Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

早熟

バイオバンディングにおける晩熟な選手(競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手から外される可能性が20倍も高くなると報告されている)

上級レベルでは、ある年齢グループ内で最も晩熟であることによって受ける挑戦のレベルは著しく高く、あるプロサッカークラブの育成選手のサンプルにおいて、競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手…

バイオバンディングと試合(青少年スポーツプログラムの競争的で選択的な特性により、早熟な青少年は自分の技術的、または戦術的なスキルを軽視し、身体的な強さだけでプレーするように仕向けられる可能性がある)

神経経路が強化されたり、消失されたりする発達段階(すなわち小児期と思春期)に、そのような技術的、戦術的スキルを使用しなかったり開発できなかったりすると、学習や将来のパフォーマンスに重大な意味を持つこともあり、そのような活動の結果が最も明白と…

ジュニア期の早熟・晩熟タイプの評価(本格的な筋力トレーニングを開始するのは、一般的には年間の身長の伸びが1cm未満になる時期がベストタイミング)

思春期の子供の発育は一様ではなく、各人各様それぞれの個人差があり、この個人差を考慮した指導が求められます。 この例のように、小学生、中学生の時期に身長の伸びが良く、その後若くして伸び悩む子供がいます。 その理由として、生理的に早熟であること…