Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

有酸素性能力

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

Castagnaらは、YYIE(ヨーヨー間欠性持久力テスト)L1中のVO2を調査して、VO2peakにおいて多段階的なトレッドミルテストと有意差がないことを見出しました。 また、最近のレビューでは、特にYYIR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)L1テスト中のVO2を分析した研究が…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

一般的には、特異性、妥当性、信頼性の高いテストを利用するべきです。 例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。 コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションが存在します。 ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になり、それぞれのテストは2つの種類が設けられています。 一方は若年選手または非エリー…

最大酸素摂取量とYo-Yo-test(多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行っている)

スポーツの世界での”持久力(Endurance)” 通常、スポーツの世界で”持久力(Endurance)”というと有酸素性能力を指すことが多くなり、多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行ってきました。 Yo…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

有酸素性能力を測定するフィールドテスト ランニングと競技パフォーマンスに対する関心が増大した1980年代、有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げまし…

最大酸素摂取量と年齢変化(最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示した)

Jリーグクラブに所属する選手では、最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示しました。 この最大酸素摂取量の年齢変化は、上述したYo-Yo IR2テストの結果が暦年齢とともに上昇し続け、暦年齢の強い影響下にあるこ…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手に…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

疲労耐性に対する効果 疲労耐性に対する効果と手法に関する最新のエビデンスを前提とすると、全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

身体能力の目標 SCIお客がエクササイズを行なう場合、身体能力面での目標は他の人々と同じになります。 すなわち、機能的能力の向上、健康リスク因子の低減、セルフイメージの向上になります。 トレーニング目標には、筋力/筋持久力、有酸素性能力、関節の柔…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷(SCI)のお客が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

身体活動とレジスタンストレーニング 身体機能の観点からいうと、脊髄損傷(SCI)のお客が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要とします。 個人の身体能力…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

テストの順序と休息時間 運動生理学、特に生体エネルギー機構に関する知識は、テストの順序と休息時間を適切に決定することに役立ち、これによってテストの信頼性を高めることができます。 コーディネーションが必要な動作や、「フォーム」への注意を要求す…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

スピードとは スピードとは、単純にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)の積になります。 ストライドの距離と素早さで決まります。 スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければ…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

スピード、加速、アジリティのテストとは スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。 40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが1…

クライマーのインターバルトレーニングセッション(非常に高強度で(最大に近い強度で10秒)、完全な回復が見込める運動-回復比(1:12)を用いて行うと、発揮パワーが最大化され、ホスファゲン系が刺激される)

高強度インターバルトレーニングの有益 クライマーには、様々な仕事量や回復時間を用いて行う高強度インターバルトレーニングが有益であると考えられます。 インターバルトレーニングのセッションは、実際の競技の状況、例えば、1回毎のクライミングの強度や…

野球施術:先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力

酸素消費量の回復による2つの回復 上昇した酸素摂取量の基準値へ戻る速度が速いものと遅いもので2つの回復メカニズムがあります。 運動後の酸素摂取量は、運動のエネルギー要求に応じて使用されたエネルギー源の種類を表しており、その人の運動からの回復能…

野球施術:回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

回復の個人差 トレーニングと投球セッションの間の回復時間は非常に個人差が大きくなります。 回復力は、選手に処方されるエクササイズの様式、強度、継続時間、および量に影響されます。 使用されるエネルギー源、微細損傷への抵抗性、神経の動員、トレー…

有酸素性能力と乳酸測定の意義(Lactaate Threshold:乳酸性閾値:LT)

有酸素性運動の乳酸値測定の場合、徐々に負荷を増していく漸増負荷による運動になり、実際には固定式自転車などが用いられ、1~3分毎に乳酸値を測定します。 この測定にてわかるのは、乳酸の発生量のカーブになります。 ※運動の負荷を増していくと次第に乳…