Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

プライオメトリックトレーニング

青少年の伸張-短縮サイクル:Stretch Shortening Cycle(高強度のプライオメトリックエクササイズは、最大努力と大きな関節負荷を伴う活動であると説明されており、適切な運動メカニズムの正しい発達を保証する)

プライオメトリックストレーニングにより、青少年アスリートの筋パワーが向上し、スポーツパフォーマンスが高まり、傷害リスクが低下することが知られています。 このトレーニング方法は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)の能力向上に基づ…

長距離を走る能力における筋力、プライオメトリックス(神経筋の適応を向上させてランニングエコノミーを改善する)

筋力およびプライオメトリックストレーニングは、いずれも持久走パフォーマンスに有益な効果をもたらすことが明らかになっています。 それらのトレーニングがもたらす効果のひとつは、神経筋の適応を向上させてランニングエコノミーを改善することになります…

SSCの増強作用(第4の仮説では、反動動作中の筋の予備伸長中によって脊髄反射が起こり、短縮性局面の筋活動を増大させるのに役立つ)

第4の仮説では、反動動作中の筋の予備伸長中によって脊髄反射が起こり、短縮性局面の筋活動を増大させるのに役立つとされています。 長期的な能力開発の一部として、子どものためにより良いプライオメトリックプログラムを作成しようとするコーチにとって、…

女性の下肢スティフネス動員を改善するためには(プライオメトリクスを実施する前に、適切にデザインされたレジスタンストレーニングプログラムを最低8週間実行する必要がある)

女性の下肢スティフネス動員を改善するためには、プライオメトリクスを実施する前に、適切にデザインされたレジスタンストレーニングプログラムを最低8週間実行する必要があります。 この8週間という期間の根拠となった先行研究では、レジスタンストレーニン…

子どものEURとSJ(成熟度に関連した運動制御の問題により、SJのジャンプパフォーマンスにはばらつきが大きく、ジャンプパフォーマンスの変動は常に確認されている)

子どもの伸張性利用率(EUR:eccentric utilization ratio)は、SJ(スクワットジャンプ)にどの程度慣れているかによって異なる可能性があります。 青少年を被験者としたジャンプ研究では、ジャンプパフォーマンスの変動が常に観察されています。 特に成熟度に…

女性アスリートの下肢スティフネス(両足ホップにおいて、女性は男性よりも大腿四頭筋の活動が46%、ヒラメ筋の活動が37%大きく、大腿四頭筋とハムストリングスの{Q:H}同時活動比も高値を示した)

スティフネスとは一定の力を受けた際に、下肢筋群全体の伸張に対する抵抗力のことになります。 例えば、2人のアスリートが、ドロップジャンプなどの伸張-短縮サイクル(SSC)を伴う課題を行なうとします。 ジャンプの伸張性局面において筋群に加わる力が両者と…

SSCパフォーマンスに年齢と性別が及ぼす影響を観察するための研究(子どものΔ比率は10.5±19.7%で、これはΔVTOが6.3±5.6%の成人よりも高くなった)

Harrison&Gaffneyは、SSCパフォーマンスに年齢と性別が及ぼす影響を観察するための研究を行いました。 女子12名(6±0.4歳)と男子8名(6±0.4)からなる思春期前の子ども(n=20)と、女子12名(21±1歳)と男性10名(n=22)と比較しました。 この研究では、SSCの増強作用…

垂直跳びとは(下肢筋群の短縮性筋活動により最大の跳躍高を達成するためには、この短縮性筋活動を十分に強力かつ素早く行う必要がある)

垂直跳び(VJ)はすべて、下肢筋群の短縮性筋活動により身体の変位をもたらす活動になります。 最大の跳躍高を達成するためには、この短縮性筋活動を十分に強力かつ素早く行う必要があります。 最初の素早く強力な短縮性筋活動は、最大の跳躍高を達成するため…

パワーを増大させるトレーニングとしてのプライオメトリックス(このタイプのトレーニングは、特に下肢パワーが活動の主な構成要素である場合に、無酸素性パワーを増大させる手段として促進されてきた)

プライオメトリックスエクササイズは爆発的動作を要求し、結果としてパワー発揮の増大をもたらすエクササイズです。 トレーニングの構成要素としてSSC(ストレッチ-ショートニングサイクル伸張-短縮サイクル)を利用する為に、プライオメトリックスエクササ…

収縮特性と年齢(子どもの単収縮の時間(2~16歳、n=19)はすでに成人と同じ範囲になり、同様の観察結果が筋横断面積に対する筋力の割合に関してもみられ、これも子どもの収縮特性がすでに成熟に達していることを示す証拠とされている)

