Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

乳酸性作業閾値

運動と酸素の生理学的指標(無酸素性作業閾値と乳酸性作業閾値)

身体で消費される酸素の量は運動強度を示すものでこれを、酸素消費量(oxygen Consumption)といいます。 酸素消費量は内呼吸で取り入れた酸素量を指し、一般的に人は基礎代謝として1分間に200~300mlの酸素を摂取しています。 そして、運動などで酸素の需…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

インターバルトレーニング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)…

乳酸が溜まる理由とは(ミトコンドリアで処理できないピルビン酸は、そのまま溜まることはなく、乳酸を産生する)

強度の高い運動をするとなぜ乳酸は溜まってくるのでしょう? そのカギは、反応する場所にあり、ピルビン酸が乳酸になる場所は、細胞質と呼ばれる場所になります。 細胞質は、細胞内で細胞小器官以外の場所のことをいいます。 グリコーゲンは細胞質に蓄積され…

持久的競技の成績と有酸素性能力(最大酸素摂取量を上げるには「強度」乳酸性作業閾値を上げるには「時間」が重要になる)

乳酸性作業閾値(LT)の強度はマラソンの運動強度に近く、競技成績と非常に深い関係があり、LTの高い選手はマラソンを始めとする持久的競技の成績が良いという明らかな関係があります。

ランナーズ・ハイと乳酸性作業閾値の関係(アドレナリン、カリウム、ストレスタンパク質の値がLT{乳酸性作業閾値}より上の強度になると起きる)

アドレナリンというのは、緊張したり、興奮すると出るホルモンで、身体の緊急事態に備えるホルモンとも考えることができます。 そして、アドレナリンが緊急事態に対処する1つに、「糖質の分解を高める」ことがあります。 そのアドレナリンがLTの強度から多く…

乳酸性作業閾値の値で主動筋の能力がわかるのか?({LT}は「速筋線維が動員される」という考え方ができ、糖質や脂肪を酸化できるのかを反映している)

乳酸性作業閾値(LT)は「速筋線維が動員される」という考え方ができ、このことはLTは主動筋(一番働いている筋肉)の酸化能力、つまりどれだけミトコンドリアがあって、糖質や脂肪を酸化できるのかを反映しているといえます。 最大酸素摂取量(VO2max)は持…

乳酸性作業閾値からみる持久的トレーニング(乳酸は、ミトコンドリアの酸化可能量を超えて糖質が多量に分解された時にできる)

乳酸は、ミトコンドリアの酸化可能量を超えて糖質が多量に分解された時にできるのです。 歩くような低い運動強度の時の血中乳酸濃度は安静時と変わりのない1~2ミリモル程度になります(血中1l中に90mgの乳酸があるのが1ミリモル)。 すこしきついかなという…

運動による成長ホルモン分泌は乳酸性作業閾値強度(50~60%)で分泌が促進される

GHは肝臓でのIGF-1を合成を促進し、血漿中に分泌されたIGF-1はGHの分泌を抑制 GH(成長ホルモン)は脳下垂体のGH産生細胞で産生・分泌され、その分泌はGHRH(視床下部)とソマトスタチン(SRIF)の二重調節を受けます。 最近では胃由来のGhrelinも新たな分泌…

酸素摂取能力と経済性(運動の経済性は、同一の仕事に対する酸素摂取量で評価)

運動の経済性は、同一の仕事に対する酸素摂取量で評価できます。 例えば、同じ体重の2人のランナーが同一スピード走った場合、運動中の酸素摂取量(L/min)が等しければ、運動の経済性は等しく、逆に、同一の仕事の運動をするために必要な酸素摂取量が多い…

中・長距離ランナーのランニング効率を向上させるプライオメトリックトレーニング

中・長距離走を含む持久競技のパフォーマンスには、まず呼吸、循環、代謝機能が深く関わります。 ※比較的容易に測れる指標として、最大酸素摂取量(VO2max)と乳酸性作業閾値(LT)があり、最大酸素摂取量は呼吸、循環系によって作業筋に酸素を供給すること…