Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

代謝産物

トレーニング変数と筋肥大(6~12レップを複数セット行うボディビルスタイルエクササイズルーティンは運動後にATP、クレアチンリン酸、グリコーゲンの減少、血中乳酸、筋内乳酸、ブドウ糖6リン酸の著しい上昇がある)

トレーニング変数 運動による筋肥大を最大化するためには、特異性の原理と矛盾することのないトレーニング変数の適切な調整が最も重要になります。 トレーニング変数(解糖系の多量のボディビルスタイルプログラムは、少量のルーティンより急性テストステロ…

運動と神経内分泌系(標的臓器自体が変容(筋細胞自体の肥大や受容体の増加))

[caption id="attachment_15952" align="alignnone" width="653"] ©James Woodley Photography - www.jameswoodleyphotography.com[/caption] 負荷を徐々に上げるトレッドミルで走る場合、だんだんペースを上げると呼吸が荒くなり、運動継続が困難になりま…

筋肉が疲労する原因(ATPが減り、乳酸から水素イオンが発生する)

ある一定のスピードで走り続けたり、ある一定の重さの物を上げ下げする動作を永遠に繰り返すことはできません。 これは、筋肉が疲労して、その出力値を維持できなくなるからです。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3130

スローリフトとアイソメトリックトレーニング(等尺性収縮)

筋内血流と筋力発揮を考えるとアイソメトリックトレーニングが良いとなりますが、一概にそうではありません。 アイソメトリックトレーニングは外に向かって仕事をするわけではなく、加えて筋の生産する熱も極めて少ないという性質があります。 ※したがって…

パンプアップ(pump up)の生理学的メカニズム(血流量、局所性貧血)

トレーニングと筋内の血流 激しくトレーニングをすると筋内に血液が注入されるまで風船が膨れ上がったようになるので、この状態をパンプアップ(pump up)といいます。 筋肉中の個々の筋線維の周りには毛細血管が取り巻いていて、その両端はそれぞれ動脈と静…

成長ホルモン・成長因子(IGF-I)の安静時・トレーニング後の1日分泌量を増加させるには

成長ホルモン 下垂体から分泌されるペプチドホルモンで、血中濃度は日内変動は極めて大きいです。 役割として「筋や骨の成長を促す」「体脂肪を減らす」「免疫機能を高める」など健康の維持機増進面でも重要なホルモンです。 その分泌は間脳の視床下部による…