Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

有酸素性能力

代謝コンディショニングを測定するフィールドテストのまとめと現場への応用(信頼性の高いMRSを提示する能力、求めたい生理学的状態を測定する妥当性について、テストを比較する必要がある)

トレーニング処方に約立つテストを選択する際に、望ましいトレーニング様式、競技への応用、およびテストの実施運用上の特徴を考慮に入れることが重要になります。 最初に、競技種目と個人のトレーニング歴、およびピリオダイゼーションに基づいて、望ましい…

間欠的テストと持続的テストとの比較(間欠的テストは、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適している)

間欠的テストは持続的なテストと比較して、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適しています。 30-15IFTやYYIRTなどの最大超テストの最終MRSは、(vVO2maxを上回る)無酸素性速度予備量に対するいずれかの割…

最大超トレーニングのための走速度の設定(高強度での疲労困憊までの時間は、vVO2maxよりも無酸素性速度予備力とより強い相関関係がある)

無酸素性速度予備量とはアスリートの最大スプリント速度とvVO2maxとの差であると考えられています。 無酸素性速度予備量が高いほど、vVO2max以上の高強度エクササイズの相対的な運動強度(無酸素性速度予備量の比率)が低下し無酸素性エネルギーの貢献と末梢疲…

20シャトルランテスト:20SRT(VO2maxを測定する目的で作成されたテストであり、速度が漸増する持続的なシャトルランテストになる)

20シャトルランテスト(20SRT)はVO2maxを測定する目的で作成されたテストであり、速度が漸増する持続的なシャトルランテストになります。 20SRTは、サッカーやスカッシュ、またレクリエーション活動を行なう活動的な子供や成人に対しても多く用いられています…

モントリオール大学トラックテストUMTT:The University of Montreal Track Test(UMTTで達成された速度{vUMTT}は、実験室で行ったトレッドミル試験の測定値と同程度に正確なvVO2maxの推定値を提供する)

モントリオール大学トラックテスト(UMTT:The University of Montreal Track Test)はVO2maxの判定に用いる、信頼性と妥当性を兼ね備えたフィールドテストになります。 UMTTで達成された速度(vUMTT)は、実験室で行ったトレッドミル試験の測定値と同程度に正確…

最大下のトレーニングのための走速度の決定(12分間クーパー走テストは、パフォーマンスがトレッドミルで限定されるVO2maxに有意に関連付けられる持続的フィールドテストになる)

12分間クーパー走テストは、パフォーマンスがトレッドミルで限定されるVO2maxに有意に関連付けられる持続的フィールドテストになります。 クーパー走テストは線形のランニングプロトコルで、アスリートが強度を「マイペースで」決めながら、できるだけ長い距…

同じ有酸素性運動をしても男性より女性が息切れするのはなぜか?(女性のほうが男性よりも、横隔膜の電気的活性化が大きくなる)

カナダ、マギル大学(モントリオール)の研究チームが、労作性呼吸困難に関する男女の生理学的機能の違いを解明するため、タバコを吸わない20歳から40歳の健康な男女各25人(計50人)にエアロバイクで運動負荷試験を行い、呼吸・循環機能、代謝機能、息切れ…

スプリント系競技選手における長時間の有酸素運動の反対意見(高強度スプリントトレーニングは長時間の有酸素性トレーニングに比べ、最大酸素摂取量、1回拍出量、気質利用、ピークパワーの向上が大きい)

長時間の有酸素性運動(AE)は、最大有酸素性能力や緩衝能の向上、筋における毛細血管の増加など、運動パフォーマンスにとって重要な数多くの適応を誘発することがよく知られています。 しかし、高強度のスプリントトレーニング(HIT)は、AEと同様の適応を、ま…

L-アルギニンの持久系パフォーマンスの対する効果(ランニング中の疲労困憊までの時間が延長され、ATPの加水分解と骨格筋の力発揮との関連性を改善、酸素需要量が減少グルコースの吸収を増大させ、血中乳酸濃度を低下させる)

アルギニンによる血管拡張の増大はより大きな基質の利用をもたらし、老廃物を除去し、エネルギー効率を高め、持久系競技中に疲労困憊に達するまでの時間を延長すると仮定されています。 これまでの研究では、運動中にL-アルギニンを補給した際に四肢の血流が…

喘息と有酸素性エクササイズ(換気性作業閾値の改善{低~中強度エクササイズ実施中の分時換気量の減少}、心肺機能{最大酸素摂取量:VO2max}の向上、および息切れの改善を促す)

現在のところ、有酸素性能力向上の細胞・分子レベルのメカニズムを、各種の喘息表現型別に研究した例は少なく、定期的なエクササイズプログラムが、多くの喘息お客の有酸素性能力を向上させることについて、その生理学的根拠はまだ十分に解明されていません。…

絶食後の心臓血管系トレーニング(運動強度が高くなると脂肪組織の血流が減少することが示されており、これは、脂肪細胞中に遊離脂肪酸を閉じ込めておくことで、トレーニング中の脂肪酸化能力を妨げることだと考えられている)

絶食後の心臓血管系トレーニングは脂肪減少効果を高めるか? ボディビルダー、アスリート、フィットネス愛好家がよく利用する脂肪燃焼法は、早朝空腹状態で心臓血管系エクササイズを行うというものになります。 この方法は、Bill Phillipsの著書「Body for L…

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響(グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性がある)

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響は、最終的には脂肪の燃焼にマイナスの効果を及ぼします。 早朝、絶食状態でトレーニングを行うことは、中強度のレベルでさえ非常に困難になります。 低血糖状態でHIIT様式のルーティンを実施しようとすれば、パ…

