Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

動的安定性

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

アスリートの能力により困難なエクササイズは、回旋、加速と減速の運動になります。 他方、これらの動きは、脊椎損傷の原因になることもあり、また大抵のスポーツでみられる特徴でもあります。 これらの理由から、青少年アスリートは、捻りの動作を限定的な…

動的安定性(この能力は、体性感覚(特に固有感覚)と視覚および前庭系などから得た感覚情報の正確な機能に大きな影響を受ける)

下肢の動的安定性 動的安定性を改善するためのトレーニングを行う際、3つの漸進領域について、最新の研究では説明されています。 それは、静的バランス、動的バランスおよび動的安定性になります。 静的バランスは静止した基底面と静止した支持サーフェス上…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

疲労耐性に対する効果 疲労耐性に対する効果と手法に関する最新のエビデンスを前提とすると、全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性…

動的安定性トレーニングの漸進(初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされている)

動的安定性プログラム 最新研究のレビューでは、初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされています。 例えると、四足歩行…

動的安定性とフィードフォワードコントロール(着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されている)

フィードフォワードコントロールと動的安定性 研究によると、着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されています。 スポーツの状況…

コア(体幹)の動的安定化(Core Stability)とは(スポーツ活動中の脊椎の整合性と下肢のコントロールを維持するための不可欠な要素になる)

コア(体幹)の動的安定化(Core Stability) コア(体幹)の動的安定化(Core Stability)は、スポーツ活動中の脊椎の整合性と下肢のコントロールを維持するための不可欠な要素になります。 「コアの安定性」という用語は専門的な研究では広く用いられているものの…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(肘内側の主要な動的スタビライザーである尺側手根屈筋や浅指屈筋、および円回内筋の活動張力、筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

肘関節外反モーメントと内反モーメント UCLの損傷は34Nmで報告されている 投球のたびに肘関節内側部の開口に反応して、内側開口を引き起こす外反モーメントに抵抗する内反モーメントが肘関節内側全体に発揮されます。 内反モーメントは引張応力を軽減し、肘…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

青少年と肘内側痛 アマチュア野球の参加により、一般的にリトルリーグ肘(野球肘)といわれる肘関節内側損傷の危険にさらされている青少年は約200万人に上るとされています。 リトルリーグ肘になりやすい原因として、不適切な投球メカニクス、骨の可塑性、靭帯…

競技アスリートが体幹(コア)を鍛えないといけない理由と固有受容器(神経系)の関係

脊柱は仙骨上に24個の椎骨からなる非常に不安定な構造になっています。 脊柱の安定には「機械的安定性」と「機能的安定性」にわけられ、機械的安定は骨、椎間板、靭帯で、これらにより構造的な安定を生み出し、機能的安定を生み出すのが体幹筋群になります。…

肩関節脱臼・亜脱臼の競技復帰のポイント①動的安定性の獲得

ラグビーのタックルなどで上肢が後方に引かれた場合、肩関節の水平外転・外旋の強制により、上腕骨頭が臼蓋の前方に逸脱する「前方脱臼」が発生します。 これはまた、スクラムやモールなどの密集プレーでも同様の力学的機序で発生します。 その危険因子とし…