Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

メカニズム

スクワットにおいて股関節を主要な駆動力として用い、体幹を直立した状態で保持しながら上昇するには(目標を定めた弱点の修正には、不適切な上昇テクニックにかかわる根本的なメカニズムを評価することが重要になる)

目標を定めた弱点の修正には、不適切な上昇テクニックにかかわる根本的なメカニズムを評価することが重要になります。 アスリートにとって最も重要なことは、股関節を主要な駆動力として用い、体幹を直立した状態で保持しながら上昇することです。

青少年アスリートにおける神経筋傷害リスク因子の分析(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位性(動的外反)、下肢の神経筋のアンバランス、不十分な筋スティフネス、姿勢安定性の不足、固有感覚の変化、そしてフィードフォワードコントロール等がある)

神経筋リスク因子とスポーツ傷害 青少年アスリートのINTプログラムの最適化は、神経筋リスク因子がスポーツ傷害を引き起こすメカニズムを知ることから始まります。 青少年アスリートが最も傷害を負いやすい身体部位に焦点を合わせます。 すなわち、足関節と…

トリプルフレクションのメカニズムと最大スプリント(トリプルフレクションは足裏に痛みをもたらす刺激(針の上を一歩ずつ歩く)に対する反応として生じる股関節、膝関節、足関節の屈曲から成る脊髄反射であり、脊椎外傷や脳性麻痺などの重度の神経損傷を経験したお客の歩行の再教育にとって必要な構成要素になる)

トリプルフレクションのメカニズム 素早い脚のリカバリーを支持すると考えられるもうひとつの要素は、トリプルフレクションのメカニズムになります。 このメカニズムは、足裏に痛みをもたらす刺激(針の上を一歩ずつ歩く)に対する反応として生じる股関節、膝…

血圧と血行動態(BRジュースの摂取は血圧を有意に低下させ、拡張期BPが5%(-4mmHg)、収縮期BPが3%(-4mmHg)低下したことを明らかにした)

血圧と血行動態 BRジュースの形態で摂取される有機亜硝酸塩は、安静時の収縮期および拡張期血圧(BP)を一時的に低下させる効果があることが示されています。 Vanhataloは、BRジュースの摂取は血圧を有意に低下させ、拡張期BPが5%(-4mmHg)、収縮期BPが3%(-4m…

成長と成熟におけるSSCの増強作用(注意すべき点として、子どもの暦年齢よりも、むしろ生物学的年齢に注意を払うことが重要になる)

CMJとSJのパフォーマンス 根本的なメカニズムが何であるかにかかわらず、SSCの増強作用は否定できず、成人では、CMJとSJのパフォーマンスに関してすでに多数の研究が行われています。 しかし、思春期前および青年期の青少年に関してこれらのジャンプの調査を…

高地トレーニングによる最大酸素摂取量向上の生理学的メカニズム(低圧・低酸素環境下によりヘモグロビン濃度を上げる)

標高の高い土地に住んでいる人たちは持久的なスポーツ種目を得意とする傾向があります。 特にアフリカの高地(ケニア、エチオピアなど)出身の選手は陸上競技の長距離種目で強さを示します。 彼らの生理学的特性を調べてみると、全身持久力を評価する最大酸…

筋収縮のメカニズム(神経インパルス~カルシウムイオン~ATPの分解)

筋収縮は1本1本の筋線維の中にある筋フィラメント(アクチンフィラメントとミオシンフィラメント)が活動して起こります。 ※ミオシンフィラメントの中にアクチンフィラメントが滑り込むことによって、筋線維の長さが短くなり、筋肉全体が収縮を起こします。…

持久系競技において後半急速にパフォーマンスが落ちる生理学的メカニズム(サッカー選手の場合、試合終了時に大腿四頭筋に含まれるグリコーゲン量は1/5になる)

競技パフォーマンスと持久力 マラソンや長距離競技以外にも持久力が問われるスポーツ種目があります。 その代表的な種目がサッカー、ハンドボール、バスケットボールなどの球技になり、これらは前後半合わせて最大で90分間運動します。 前半は比較的よく動け…

筋量をコントロールする生理学的メカニズム(力学的ストレス、ホルモン、成長因子)

力学的ストレス、ホルモン、成長因子などのさまざまな要因がこれにかかわっていると考えられています。 ※成長因子とは、内分秘腺以外のさまざまな細胞が分泌し、局所的に働いて細胞や組織の成長や分化を調整するホルモン様物質であり、このうち、インスリン…

食事の炭水化物(糖質)が肝臓と筋肉のグリコーゲンに合成される生理学的メカニズム

食事で摂取する主たる炭水化物のデンプン(グルコースが数百から数千結合した多糖類)は、小腸でアミラーゼによってマルトース(グルコースが2つ結合した二糖類)に分解され、さらに、マルターゼによってグルコースにまで消化されます。 そのグルコースの一…

パンプアップ(pump up)の生理学的メカニズム(血流量、局所性貧血)

トレーニングと筋内の血流 激しくトレーニングをすると筋内に血液が注入されるまで風船が膨れ上がったようになるので、この状態をパンプアップ(pump up)といいます。 筋肉中の個々の筋線維の周りには毛細血管が取り巻いていて、その両端はそれぞれ動脈と静…

クイックリフトとスローリフトの全か無かの法則と生理学的メカニズム

クイックリフトとスローリフトとは 負荷を上げ下げする際に、速い動作と遅い動作の両極にあるのがクイックリフトとスローリフトになり、重量挙げのクリーン&ジャーク、スナッチなどがその代表的な種目になります。 クイックリフトの特徴は、負荷に最大限の上…

スピードの定義とメカニズム(ストライド頻度、ストライド長)

ストライド頻度とストライド長 スピードとは目的とするゴール(地点)あるいは設定された距離に対して水平面上(前方、後方、斜め及び横)を「最大速度」で移動する能力のことになります。 一定時間内のストライドの回数である”ストライドの頻度(ピッチ)”…

プライオメトリックトレーニングの神経生理学的作用(伸張反射)と力学的作用(ゴルジ腱反射)

プライオメトリックトレーニング 短時間に大きなパワーを発揮する能力(爆発的パワーの発揮能力を高くする)を向上させるのに有効なトレーニング方になります。 筋肉が伸張性収縮を素早く行った直後に短縮性収縮を行う「ストレッチ・ショートニング・サイク…

筋の持続性収縮と虚血性収縮の生理学的メカニズム

筋の痛みと筋スパズム 筋が持続的に収縮を強いられると、その結果として、その結果として筋スパズム(muscle spasm)を限局して起こしやすく、このスパズムは痛みを増悪させ、その結果スパズムが強くなるという具合に、痛み-筋スパズムの悪循環(スパズムル…

ギプス固定による廃用性筋萎縮の神経系と生理学的メカニズム

廃用性筋萎縮の特徴とその発生機序 脱神経と異なりギプス固定による廃用性筋萎縮は脱神経筋のようなアセチルコリン感受性の亢進や筋収縮反応などの変化は見られません。 Gutmannら研究者はグリコーゲン合成の増強が神経支配の存在と深く関係していることを報…

スピード、アジリティおよびクイックネスにおける体力要素の相互関係

スピード系のトレーニング ほとんどの競技および技術動作において、スピード系の要素は不可欠になります。 スピード系の動きには、その動作形態によってa)スピード、b)アジリティ、及びc)クイックネスに分類することが出来ます。 単に速く走り、速く動くだけ…