Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

力発揮

ジャンプエクササイズと素早く力を発揮する能力(プライオメトリックエクササイズと比較すると、これらの運動は力-時間曲線の初期の傾きを大きくし、素早く力を発揮する能力が向上する)

ジャンプエクササイズにより、素早く力を発揮する能力が向上することが明らかになっています。 プライオメトリックエクササイズと比較すると、これらの運動は力-時間曲線の初期の傾きを大きくすることができます。 プライオメトリックエクササイズと同様、こ…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12…

競技選手は筋肉をどこまで肥大させれば力発揮の効率が良くなるのか?(筋線維の走行方向と羽状角の関係)

筋の横断面積と力発揮 筋力は筋肉の横断面積に比例するという原則に従えば、筋肉は太ければ太いほど大きな力が出ることになり、太く大きな筋肉を持つボディビルダーは原則的には力が強いといえます。 しかし、太くなるにしたがって、物理的な問題が作用し力…