Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

好中球

血液の働き ③白血球、血小板

白血球は、体内に入った細菌やウイルスなどの異物に対する防御、を受け持つ細胞で、形態や機能などの違いにより、数種類に再分裂されます。

筋損傷と筋肥大(マクロファージ(大食細胞)は、筋で合成されたサイトカイン(マイオカイン)の分泌を通して筋肥大を媒介する)

筋肥大と筋損傷の関係 筋肥大のメカニズムを考慮すると、筋損傷に対する急性炎症反応は、筋肥大適応の主要な媒介要因であると仮定されます。 マクロファージ(大食細胞)は、特に、損傷を与えるエクササイズに基づくリモデリングを促進すると考えられ、また、…

遅発性筋肉痛:DOMS(ヒスタミン、ブラジキニン、プロスタグランジンなどの化学物質が痛みのシグナルを筋から中枢神経系へと伝達するタイプⅢとタイプⅣの求心性神経に作用することにより不快感が生じる)

遅発性筋肉痛(DOMS:Delayed onset muscle soreness) 遅発性筋肉痛(DOMS)は運動の一般的な副作用で、激しい運動を行った際に特にみられ、最新の理論によると、DOMSは不慣れな、通常とは異なる運動により生じる筋の損傷に関連があることが示唆されています。…

運動によって起こる筋肥大(負荷の減少が筋萎縮をもたらすのに対し機械的な過負荷は筋量の増加を促す)

運動による筋肥大の開始 レジスタンスエクササイズに対する筋肥大反応の開始には、「機械的張力」「筋損傷」「代謝ストレス」の3つの主因があると考えられています。 力発揮と伸張によって機械的に生じる張力は、筋の発達に欠くことができないと考えられ、…

運動時の免疫系の変化(オーバートレーニング時には一過性の免疫応答の抑制状態が続く)

[caption id="attachment_16003" align="alignnone" width="640"] Young sportswoman wearing white headphones and smart watch during morning jogging over the bridge.[/caption] 運動と疲労 運動時には様々な免疫系の変化が見られ、比較的長い時間ある…

抗酸化ビタミン(トレーニングにより活性酸素種が増加した時に生体組織を防御する)

運動時には酸素消費量が増大するために、体内で発生する活性酸素種の量も増大すると考えられています。 また、運動で筋肉組織が損傷されます。 この損傷された組織を修復するために損傷部位で好中球が発生する活性酸素種により、損傷部位だけではなく、周辺…