Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ビタミン

皮膚とビタミン

皮膚は、前表面を覆う被膜で、面積は成人で1.5㎡、重さは、肝臓の約3倍、人体で最も大きな臓器で、全身の健康を図るバロメーターといわれます。皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層に分けられ、さらに、付属器官として皮膚腺(脂腺・汗腺)と、角質器(毛・爪…

急速減量法が及ぼしうる副作用(体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まる)

急速減量法(RWL) 急速減量法(RWL)は、生理的、心理的に多くの影響を及ぼすことが考えられており、特に深刻な影響を及ぼしうる副作用は、重度の脱水になります。 体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうる…

栄養と免疫における現場への応用(試合期を通じて非常に高強度のエクササイズが連続的に実施される場合、それに伴い発生する可能性のある免疫障害を最小限度に抑える必要がある)

免疫機能障害を最小限に抑えるには 試合期を通じて非常に高強度のエクササイズが連続的に実施されますが、それに伴い発生する可能性のある免疫障害を最小限度に抑えるために、以下の方法が一般的に推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com

主要栄養素と微量栄養素の欠乏と免疫機能(例えば、タンパク質の欠乏は免疫系の機能にも重大な影響を及ぼし、感染の可能性を高める)

主要栄養素と微量栄養素の欠乏 ある特定の主要栄養素と微量栄養素の欠乏は、アスリートの免疫機能障害に大きな影響を及ぼすおそれがあります。 体重がパフォーマンスの抑制因子であると思われるスポーツや消耗の激しい持久系スポーツ、その他1日に何時間もの…

窒素性食物の中のフェノール化合物(窒素性食物の中には、フェノール化合物として分類される食物があり、それらは心臓血管や筋組織を保護することが知られている抗酸化物質になる)

フェノール化合物 窒素性食物の中には、フェノール化合物として分類される食物があり、それらは心臓血管や筋組織を保護することが知られている抗酸化物質になります。 しかし、それらのフェノール成分がパフォーマンスにもたらす利益には一貫性が認められま…

リン酸ローディングの効果(赤血球中の2,3-DPGの濃度の上昇は、酸素ヘモグロビン解離曲線を正の方向にシフトさせ、最大酸素摂取量が増加する)

リン酸補給 リン酸ローディングにより、2,3-ジフォスフォグリセリン(2,3-DPG)が増加することが知られています。 2,3-DGP濃度の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合性を低下させ、より多くの酸素が筋肉に供給されればエクササイズパフォーマンスの向上が期待…

女性アスリートと月経異常と骨密度(低エネルギー供給率によって引き起こされる月経異常が青年期に発生すると、新しい骨の形成が制限され骨密度が低下し、疲労骨折のリスクが増加する)

月経異常 エネルギー不足がある閾値に達すると、月経周期が不規則になり、過少月経(月経周期が35日以上)を引き起こしたり、完全に停止し無月経(3ヶ月以上月経がみられない)になったりすることがあります。 健康で女性の平均的な月経周期は28±7日になり、さら…

ビタミンB群の欠乏によりエネルギー生産能力の無酸素性作業閾値が低下する

B群のビタミンとは下記の表のB1からB12までの8種類のことをいいます。 [table id=2 /] https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3635

エネルギー源となる栄養素とその働き(エネルギー比率と熱量素の関係)

エネルギー源となる栄養素はタンパク質と脂質、炭水化物があり、これらを三大栄養素といいます。 ※アルコールもエネルギー源となりますが栄養上は重要ではありません。 エネルギーを摂取するときに、三大栄養素をどのような割合でとるかは健康上重要でこの割…

競技選手に対しての食事調整①高糖質の食事・インスリンと筋グリコーゲンとの関係

運動中に最も重要なエネルギー源となるは、骨格筋中のグリコーゲン(筋グリコーゲン)になります。 強い強度の運動を長時間にわたって実施すると、筋グリコーゲンは枯渇してしまい、試合途中でスタミナが切れてしまうことになります。 したがって、どんな競…

スポーツ選手の栄養欠陥に基づく疾病と対策・栄養素の過剰と不足

摂取接種エネルギーが過剰になるというのは、選手の場合では、トレーニング量が低下した時に起こりやすいです。 たとえば、筋力トレーニングに重点を置く時期、オフの時期、故障からの回復期です。 このような時期には、摂取エネルギー量も低下させなければ…

スポーツ現場の補助食品・完全栄養食品とエネルギー源

この食品はエネルギーをはじめとしたほとんどすべての栄養素を含みます。 健康の保持・増進を目的とした時の摂取目標量である「日本人の栄養所要量」の考え方を配慮しているものが多いです。 しかし、食品によって、配合されている栄養素の組成が大幅に異な…

グリコーゲンローディング(グリコーゲンを枯渇させると、運動後の回復期にグリコーゲンが再合成される能力が高まる)

高強度で行われる持久性トレーニングで消耗したグリコーゲンは、食事によって速やかに補充されなければなりません。 どのような食事を摂るかによって体内各組織に貯蔵されれる糖質の量は影響を受け、糖質が少なく脂質が多い食事では肝臓の貯蔵グリコーゲン、…

スポーツと5大栄養素(高い競技力を保持する身体作り)

運動と栄養素 高い競技力を保持する身体には、筋肉、脳、内臓に十分なエネルギー源を蓄えていること(エネルギー)、その競技に見合った筋肉や骨格を作ること(身体つくり)、トレーニング後や試合前の体調を整えること(コンディショニング)の3つが必要で、この…

スポーツ貧血と鉄欠乏性貧血

スポーツ選手が長期間トレーニングを行っていく際に、貧血に陥ることはまれな事ではありません。 平成11年度日本オリンピック委員会(JOC)強化指定選手検診の結果によると、血清鉄低値and/or貧血の頻度は男性選手11.9%(貧血4.7%)、女性選手17.8%(貧血5.4%)…

トレーニングでどんなに鍛えても1日に増える筋肉量は「6~7グラム」

結論から言いますと、どんなに効率よく鍛えても1日に増える筋肉量は、最高でたったの7グラムです。 1ヶ月にすると約200グラム、1年で約2.4キロぐらいです。 2、3ヶ月で10キロも筋肉がついたと言っている人がいますが、ついた筋肉は500グラ…