な危険因子として報告されています。 例えば、足関節および膝関節捻挫の既往歴を有する男性サッカー選手は、同じ部位に再受傷するリスクが高くなりました(オッズ比前者が4.6、後者が5.3)。 Ekstrand&Troppが、男性サッカー…

子供が疲労に対して示す反応(ハムストリングスの筋活動のタイミングと速度が変化すると、脛骨の安定性が低下、それにより脛骨の前方移動が増大するため、ACLが受ける機械適応力が増大する)

年齢、成熟度によって異なることが、近年の研究により明らかにされています。 欧州サッカー連盟(UEFA)に提出された報告書では、思春期前、思春期、思春期後の女子において、短時間の模擬的サッカーを用いた疲労プロトコルを実施後、下肢スティフネス、電気力…

なぜ疲労が高まると傷害発生率があがるのか?(若年選手が疲労状態に陥ると床反力に耐える能力が低下、筋活動が低下することで、骨に加わる負荷が増大することを示唆している)

短時間の運動によって疲労が高まった結果、受傷リスクの既知の指標が上昇し、その結果、動的な関節安定性が低下することが報告されています。 サッカーにおいては、疲労が高まると傷害発生率が上昇することが、プロ成人男性選手、およびエリート若年男子選手…

若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作とは(神経筋コントロールが変化した際の走動作、ひねり動作、回転動作、過度の伸張動作、着地動作があげられる)

若年男子サッカー選手に傷害をもたらす動作は、走動作、ひねり動作、回転動作、過度の伸張動作、および着地動作になります。 そのような動作を実行する際の神経筋コントロールが変化することが受傷機序と考えられています。 神経筋コントロールとは、関節で…

若年サッカー選手における動作スキルのレベルと傷害の関連(神経路を刺激することは、運動プログラミング、予備的な筋活動、反射的な神経筋応答の向上をもたらし、動的な関節の安定性と運動スキルが向上する)

神経による筋の精密な制御は、身体動作、および細かく調整された運動スキルの実行を最適化し、さらには動的制御(筋が関節安定性に果たす役割)による関節安定性を向上させます。 神経路を刺激することは、運動プログラミング、予備的な筋活動、および反射的な…