Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

テスト

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテストが開発されており、簡単で、よく利用されるものにジグザグテストがあります。 このテストでは、1区画5m×4区画を100°の方向転換を行わせながらジグザグに走らせます。 Mirkovらは、ボールを保持せずに走るの…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期…

サッカー選手の間欠的運動能力の発達とその評価(近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Yo Intermittent Recovery(Yo-Yo IR)テストが世界的に広く利用されるようになってきている)

サッカー選手の間欠的運動能力を評価する上では、休息を挟みながら高強度運動を繰り返すタイプの、サッカーに特有なテストが必要になります。 これまでに、このような目的で様々なテストが開発され利用されており、日本ではブルガリアンシャトルラン、VMAな…

ハーフスクワットとランニングエコノミー(ハーフスクワットの1RM、テストで測定したRFDが同時トレーニング後に向上し、またRFDとREの間には正の相関関係がある)

RFDとREの相関関係とは Storenらは、ハーフスクワットの1RM、テストで測定したRFDが同時トレーニング後に向上し、またRFDとREの間には正の相関関係があることを報告しています。 また、この研究結果は神経筋系の因子が持久力パフォーマンスの決定因子の一つ…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

テストの順序と休息時間 運動生理学、特に生体エネルギー機構に関する知識は、テストの順序と休息時間を適切に決定することに役立ち、これによってテストの信頼性を高めることができます。 コーディネーションが必要な動作や、「フォーム」への注意を要求す…

年間トレーニング計画におけるパフォーマンステスト(パワーとスピードを正確に評価するパフォーマンステストを選択するにあたっては、その選手やチームが競技で成功するために重要なスキルを選択の基準としなければならない)

年間トレーニング計画とテストのフィードバック 年間トレーニング計画においては、その時々の筋力レベルやフィードバックに応じて、3,5,8または10RMを用いますが、筋力テストの基本はあくまで1RMでなくてはなりません。 バックスクワット、ストラップなし…

S&Cコーチの役割(S&Cコーチは、競技コーチを手助けし、彼らが指導する各競技において重要な身体的特性を最も評価できるテストプロトコルを作成しなければならない)

S&Cコーチの役割 S&Cコーチは、競技コーチを手助けし、彼らが指導する各競技において重要な身体的特性を最も評価できるテストプロトコルを作成しなければなりません。 テストにはそのほか、選手またはチームの長所短所を特定する、プログラムデザインを評価…

スクワットテスト(フロント、バック、およびオーバーヘッドスクワットは、筋力プログラムの基盤となるものである)

スクワットは筋力プログラムの基盤となる フロント、バック、およびオーバーヘッドスクワットは、筋力プログラムの基盤となるものであり、大学の全競技チームにおいて指導、実践されています。 バックスクワットは定期的にテストを行い、フットボールと陸上…

テストを考える(垂直跳びテストでは、下半身の爆発的パワーを測定することにより、期分けトレーニングプログラム最大の目標である、パワーの向上を評価する)

テストの目的 テストは、ほとんどの大学レベルのストレングス&コンディショニング(S&C)において重要な位置を占め、またほとんどのプログラムにおいてバーベルやダンベルと同じくらい広く用いられています。 テストは通常、アスリートの向上の程度を測定し、…

肩関節の評価3)筋力評価:体幹と肩甲骨周囲筋

ET:elbow extension test 方法:肩、肘関節90°屈曲位で肘関節を固定し伸展させます。 評価:投球側の伸展が弱ければ陽性。 EPT:elbow push test 方法:肩、肘関節90°屈曲位で肩甲骨から上肢を前に押します。 評価:投球側の伸展が弱ければ陽性。 https://…

野球肩のキャッチボール開始基準に何を用いるか(疼痛再現テスト)

肩の投球時痛は、肩甲上腕関節がzeroポジションにから外れ、late cocking phaseでの水平伸展、acceleration phaseでの外転位外旋、follow through phaseでの水平屈曲、、屈曲位内旋が生じた時に発生します。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-7167

競技スポーツ選手の筋力トレーニングのプログラム作成の流れ(現状把握と情報収集)

現状把握 選手やチームの現状(生活状況、トレーニング経験など) 健康状態(内科的疾患の有無) 障害歴 形態の現状(体重、体脂肪率など) 体力の現状(各種体力測定結果など) トレーニング環境(実施時間、実施場所など) 専門スポーツに関する情報収集 …