Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

神経

ガンステッド・カイロプラクティック

ガンステッド・カイロプラクティックは、“経”と“脳”の専門家です。 例えば、けがをしたとき、痛みは神経を介して脳に伝達されます。脳は怪我をしたところを治そうと、炎症物質などを放出させるよう神経を介して伝達します。これは、正常な体の働きで、サブラ…

脊椎系の機能とコア(体幹)トレーニング(上肢および下肢動作中、上肢および下肢の筋が活動する前に、「腹横筋」が先行して活動する)

理論的には、コアトレーニングはパフォーマンスを向上させ、障害を予防し、腰椎の損傷を治癒するために行われます。 McGillによると、「よく鍛錬されたCoreは至適パフォーマンスと障害予防に欠かせない」と言われています。

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

着地とカッティングの安定性トレーニングプログラムは、十分な神経筋の活性化、筋力、そして膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けさせ、それが傷害リスクの低下に移行しうるような形で行う形でトレーニングを行うことを目的…

思春期における前十字靭帯損傷のリスク因子(思春期の筋骨格系の成長がそれに相応する神経筋の適応を伴わないことにより内的ACL(前十字靭帯)損傷リスク因子を助長する)

男子は、実年齢を重ねるとともに、成熟段階と相関してパワー、筋力、コーディネーションの増大示す一方、女子は、思春期を通じて示す変化が有意に小さいことが示されています。 女子は、男子にみられる身長、体重、神経筋パフォーマンス間の相関関係は、思春…

トレーニング後の適切な回復と睡眠(冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性がある)

トレーニングセッション後の適切な回復は、心理的および生理的プロセスの修復を促進させることが報告されています。 そしてこれらのプロセスは睡眠の改善に貢献する重要な因子になります。 最も多く用いられている回復方策の2つ、すなわち冷水浴とコンプレッ…

垂直跳び(VJ)はすべて、下肢筋群の短縮性筋活動により身体の変位をもたらす活動になる。

垂直跳びにおける下肢筋群の働き 垂直跳び(VJ)はすべて、下肢筋群の短縮性筋活動により身体の変位をもたらす活動になります。 最大の跳躍高を達成するためには、この短縮性筋活動を十分に強力かつ素早く行う必要があります。 最初の素早く強力な短縮性筋活動…

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

投球動作の運動技能 自分の身体そのものの移動が伴う移動系動作に対して、投球動作は自分の身体以外のものを操作する操作系の動作になります。 そうした中でも野球における上手投げは、後天的に学習によって獲得する運動技能であり、成長に伴って身につく技…

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

慢性痛に関わる遺伝子 研究により慢性痛の原因となる遺伝子を特定するに至り、これが持続性の背部痛を施術するための薬に結びつく可能性がある、と研究者らは述べています。 ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らが、HCN2遺伝子をマウスの…

痛みは自由神経終末によって受容され、その伝導にはAδおよび、C線維の2種類の感覚神経が関与する

「ガラスを踏んでしまった」「指先をカッターで切ってしまった」等の受傷直後は”鋭い痛み”としてfirstpainがあり、それに続いて持続する鈍い痛みのslowpainを感じます。 2種類の痛みの感覚 痛みは自由神経終末によって受容されますが、その伝導にはAδおよび…

内分泌器官とホルモン(ストレスに関連したホルモンはトレーニングによる変容する)

内分泌(Endocrine)の概念は、もとは1904年にBaylissとStarlingに提唱され、ホルモンと呼ばれる化学物質(Hardyによる命名でギリシャ語の覚醒素)が分泌細胞から血液中に放出される現象を意味し、導管へ分泌する膵臓や唾液腺などの外分泌(Exocrine)とは…

筋線維組成と遺伝(筋芽細胞はすでに、速筋線維になるべきか、遅筋線維になるべきか、遺伝子によって決まる)

全身持久力と筋持久力をそれぞれ決める要因の中から共通項を探すと、筋線維組成ということになります。 Komi(1976)らは、一卵性双生児の%STがほぼ同じことから、筋線維組成がまず遺伝によって決まることを示しました。 したがって、持久的競技選手として…

直腸温度(深部体温)が約38.7℃に上昇した時に身体的パフォーマンスが最大になる(平常温度の約30%増)

スポーツやトレーニングでは、ウォームアップをすることで身体機能が上がる理由はおそらく、筋、神経、心臓などの働きが温度に強く依存している為です。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-4266

人の体温とタンパク質(酵素、HSP)の生理学的観点

人の体温 まず、なぜ人間の体温が、20℃や50℃ではなく約37℃なのかを考えて見た場合、身体の機能をつかさどる主役は、酵素などのタンパク質になります。 ※筋が収縮する場合、神経が活動をする場合、エネルギーを作ったり、エネルギーを使って身体を作ったりす…

競技における動作のスピードと筋力を決める要因(筋力と加速度)

