Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーナー

水分補給状態が生理学的機能と運動パフォーマンスに及ぼす影響(体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じる)

運動実践者の水分補給は、臨床と研究の両分野で活発に議論されており、アスリートの水分需要決定に責任を負うコーチやヘルスケア専門職は、水分補給計画の作成にあたって様々な因子を考慮に入れる必要があります。 運動が行われるその時々によって、環境条件…

本日は「ビートたけしのスポーツ大将」収録日。

岡村さんは、アップを本当に真面目に取り組んでいただけ、トレーナー冥利に尽きます! そして、大好きな角澤アナウンサーにも名前を覚えられ始めてます。笑 10月から日曜日の夜8時台で復活致します! 皆さま、スポーツ大賞をよろしくお願い致します。 http:…

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

急速減量法が引き起こす徴候や症状 急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。 パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動し…

JRTA running Instructor資格を取得しました。

「JRTAコンセプト」 今後は「JRTAコンセプト」及び基本的な身体認識学を利用し、ランニングにおいて必要な専門的な知識、ランニングをベースとした高水準の運動構造を、皆様、社会に伝える事ができるように頑張って参ります。 JRTAでは、身体認識や運動機能…

メタボリックシンドロームにおけるグレリン血中濃度と運動(運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少する)

グレリンと空腹感 運動後2時間後にはグレリンの濃度は低下を示し、これにしたがって空腹感が軽減し、カロリー摂取量も減少することが知られています。 グレリン濃度は食事前に上昇し、食事後に低下するので、運動に対する応答についてもこの食欲調節ホルモン…

バックスクワットの修正へのキューイング(最も重大な弱点に特化し、具体的で的を絞ったキューイングを行うことにより、アスリート自身がスクワットの弱点を認識し修正できるようになる)

身体的なキューイング 身体的なキューイングは、コーチが軽く身体に触れたり、トレーニング用の補助具(レジスタンスバンドなど)を用いたりして指導する方法等で、それは望ましい適切なポジションをとることに役立ち、互いに関連のある多くの弱点に利益をも…

利用可能なスタチンと用量および副作用(スタチン療法がミトコンドリアによるエネルギー産生経路の重要な分子であるCoQ10の血中濃度を低下させる為、スタチン誘発性ミオパシーを誘発させる可能性がある)

スタチン合併症の危険 Meador&Hueyは、マウスにおいて、スタチン療法開始前のトレーニングが筋機能の低下を予防したことを報告しています。 エクササイズ専門職は合併症を避けるために、スタチン服用中のクライアントを常に注意深く監視するとともに、可能性…

スタチン服用者へのトレーニングプログラム作成の留意点(筋痛を回避または最小化するために低量かつ低強度(≦60%)から開始し、十分な回復時間(セット間に約2分)を設けながら段階的に複数セットへと漸進させる)

伸張性筋活動と骨格筋 特に伸張性筋活動を含むトレーニングが、スタチン関連の骨格筋損傷を悪化させることは広く認められています。 しかし、運動には心臓血管系疾患リスクを低減させる効果があるために介入に組み込む必要があります。 したがってパーソナル…

スタチン誘発性ミオパシー(スタチンはコレステロール合成の律速段階を阻害し前駆体分子であるメバロン酸塩、ミトコンドリアに影響を及ぼし、CoQ10も減少しミオパシーを誘発する)

スタチン誘発性ミオパシーの機序 スタチン誘発性ミオパシーの正確な機序は不明であり、非運動者と運動者においてミオパシー発症の経路が同じかも不明とされています。 しかし、様々な実験で多くの要因が指摘されているため、複数の要素の組み合わせによって…

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の徴候と症状(病変部の熱感と発赤は、感染による血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌により起こる)

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌への危険因子 市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)への感染が増加している主な層は、健康に問題がなく、一般的にMRSA感染が懸念されるような医学的因子(例:入院中または最近入院していた、侵襲的器具…

心臓血管系疾患とレジスタンストレーニング(運動中の心臓血管反応が正常であることを確認するために、セッション中の心拍数(HR)と収縮期血圧(BP)の規則的なモニタリングが必要になる)

心臓血管系疾患とレジスタンストレーニング かつては、レジスタンストレーニング(RT)は心臓血管系の合併症を起こすおそれがあるとされていましたが、現在ではむしろRTは心臓リハビリテーションの重要な要素として受け入れられています。 RTで改善される生理…

脂質低下薬と副作用(服用量が増すとLDL-Cが減り、心臓血管系リスクが効果的に低下する一方、高用量になるほどスタチン誘発性ミオパシーのリスクが高まる)

スタチンとは スタチン、別名HMG-CoA還元酵素阻害薬は、コレステロール合成経路の律速段階を阻害する脂質低下薬の総称になります。 血中コレステロール濃度の低下に有効なだけではなく、お客の耐性が一般に極めて高いことで知られています。 スタチンは、低…

筋グリコーゲンと肝グリコーゲン(「肝グリコーゲンが無くなる=血糖値が下がる」「筋グリコーゲンが無くなる=動けない」)

筋グリコーゲンと肝グリコーゲンそれぞれの重要性 筋グリコーゲンと肝グリコーゲンでは、その役割が違ってきます。 筋肉での糖質の合成(血糖値が通常レベル以下だと取り込まれない為、インスリンが膵臓から血液中に出ることで筋肉はグルコースを取り込める)