Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ミオパシー

利用可能なスタチンと用量および副作用(スタチン療法がミトコンドリアによるエネルギー産生経路の重要な分子であるCoQ10の血中濃度を低下させる為、スタチン誘発性ミオパシーを誘発させる可能性がある)

スタチン合併症の危険 Meador&Hueyは、マウスにおいて、スタチン療法開始前のトレーニングが筋機能の低下を予防したことを報告しています。 エクササイズ専門職は合併症を避けるために、スタチン服用中のクライアントを常に注意深く監視するとともに、可能性…

スタチン服用者へのトレーニングプログラム作成の留意点(筋痛を回避または最小化するために低量かつ低強度(≦60%)から開始し、十分な回復時間(セット間に約2分)を設けながら段階的に複数セットへと漸進させる)

伸張性筋活動と骨格筋 特に伸張性筋活動を含むトレーニングが、スタチン関連の骨格筋損傷を悪化させることは広く認められています。 しかし、運動には心臓血管系疾患リスクを低減させる効果があるために介入に組み込む必要があります。 したがってパーソナル…

スタチン誘発性ミオパシー(スタチンはコレステロール合成の律速段階を阻害し前駆体分子であるメバロン酸塩、ミトコンドリアに影響を及ぼし、CoQ10も減少しミオパシーを誘発する)

スタチン誘発性ミオパシーの機序 スタチン誘発性ミオパシーの正確な機序は不明であり、非運動者と運動者においてミオパシー発症の経路が同じかも不明とされています。 しかし、様々な実験で多くの要因が指摘されているため、複数の要素の組み合わせによって…