Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

短距離走

短距離走における有酸素的要素の重要性(無酸素運動によるものだけではないという事も考慮し、酸素を使ったクレアチンリン酸再合成などの比率も高い)

短距離走のトレーニングとして、ほとんどの方はスプリントトレーニングが思い浮かぶと思います。 しかし、短距離におけるエネルギー供給系はいわゆる無酸素運動によるものだけではないという事も考慮し、酸素を使ったクレアチンリン酸再合成などの比率も高い…

短距離走のエネルギー供給系(10秒程度の運動でも、これまで考えられた以上にミトコンドリアでのATPとクレアチンリン酸合成が盛んに行われている)

100m走のような短距離走では、基本的には最初にあったクレアチンリン酸が主となってエネルギー供給が行われます。 しかし、そうした10秒程度の運動でも、これまで考えられた以上にミトコンドリアでのATPとクレアチンリン酸合成が盛んに行われています。 ※ク…