有酸素性運動のための分岐鎖アミノ酸(持久系エクササイズ中にBCAAを補給すると、トリプトファンの吸収が相対的に減り、セロトニン中枢性疲労が軽減する)

BCAA(分岐鎖アミノ酸)は従来、主観的運動強度を低下させ、持久系パフォーマンスの向上をもたらすために使用されています。 このような目的によるBCAAの摂取はセロトニン中枢性疲労仮説に基いており、この仮説によると、持久系エクササイズ中は循環する血中脂…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

サッカーは高強度運動を繰り返し行う間欠的なスポーツとして特徴づけられます。 そのため、トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要があります。 高強度インターバルトレーニング(…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

サッカーは高強度で間欠的なコンタクトチームスポーツとしての特徴をもち、その競技パフォーマンスの成功には、多数の鍛え抜かれた身体的、生理学的能力が必要になります。 必要とされる技術的また戦術的なスキルの他にも、サッカー選手は、高いレベルの有酸…

長距離走のパフォーマンス向上のポイント(運動中の筋への酸素供給量を高めて需要量の増大に対応する必要がある)

筋力、スピード、そしてパワーのが成功のカギを握る大半の競技とは異なり、長距離走は主に酸素の運搬と利用がその限界を決めます。 クライアントの走速度が上がれば酸素需要は高まり、スピードを有酸素性運動の範囲内に留め、それによって速いペースを維持で…

高強度トレーニングと免疫系(糖質には、高強度の持久系エクササイズに応答して起こる免疫細胞とサイトカインの乱れを制御する働きがある)

Niemanらは、運動免疫学の研究において主に、持久系エクササイズ(自転車、ランニング)に応答して起こる免疫系の応答について、いくつかの側面を明らかにしています。 高強度かつ長時間の運動は免疫機構に有害な影響を及ぼし、その結果、免疫機能が低下し上気…

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果は、プロサッカー選手の競技レベルの違いを反映させることが報告されています。 国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされていますが、同じようにYo-Yo …

有酸素性運動のためのHMB摂取の有益性(回復を促進し、筋損傷を軽減、2週間のHMB摂取によりVO2ピークまで時間が延長(8%)、血中乳酸濃度蓄積開始点の%VO2maxが向上した)

持久系アスリートにおけるHMB(ロイシンから合成されるHMBには、細胞内での筋たんぱく質合成を制御する働きがあります)の効果に関する研究は多くはありませんが、その結果はかなり有望です。 Knitterらの研究において、HMBが回復を促進し、長距離走後の筋…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手に…

レジスタンス・サーキットトレーニングと乳酸性作業閾値(高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する)

有酸素性エクササイズは、反復的で循環的な運動とみなすことができますが、そのような運動を高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する場合があります。 この乳酸の蓄積が除去量を上回るポイントが乳酸性作業閾値であり、これは最終的には筋活…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

レジスタンストレーニングの1手法としてレジスタンスサーキットトレーニング(RCT)は、ステーション、すなわちウェイトトレーニング機器を使用し、規定の休息時間を挟んで行う多様なエクササイズによって構成されます。 エクササイズの明確な数、量、負荷、…

高強度運動時のアシドーシスの原因(筋内乳酸の蓄積は、ミトコンドリアが適切な割合でATPを供給できなくなるタイミングとされる)

運動中の血中乳酸の蓄積は、水素イオンの発生を伴う代謝副産物とみなされてきました。 しかし、速い解糖系によって生み出される乳酸の一部は、タイプⅠ筋線維内で酸化されます。 したがって、乳酸産生に関しては、水素イオンは蓄積される以上に除去されており…

健康の生理学的指標にサーキットトレーニングがもたらす効果(週3日50~60%1RM強度で10週間行う事でHDL値上昇、グルコース処理能力も改善する)

サーキットトレーニングを週3日、50~60%1RM強度で10週間行うと、身体組成の変化によって健康が増進するだけではなく、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)の値が有意に上昇する可能性があります。 3セット、10ステーションのサーキット1回を、30:3…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされてい…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

疲労耐性に対する効果 疲労耐性に対する効果と手法に関する最新のエビデンスを前提とすると、全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性…

レジスタンスサーキットトレーニングと乳酸(高強度レジスタンストレーニングと短い休息時間を組み合わせたRCTにより、ミトコンドリア密度を上昇させることで、乳酸除去能力の改善が期待される)

有酸素性エクササイズは、反復的で循環的な運動とみなすことができますが、そのような運動を高強度(>75%VO2max)で行うと、血液と筋肉に乳酸が蓄積する場合があります。 この乳酸の蓄積量が除去量を上回るポイントが乳酸性作業閾値であり、これは最終的に…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされてい…

育成年代のサッカー選手におけるYo-Yo IR2テスト(上の年齢カテゴリーほどYo-Yo IR2テストの結果は優れており、また同じカテゴリーでも春季より秋季のほうが高い傾向にある)

上の年齢カテゴリーほどYo-Yo IR2テストの結果は優れており、また同じカテゴリーでも春季より秋季のほうが高い傾向にあります。 このような傾向は、日本代表選手にも確認されており、U-14代表、U-16代表、U-18代表、A代表のそれぞれで、622、781、935、1,019…

長距離選手のプライオメトリックトレーニングの利点(高い着地衝撃に対応することを助け、筋のコンプライアンス(柔らかさ)を左右するゴルジ腱紡錘を徐々に抑制して、推進力とRE、RFDの向上を促す)

レジスタンストレーニングに段階的かつ理論的に(アスリートがそれ以前のドリル得したのちに)負荷されるべき、漸進的プライオメトリックトレーニングドリルが挙げられ、これらのドリルは基本的には、アスリートが高い着地衝撃に対応することを助け、筋のコン…