若干の収縮特性は、年齢とともに向上しますが、その他の筋の収縮特性は幼児期までにすでに成熟に達しているとの仮説があります。 McComasらの観察によると、子どもの単収縮の時間(2~16歳、n=19)はすでに成人と同じ範囲になり、同様の観察結果が筋横断面積に…

デプスジャンプの応用(DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節でき、様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になる)

Gehriは、DJ(デプスジャンプ)のようにSSCが関与する活動は、特に神経筋の特異的適応を通して、CMJよりもパフォーマンスを大きく改善すると結論づけています。 DJトレーニングは、競技特異性をさらに高めるために調節することもできます。 DJは姿勢を変えるこ…

パフォーマンステストを考える(垂直跳びテストでは、下半身の爆発的パワーを測定することにより、期分けトレーニングプログラム最大の目標である、パワーの向上を評価する)

垂直跳びテストでは、下半身の爆発的パワーを測定することにより、期分けトレーニングプログラム最大の目標である、パワーの向上を評価することができます。 全チームを通じて、テストにはVertec測定装置(オハイオ州Sports Imports社製)を使用し、両足ジャン…

CMJ中に活動する筋群のRFDとピークパワーを最大限に向上させるには(力発揮能力の高い筋線維{タイプⅡaおよびタイプⅡb}の動員を促進しなければならない)

アスリートが完全なCMJ(カウンタームーブメントジャンプ)を行う際、理想的には、最大の力を最短時間で発揮することを望んでいます。 スポーツでは、通常、CMJは反応動作として行われますが、最大の高さを達成することが望ましい場面も少なくありません。 そ…

プライオメトリックトレーニングの3つの結論(第一は、ばらつき、すなわち変動性の低下または減少は、運動発達と学習と成熟の現れになる)

研究者らは、子どものジャンプパフォーマンスについて3つの根拠を提案しています。 第一は、ばらつき、すなわち変動性の低下または減少は、運動発達と学習と成熟の現れになります。 したがって、子どもにみられる、より大きな測定値の変動は、運動パターンの…

デプスジャンプの応用(DJの開始時の高さを上げることは、償却局面の時間を短縮するために有効であるとされ、償却局面の短縮は、SSCの促進とプライオメトリック効果の増大をもたらす)

DJトレーニングの強度は、ふたつの主要な変数によって高めることができます。 最初の変数は落下する高さであり、ボックスを高くすることによりアスリートは重心の落下距離を大きくすることができます。 ふたつめの変数はアスリートの体重になります。 体重は…

プライオメトリックトレーニングの重要性(ストレッチ・ショートニング・サイクルは神経、筋の機能改善に伴う爆発的パワーの向上により、多くの種目の競技パフォーマンスに影響を与える)

多くのコーチやアスリートが、プライオメトリックスはリフティング速度に効果があるため、筋力の向上とパワーリフティングのパフォーマンスの改善にとって欠くことのできないトレーニングとして取り入れられています。 プライオメトリックトレーニングは、ス…

成熟度とプライオメトリックトレーニング(子ども時代{6~13歳、n=10}と青年期{15~18歳、n=8}の足関節の収縮特性の変化を測定する研究を行い、その結果、年齢と、足関節の背屈{r=0.78}および底屈{r=0.81}におけるMVCトルク値との間には、強い正の相関関係がある)

成熟度や筋群の発達の相違は、早ければ6歳ぐらいから観察されます。 Belanger&McComasは、子ども時代(6~13歳、n=10)と青年期(15~18歳、n=8)の足関節の収縮特性の変化を測定する研究を行い、その結果、年齢と、足関節の背屈(r=0.78)および底屈(r=0.81)におけ…

CMJの定義(「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う)

CMJは定義上、「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴います。 アスリートは直立姿勢で立ち、足関節の、背屈により身体を下降させ(下腿三頭筋の伸張性筋活動)、膝を屈曲し(大腿四頭筋の伸張性…

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

アスリートの垂直跳びの能力向上は、スポーツの総合的なパフォーマンスにきわめて大きく貢献します。 垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われます。 パワーを測定する方法が収集デー…

サッカーにおけるプライオメトリックトレーニングの貢献(ジャンプとホップの跳躍高が増加、接地時間短縮、力の立ち上がり速度向上、方向転換能力に寄与する)

