Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

成熟度

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期…

子どものEURとSJ(成熟度に関連した運動制御の問題により、SJのジャンプパフォーマンスにはばらつきが大きく、ジャンプパフォーマンスの変動は常に確認されている)

子どものEURは、SJにどの程度慣れていいるかによって変わる 子どものEURは、SJにどの程度慣れているかによって異なる可能性があります。 青少年を被験者としたジャンプ研究では、ジャンプパフォーマンスの変動が常に観察されています。 特に成熟度に関連した…

ジャンプパフォーマンスの変動(パフォーマンスの変動はSSCをうまく利用する能力がまだ十分ではないことを示唆しており、運動制御または運動技術の欠如が、パフォーマンスの変動の主な原因である可能性が高いとされている)

ジャンプパフォーマンスの変動と成熟度 Harrison&Gaffneyによって観察されたジャンプパフォーマンスの変動は、成熟度と関係のある運動制御の問題を想起させ、これは青少年のジャンプに関する他の多くの研究でも調査されています。 SSCにおける思春期(成熟段…