Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

不安定

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

アスリートの能力により困難なエクササイズは、回旋、加速と減速の運動になります。 他方、これらの動きは、脊椎損傷の原因になることもあり、また大抵のスポーツでみられる特徴でもあります。 これらの理由から、青少年アスリートは、捻りの動作を限定的な…

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

バランストレーニングと不安定なレジスタンストレーニング 多くのスポーツ活動では、バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮することが必要であるため、不安定なレジスタンストレーニング(BOSU上でのスクワットなど)は、安定的なレジスタンストレーニングと…

レジスタンストレーニングと肩の傷害(RT集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている)

不適切な肩のポジションが原因で起こる傷害 RT集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられています。 Grossらは、RT参加者20名を対象に、肩前部における不安定性のサンプル調査…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩(過剰な動き)を引き起こし、不安定性をもたらす)

肩関節不安定性とは 肩の不安定性とは、「上腕骨頭を関節窩の中央に維持できないこと」と定義できます。 したがって、肩前部(肩甲上腕関節)の不安定性とは、関節窩に対する上腕骨頭の過剰な前方移動(動き)と定義されます。 前部不安定性の原因は多岐にわたり…

足関節内反捻挫の不安定性の残存の三要素(可動域制限、筋力低下、動作の要素)

内反捻挫後、早期からの適切な理学療法によって機能低下は最小限に抑えられ、程度の差はあれ、損傷靭帯の修復も行われます。 ※不適切な管理が施行されたり、損傷靭帯の修復過程で過度なストレスが加わったり、また複数貝回受傷が繰り返されたりするなどによ…

野球施術における野球肩・投球肩障害の施術

投球肩障害の施術 投球肩障害とは投球を障害する病変を持っている肩の総称(症候群)になります。 施術としては保存療法が原則になり、安静期間を十分に設け、オーバーユースによる関節包や滑液包の炎症を取り除き悪循環を断ち切ることが必要です。 3~4日…

肩関節スポーツ障害・代表的疾患と施術法

肩関節不安定症外(外傷性肩関節前方不安定症) 初回肩関節前方(亜)脱臼 初回(亜)脱臼後は保存療法が第一選択とされ、整復後は前腕を体幹に3週間固定されるのが一般的です。 しかし若年者ではAIGHL(前下関節上腕靭帯)の付着部である関節唇前下方の剥…