Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

水平

スプリントの支持期におけるGSACの複数の重要特性を示している(大きな垂直推進は身体が描く正弦曲線に負の影響を及ぼして、遊脚期を引き伸ばす可能性がある)

GSCA スプリントの支持期にはGSACの複数の重要特性を示しています。 第一に、支持期初期の大きな伸張性筋活動は、重心の負の垂直変位を防ぐことにおいて主たる働きをしています。 負の垂直変位が大きい短距離走者は接地時間が長く、姿勢を戻すためにより大き…

スプリントにおける鉛直方向vs水平方向(GRFの水平成分を鉛直成分の割合として表した場合、研究結果においてその割合が上昇していれば、水平成分のほうが鉛直成分より比例的に増大していることになる)

鉛直成分と水平成分 スプリントにおける鉛直成分と水平成分を比較してみると、鉛直方向の力の大きさでは上回っているように見受けられます。 Munroらは、速度3.0~5.0m/秒における鉛直方向の最大GRFは概して水平方向の最大の力の5~10倍にのぼると報告してい…

スピードの定義とメカニズム(ストライド頻度、ストライド長)

ストライド頻度とストライド長 スピードとは目的とするゴール(地点)あるいは設定された距離に対して水平面上(前方、後方、斜め及び横)を「最大速度」で移動する能力のことになります。 一定時間内のストライドの回数である”ストライドの頻度(ピッチ)”…