Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

レッグプレス

RTプロトコルによる運動後の急性のT、GH、そしてIGF-1の増加と、除脂肪体重、筋横断面積(CSA)、そしてレッグ筋力プレスの筋力の間に関連性がみられるか?

運動に誘発されたホルモン応答 若い男性を対象とした大きなコホート研究(n=56)において、12週間にわたるRTプロトコルによる運動後の急性のT、GH、そしてIGF-1の増加と、除脂肪体重、筋横断面積(CSA)、そしてレッグ筋力プレスの筋力の間に関連性がみられるか…

筋骨格系能力が健康増進に果たす役割(握力、ベンチプレス、およびスクワット/レッグプレスが、様々な健康指標に関連する最も一般的な筋力尺度となっている)

青少年における健康指標および測定結果 近年の文献レビューから、MSF(筋骨格系能力)の諸要素と、青少年における健康指標および測定結果との間には、正の相関関係があることが明らかになっています。 これらのレビューでは、MSFトレーニングがもたらす多くの…

活動後増強(Postactivation Potentiation:PAP)因子とは(プレコンディショニングプロトコルと実際のパフォーマンスの間に設けられる回復時間や、アスリートのトレーニングステータス、能力、性別など)

活動後増強(Post Activation Potentiation:PAP) 活動後増強(Postactivation Potentiation:PAP)とは、前もって行う高強度筋活動がもたらす筋力とパワーの増大とみなされています。 過去10年間、この現象はコンプレックストレーニングの実施を通じて、大多数…

膝関節置換術後の水中レジスタンストレーニングと高強度機能的リハビリテーション(膝関節のスティフネスが減少し、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加する)

水中レジスタンストレーニングの有効性 Valtonenらは、ランダム化対照試験によって、手術後4~18ヶ月の男女の筋パワー、筋横断面積および動作性に対して、水中レジスタンストレーニングが及ぼす影響を調査しました。 第1群にはトレーニングを全く処方せず、第…