Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ボディビル

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

肩関節後部の緊張 肩関節後部の緊張(PST)がもたらし得る可動性障害と、その改善方法に関する提言を理解するためには、肩関節後部の解剖学的構造について理解する必要があります。 肩関節複合体は、肩関節、肩鎖関節、胸鎖関節、および肩甲胸郭関節からなりま…

一酸化窒素サプリメントにおける結論(NO生成刺激栄養補助食品は広く入手可能であり、スポーツ/ボディビルディング界に対して積極的な売り込みが行われている)

NO生成刺激物 NO生成刺激栄養補助食品は広く入手可能であり、スポーツ/ボディビルディング界に対して積極的な売り込みが行われています。 そして、大多数が、特定成分、特にL-アルギニンの単独摂取/集中摂取に関連する調査からの借り物の研究結果に依存して…

競技選手は筋肉をどこまで肥大させれば力発揮の効率が良くなるのか?(筋線維の走行方向と羽状角の関係)

筋の横断面積と力発揮 筋力は筋肉の横断面積に比例するという原則に従えば、筋肉は太ければ太いほど大きな力が出ることになり、太く大きな筋肉を持つボディビルダーは原則的には力が強いといえます。 しかし、太くなるにしたがって、物理的な問題が作用し力…

持久性トレーニングにより速筋線維が遅筋線維へと変化する

スポーツ選手の筋組織についても、マラソンをはじめとする持久的競技選手では遅筋線維の割合が極めて高く、逆にスプリント的強度の選手では速筋線維割合がやや高いことが報告されています。 ※これが遺伝的に優れているからなのか、長年の努力で筋組成を変え…