Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

中枢神経

コーディネーションエクササイズの漸進(INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになる)

INT(神経筋統合)トレーニングの目的 INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになります。 基本的な運動能力とSSSに必要とされるコーディネーション能力を発達させるために、先行研究に基づいて、包括的なトレーニング指針…

コア(体幹)の動的安定化(Core Stability)とは(スポーツ活動中の脊椎の整合性と下肢のコントロールを維持するための不可欠な要素になる)

コア(体幹)の動的安定化(Core Stability) コア(体幹)の動的安定化(Core Stability)は、スポーツ活動中の脊椎の整合性と下肢のコントロールを維持するための不可欠な要素になります。 「コアの安定性」という用語は専門的な研究では広く用いられているものの…

ウェイトリフティングの高度なリズムの習得(聴覚モデリングを取り入れた漸進的指導法は、神経回路の構築が促進、パワークリーンを習得し、トレーニングの効果と効率を最大化する上で重要な手法になる)

運動実行の中枢パターン 運動実行は中枢パターン発生器に貯蔵されており、一般化された運動プログラム(GMP)理論を根拠として、動作リズムは一定練習とブロック練習によって向上させることができるとの見解が示されています。 一定練習とは、テクニック練習を…

非外傷性の労作性虚脱を起こす原因(熱中症と間違えやすい鎌状赤血球化による虚脱は血液が不足することで衰弱感を生じることによる鈍い虚血痛のため適切に対処しなければならない)

喘息、心臓緊急症、熱中症、鎌状赤血球化 アスリートが非外傷性虚脱を起こす原因として多いのは、喘息、心臓緊急症、熱中症、鎌状赤血球化の4つになります。 これらの疾患はすべて、適切に対処しないと致命的になりうり、これら疾患の兆候と症状にはいくつか…

競技において運動神経が良いとは?(相反性神経支配がうまく働いている人)

筋肉を収縮させるためには脳からの電気刺激が必要になり、電気刺激を伝えるのは神経系になります。 神経系は大きく分けて中枢神経系と末梢神経系があります。 解剖学用語として「運動神経」と呼ばれているのは、末梢神経の中の「遠心性神経」のことで、脳か…

アジリティ強化が競技力を上げる化学的根拠と中枢神経系と固有受容器の適応について

方向転換と切り替え アジリティとは、特に球技スポーツや対人スポーツに特有の「方向転換および切り換え局面を伴う最大スピードの動き」です。 方向転換とは、進行方向(水平及び鉛直方向)の変化であり、切り換えとは次の新しい動きを行う為に、”減速から停…