スピードとパワー 多くのスポーツでは、まず動作のスピードが筋力より重要になることが多く、例えば、野球のピッチングではボールをリリースする瞬間の指先のスピード、バッターではボールをとらえる瞬間のバットスピード、ジャンプ系競技では離地の瞬間の重…

神経系の疲労とオーバートレーニングを防ぐ為のピリオダイゼーションのバリエーション

ピリオダイゼーション・線形モデル 伝統的なレジスタンストレーニングのピリオダイゼーションモデルは線形モデルと表現されます。 これは時間の経過とともに、ミクロサイクルのレベル(1周間から数週間)ごとに斬新的に少しずつ強度と量を変化させていきます…

筋力を決める生理学的要因

身体が発揮できる最大筋力を決める要因には①筋横断面積、②神経系の機能、③筋に占めるFT線維(タイプⅡ線維、速筋)の割合の三者があります。 ※このうち③は主に遺伝的に決定され、レジスタンストレーニングによって大きくは変化しないので、トレーニングの主目…

痛みと自由神経終末・温冷覚の病態生理

痛みの性質とその特徴 痛み(pain)は生体に対する侵害刺激を警告する役割を果たしており、痛覚受容器を侵害受容器と呼びます。 痛みの痛覚は鋭く、局在性のかなり明確なものと、鈍く、局在性のあまり明確でないものの2種類におおよそ分けることができます。…

ギプス固定による廃用性筋萎縮の神経系と生理学的メカニズム

廃用性筋萎縮の特徴とその発生機序 脱神経と異なりギプス固定による廃用性筋萎縮は脱神経筋のようなアセチルコリン感受性の亢進や筋収縮反応などの変化は見られません。 Gutmannら研究者はグリコーゲン合成の増強が神経支配の存在と深く関係していることを報…

爆発的パワー発揮を効果的に向上させるプライオメトリクストレーニングの神経学的・生理学的理論

プライオメトリクス(plyometrics) ジャンプ・エクササイズやメディシンボール・エクササイズに代表されるプライオメトリクス(plyometrics)は多くのスポーツ競技において必要とされる爆発的パワーを改善する為の効果的なトレーニング方法になります。 こ…

競技時の無酸素的運動と有酸素性エネルギーの供給機構の重要性

無酸素的運動 脳から発した運動の命令は神経の線維を経由して筋肉に達して神経終盤から筋肉に対してアセチルコリンを分泌します。 これにより筋細胞中のアデノシン二三リン酸(ATP)がアデノシン二リン酸(ADP)とリン酸に分解されます。 この分解時のエネル…

野球施術・野球肘の疼痛における解剖学的機能評価

内側部の疼痛の機能評価 関節としては椀尺関節に起因する痛みが出現します。 骨性には、変形、骨棘、内側側副靭帯の石灰化などによって痛みが出現します。 靭帯性には、内側側副靭帯の損傷による痛みが考えられ、外反ストレステストや荷重テストにより疼痛が…

腰痛の評価・症候による分類(伸展型、屈曲型、回旋型、安静型、不安定型)

腰痛を分類するには、まずその腰痛の正体を見極めることが大切です。 それにはまずスポーツ専門の医療機関を受診させ、正確な診断を得たうえで現在の症状についてJ評価を進めます。 腰痛評価にあたっては、まず以下の分類を用いて簡潔に腰痛の概略を把握し…

腰部の外傷と障害の病態

腰部捻挫 ある姿勢や急激な動作で突発的に起こる腰痛を腰部捻挫といいます。 椎間関節の捻挫によって生じると考えられていますが、実際のところは種々の原因が考えられます。 いずれにしても、数週間の安静臥床で軽快しますが、しばしば再発を繰り返すことが…

腰椎椎間板ヘルニアの障害神経検査

これには筋力、反射および知覚検査があります。 第4腰神経(L4:第3腰椎と第4腰椎の間からでる) L4レベルの筋力テストは前脛骨筋で行い、膝蓋腱反射はL2,L3,L4を介するがL4が優勢。 知覚帯は下腿内側。 第5腰神経(L5:第4腰椎と第5腰椎の間からで…

鎮痛に対する電流療法の種類別対応周波数

ゲートコントロール理論 ・太い神経のゲートコントロール刺激により”C繊維”の痛覚伝導のシナプス抑制が起こる。 ※刺激周波数は50~200Hz(太い神経の対応周波数) エンドルフィン効果 Aδまたは他の固有受容器(特に筋肉由来)の刺激により、下垂体(β…

特殊な腰痛の施術(機械的刺激痛と神経障害痛)

Happy sporty woman training in gym with coach.「下背部と脚に常に刺すような灼熱痛がありますか?。強い痛みで、電気ショックのような痛みはありますか?」 腰の痛みにて、腰痛が実際には脊椎とほとんど関係がないこともあり、さらに痛みは奥の神経から来…