Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

チューブ

エラスティックバンドが神経筋系に与える影響(動作の伸張性局面と短縮性局面の両方における運動単位の増加という形であらわれる)

エラスティックバンドのもう一つの利点は、RFD(筋の立ち上がり速度)を高めることによる動作の補助効果になります。 RFDは、パフォーマンスを握る鍵と考える事が多く、短い時間に筋力を発揮するアスリートは大勢います。 トレーニングでのバンドの利用がRFDに…

エラスティックバンド(ゴムバンド)利用の考察(最も大きな力を発揮することが可能な完全伸展時に、最大の抵抗を与えることを狙いとしている)

エラスティックバンドトレーニングのひとつの様式として広く使用されています。 エラスティックバンドを用いると、動作の可動域にわたり、筋組織の力発揮に応じた負荷を与えることができるために、有効なトレーニングと位置づけられています。 近年は、固有…

スピード、アジリティ、およびクイックネスの相互関係によるプログラムデザイン

スピード スピードトレーニングには競技動作及び技術動作に直接負荷をかけてトレーニングを行う方法として次の2つの方法があります。 ※負荷設定はトレーニング時のフォームが負荷のない状態でのフォームと変わらない負荷であることが大切です。 http://nakaj…

肩関節脱臼・亜脱臼の競技復帰のポイント①動的安定性の獲得

ラグビーのタックルなどで上肢が後方に引かれた場合、肩関節の水平外転・外旋の強制により、上腕骨頭が臼蓋の前方に逸脱する「前方脱臼」が発生します。 これはまた、スクラムやモールなどの密集プレーでも同様の力学的機序で発生します。 その危険因子とし…

年齢に応じた筋力トレーニング・成長期(小中学生期)の筋力トレーニング

≪ポイント≫ 成長期の小中学生が高負荷を用いた筋力トレーニングを実施した場合、骨端軟骨部の損傷を引き起こす危険性がある。 最大に近い高負荷を用いる筋力トレーニングは、第二次成長終了後(一年間にもっとも身長が伸びる時期が過ぎた頃)を目安に開始す…