Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

無酸素性能力

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

運動生理学、特に生体エネルギー機構に関する知識は、テストの順序と休息時間を適切に決定することに役立ち、これによってテストの信頼性を高めることができます。 コーディネーションが必要な動作や、「フォーム」への注意を要求するような技術度の高い課題…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

Dupontraらは、YYIEL1(ヨーヨー間欠性持久力テスト)中に収集されたVO2peakの値と、UMTT中にトレッドミルテスト中に測定されたVO2maxの値との間にはいかなる有意差も存在せず、両者は有意に相関していること(r=0.92、p<0.001)を見出しました。

成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity) 中学生年代の特徴は、身長が急激に伸びる発育スパートを迎えることにあります。 平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎えます。 Philippaertsらは、サッカー選手を対象にして…