プライオメトリックトレーニングを通してSSCの利用が改善させることにより、ジャンプとホップの跳躍高が増加し、接地時間(GCT:ground contact time)が短縮され、力の立ち上がり速度が速くなり、アスリートの方向転換能力に寄与します。 さらに、VoigtらとVer…

CMJの応用(ピークパワーとピークフォースには強い相関関係があることが明らかになっているため、同じエクササイズを用いることにより、最大力発揮能力と最大パワーの期待される効果も達成できる)

スクワットの1RMの絶対値とCMJとの相関関係はわずかですが、スクワットの1RMの相対的な結果が、CMJの高さの予測値としての役割を果たす可能性が示唆されています。 現場の専門職はまた、スクワットのような大きな負荷のかかるエクササイズを取り入れて、アス…

SSCにおける思春期と暦年齢を考える(成熟段階で最もよく明らかとなる現象は身長の急激な増加になり、最大身長発育速度{PHV:peak height velocity}として知られている)

思春期前は暦年齢では通常8歳からですが、性成熟段階には達していません。 この成熟段階は思春期前の身体発達の時期であり、成長の加速と第二次性徴の発現により特徴づけられていますが、まだ完全な生殖能力は有していません。 思春期になると子どもの性的成…

子どものCMJとSJの比較(ジャンプパフォーマンスとSSC能力(CMJとSJ)を、暦年齢7~17歳の子どもを対象に測定したところ、14~16歳までの間にSSCの能力が加速する期間が観測された)

ジャンプパフォーマンスとSSC能力(CMJとSJ)を、暦年齢7~17歳の子どもを対象に測定したところ、14~16歳までの間にSSCの能力が加速する期間が観測されました。 しかし、同じ研究の12~14歳の子どもでは、CMJと比較してSJのほうが平均跳躍高が等しくなりました。…

小児期におけるスピードのトレーナビリティ(5~14歳の子供にプライオメトリックトレーニングはジャンプとランニングの数値に多大な影響を及ぼす)

小児・青少年期にスピードを発達させるためのトレーニング方法が様々な研究によって示されてきました。 それらの研究によると、思春期直前期にスピードを発達させうるものはFMS、運動調節力、スタビライゼーション、そして固有受容性トレーニングになります…

ジャンプパフォーマンスの変動(パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされている)

パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされています。 したがって、現場の専門職は、適切なジャンプと着地の方法を指…

成長と成熟におけるSSCの増強作用の注意点(思春期を経て、筋腱系や神経筋系の変化を含む多くの生理学的変化を経験するが、生物学的年齢は暦年齢とは一致せず、なかには数年の開きがある)

根本的なメカニズムが何であるかにかかわらず、SSCの増強作用は否定できず、成人では、CMJとSJのパフォーマンスに関してすでに多数の研究が行われています。 しかし、思春期前および青年期の青少年に関してこれらのジャンプの調査を行った研究は、成人に比べ…

青少年の伸張-短縮サイクル能力に関する理解を深める(ランニング、ホップ、ジャンプなどの移動運動は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch shortening cycle)と呼ばれる)

SSCの増強作用を証明するために最もよく使われる方法のひとつは、2種類の垂直跳び、すなわち反動動作を先に行なう垂直跳び(カウンタームーブメントジャンプ【CMJ】)と反動動作を行わない垂直跳び(スクワットジャンプ【SJ】)とを比較することです。 この方法…

活動後増強とピークパワー(活動後増強効果は筋力レベルと相関しており、筋力の高い選手は筋収縮の増強効果が大きいだけではなく、疲労の度合いも大きい)

プライオメトリックプロトコルに関しては、特異的なエクササイズは下半身ではタックジャンプ、上半身ではクラッピングプッシュアップ(膝を床について)をどちらもセット間に1分間の休息を挟んで、最大連続レップ数を5として3セット実施しました。 アイソメト…

女子選手における非接触型ACL断裂の発生の可能性を最小限にとどめるには(プライオメトリックトレーニングは、ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力比を改善、減速時のハムストリングスの反応筋力を向上、着地にかかる力を低減、外反および内反トルクを減少させる)

解剖学上、神経筋上、あるいはホルモン上の差異のみによって、女子のACL(前十字靭帯)断裂発生率の高さを説明できるわけではなく、Hakkinenらは、準備期に行われるトレーニングの総量やタイプにおける違いも、男子と女子の間に認められる下肢筋力とパワーの差…

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

思春期前、思春期、思春期後の全年代において、SSCの増強作用がジャンプ力の向上に及ぼす影響を成熟過程を通して直接調査した研究はまだ存在せず、子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に…