Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ホスファゲン

ウェイトリフティングの生理学的変化(ウェイトリフティング選手は、非鍛錬者よりも一層多くの機械的仕事を行い、より高い血中乳酸濃度に達することができる)

ウェイトリフティングには短時間で高強度の努力を伴いますが、これはラグビーや野球、バレーボールなどのエネルギー供給によく似ています。 ウェイトリフティングと同様に、短時間で最大努力を行うエネルギー源は主にホスファゲン機構になります。 そして、…

クライマーのインターバルトレーニングセッション(非常に高強度で(最大に近い強度で10秒)、完全な回復が見込める運動-回復比(1:12)を用いて行うと、発揮パワーが最大化され、ホスファゲン系が刺激される)

高強度インターバルトレーニングの有益 クライマーには、様々な仕事量や回復時間を用いて行う高強度インターバルトレーニングが有益であると考えられます。 インターバルトレーニングのセッションは、実際の競技の状況、例えば、1回毎のクライミングの強度や…

ロッククライミングの生理学的要求(握力の持久力低下と相関しているクライミング中の血中乳酸濃度は3~10mmol/Lに達すると報告されている)

ロッククライミングの代謝経路 ロッククライミングにおいては、筋力、パワー、持久力を組み合わせて用いる必要があります。 したがって、バランスの取れたクライマーとなるには、代謝トレーニングやおよびコンディショニングを通じてアデノシン三リン酸(ATP)…

トレーニング変数と筋肥大(6~12レップを複数セット行うボディビルスタイルエクササイズルーティンは運動後にATP、クレアチンリン酸、グリコーゲンの減少、血中乳酸、筋内乳酸、ブドウ糖6リン酸の著しい上昇がある)

トレーニング変数 運動による筋肥大を最大化するためには、特異性の原理と矛盾することのないトレーニング変数の適切な調整が最も重要になります。 トレーニング変数(解糖系の多量のボディビルスタイルプログラムは、少量のルーティンより急性テストステロ…

無酸素性トレーニングの生理学・生化学的効果(ATP-PCr系・乳酸系への影響)

一口にトレーニングの「強度」「継続時間」「休息時間」により効果が異なります。 「フォスファゲン系(ATP-PCr系)」は疲労困憊にいたる供給時間の短いエネルギー供給機構であり、「速い解糖系(乳酸系)」は比較的長く速いエネルギー供給機構の2つに分け…

無酸素性トレーニング時のエネルギー供給機構(ATP-PCr・速い解糖系)

[caption id="attachment_12771" align="alignnone" width="566"] running[/caption] 無酸素性エネルギーは疲労困憊にいたる供給時間の短いホスファゲン系(ATP-PCr系)と比較的長い供給時間の長く速い解糖系(乳酸系)にわかれます。 ①フォスファゲン系(A…

酸化機構におけるタンパク質と脂質の酸化過程

エネルギー産生と運動強度 運動強度=パワー出力として数値化された筋活動レベル パワー=一定時間内の身体活動量 一般に、ある一つのエネルギー供給機構が産生できるATP量とその相対的割合との間には逆相関の関係があります。 その結果として、 ホスファゲン…