Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

リコンディショニング

ハムストリング損傷のリハビリテーション(股関節伸展と対側のハムストリング伸張との間に両側性の連結が確認されている為、腰椎-骨盤域における筋の神経筋制御を狙うエクササイズが再発予防に有効)

伸張性トレーニングを含む臨床研究では、ハムストリング損傷の発生率が低下する効果があると報告されています。 これは、伸張性エクササイズに反応して、サルコメア数が増加することが示唆されており、筋腱単位がより長い筋長で機能することを可能にして、各…

リコンディショニング時の筋力トレーニングの原則

スポーツ復帰の条件として、再発の防止とより高い全身能力の向上が必要となります。 筋力はトレーニング開始後どんどん上昇しますが、それは活動する筋線維数の増加や大脳の興奮水準の高まりによる効果であり、しばらくすると筋力の増加はあまりみられなくな…

リコンディショニング時の関節可動域運動(ROM運動)の際に必要な病態生理と運動学の理解の重要性

関節可動域運動(ROM運動) 関節可動域を維持改善する目的で実施される運動をROM運動、伸張運動(矯正運動)といいます。 とくに、他動的運動では組織の過伸展(over stretch)にならないように注意することと下記の項目が重要になります。 ①運動学等の基礎…

リコンディショニング時の関節可動域制限への物理療法(温熱・超音波)の生理学的効果

関節可動域制限への物理療法の効果 可動域制限に対しての伸張運動(stretch exercise)の実施前に温熱療法が施行されます。 Lehmannは生理学的効果を実証するためにラットの尾を用いて種々の温度下における伸長力との関係を調べ、25℃の温度にてラットの腱の…

リコンディショニング時の筋力増強の正常生理と病態生理の理解の重要性

筋力増強運動の生理学的背景 筋力の維持あるいは増強のためには筋が収縮し適度な緊張を生じることが不可欠となっています。 生理学的に筋収縮の強さはそれに関係する運動単位の数とその興奮程度に左右されます。 ①随意性の強さと意欲の程度 ②中枢神経系経路…