Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

フィードバック

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こります。 発表されている複数の調査から、バランストレーニングによる介入を通して、傷害と傷害リスク因子が減少したこと、また競技パフォーマンスが向上した…

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、…

青少年のレジスタンストレーニングプログラム(レジスタンストレーニングに関連して起こる傷害は、主として、監督の不在による不十分なエクササイズテクニックや不適切なトレーニング負荷の利用が原因になる)

筋力 科学的な研究が提供するエビデンスによると、青少年のレジスタンストレーニングプログラムは、資格のある専門職が適切に指導している場合には多くの利益をもたらし、傷害のリスクもきわめて低くなります。 スポーツ関連の傷害や身体活動関連の傷害のリ…

フィードバック(練習やトレーニングで行われる活動に関して、フィードバックという形で情報を提供することは、運動技能の獲得において最も影響力の大きい要素のひとつになる)

練習やトレーニングで行われる活動をフィードバックという形で提供する 練習やトレーニングで行われる活動に関して、フィードバックという形で情報を提供することは、運動技能の獲得において最も影響力の大きい要素のひとつとされています。 フィードバック…

モニタリング(筋力やパワーの評価時にフィードバックを与えるとパフォーマンスが向上する可能性がある)

量や強度をどのようにモニタリングすればよいか 筋力系競技の選手、コーチ、研究者が直面する問題のひとつに、レジスタンストレーニングの異なる様式や段階において、それぞれの量や強度をどのようにモニタリングすればよいかというものがあります。 有酸素…

バックスクワットにおける脛骨移動角度(脛骨の前方移動角度は、下腿部における筋構造の柔軟性と足関節の可動性から影響を受ける)

股関節および下腿部の潜在的な可動性 脛骨移動角度の弱点に狙いを定めた最適な修正エクササイズには、股関節および下腿部の潜在的な可動性の改善に的を絞ったキューイングが必要になります。 コーチやトレーナーは、直接的に膝の前方への移動を制限するキュ…

スクワットにおける股関節のポジション(建設的なフィードバックは前額面のポジションの焦点を合わせ、アスリートが股関節を水平に保持することに集中し、左右どちらか優位な側による過度な代償傾向の修正の手助けとなる)

股関節のポジションの基準 股関節のポジションの基準は、前額面のポジションの焦点を合わせます。 バックスクワットの体幹のポジション(アスリートが股関節屈曲角度が約120°に達する前に脊椎を曲げる場合は、大殿筋に停止する腸脛靭帯(IT)の後部線維に制限…

バックスクワットの修正へのキューイング(最も重大な弱点に特化し、具体的で的を絞ったキューイングを行うことにより、アスリート自身がスクワットの弱点を認識し修正できるようになる)

身体的なキューイング 身体的なキューイングは、コーチが軽く身体に触れたり、トレーニング用の補助具(レジスタンスバンドなど)を用いたりして指導する方法等で、それは望ましい適切なポジションをとることに役立ち、互いに関連のある多くの弱点に利益をも…

少年野球選手に対するメディカルチェックの目的(野球肩、野球肘早期発見)

野球肩・野球肘障害例の身体特性 少年野球選手におけるメディカルチェックでは成長期の野球選手に特有の身体特性を把握したうえで、野球を楽しく続けていけるかどうかを判断することが重要で、その中で障害発生に関わる危険因子を見つけ出し、その結果のフィ…