Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

神経系

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されています。 素早い動作は、選手の動作の中でわずかな割合(約11%)を占めるに過ぎませんが、平均する…

コンプレックストレーニングとは(運動単位の興奮性を刺激し(それによって運動単位の動員と同期化、および中枢からの運動単位への入力を増大させ)、またミオシン軽鎖のリン酸化を促進して筋フィラメントのカルシウム感受性を増強し、さらにシナプス前抑制を低下させると考えられ、それらは理論上、続いて発揮されるパワーの増大を可能にする)

パフォーマンスとコンプレックストレーニング 多くの競技では、最適なパフォーマンスを発揮するために筋力とパワーの両方が求められます。 しかし時間の節約により、筋力とパワーの向上を促すトレーニングと回復に十分な時間を割くことは困難な場合が多く、…

成人と比較するプライオメトリックトレーニング(成人と比較すると、思春期前の子どもでは、筋力トレーニングに対する適応のうち、運動単位の動員すなわち神経適応が主な適応である可能性が高い)

成人と思春期前の子供の筋力トレーニングの適応 成人と比較すると、思春期前の子どもでは、筋力トレーニングに対する適応のうち、運動単位の動員すなわち神経適応が主な適応である可能性が高くなります。 Ozmunらは、筋電図(EMG)を用いて、8週間の筋力トレー…

SAIDの原則:Specific adaptation to imposed demands(神経筋系は課せられた刺激に対して特異的適応を起こす)

競技特異性とは 競技特異性は、あるエクササイズが競技にどの程度転移するかを表す言葉として広く用いられています。 すなわち、特異性とは、その競技に特異的な動作や課題の遂行能力に対して、エクササイズがもたらす向上効果の度合いを意味します。 www.na…

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

オフシーズンの定義 オフシーズンとは、シーズン終了直後から新たなシーズンがオープン戦で開幕するまでの期間であり、多くのアスリートとコーチにとって、オフシーズンは長かったシーズンからの修復、再生、回復に費やすべき時間と定義されています。 ※定…

EMSトレーニングが筋力に及ぼす効果(筋力の増加を媒介するものは、主として筋の活性化増大などの神経系の適応)

筋力の増大と電気刺激 健常な筋においては、EMSトレーニングによって引き起こされる筋力の増大は、従来の随意的なトレーニングによって達成されるものと同程度(かつ補助的位置付け)であり、それを上回ることはありません。 Baxらの研究によると、大腿四頭…

小児・青少年のスピードトレーニングの意義(思春期直前期の急成長は主に神経系の発達、思春期の急成長は内分泌系を介した発達をする)

基本的運動スキルとしてのスプリント 子供、成人両方において、スピードは競技の基本的構成要素であり、スプリント能力がパフォーマンスの成否を左右することが判明しています。 そのため、多くのコンディショニングプログラムは、そのスピードの向上を主要…

野球施術:疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

疲労と回復 疲労の管理 S&Cおよび投球プログラムの作成において、疲労の管理が非常に重要になります。 投球練習の前に投手を疲労させると、身体と四肢の加速と減速能力における機械的効率に影響を及ぼします。 プロ野球では先発投手が4人~5人へ変化したこと…

筋力トレーニングは何歳から始めるべきか?(男性ホルモン分泌が盛んになる年代が適切)

筋力トレーニング開始の時期 筋力トレーニングの中でもその中心を成す最大筋力を高めるためのトレーニングは、骨の成長が完成した時期から始めるのが適切です。 骨が急激に成長する時期(一般的には小学校高学年から中学生の時期)は、骨の成長に対して筋肉…

ウォームアップの生理学的重要性(筋温上昇による身体効率化と神経系の改善による怪我の予防)

自動車を発進させるとき、予めエンジンを温めておいたほうがトラブルを起こすことなく、安全に始動することが出来ます。 身体を動かす時も同様で、特にスポーツで目的とする動きを達成する手段として、ウォームアップの実施は欠かせません。 https://nakaji…

スピードを改善する方法とは(動きの習熟とパワー向上における神経系機能向上)

スポーツ競技とスピード 「プロとアマチュアではスピードが違う」「一流と二流の差はスピードだ」などとよく言われます。 それほどスピードは重要な要素でスポーツ競技の成績を左右する決定的要素です。 競技においてスピードとは具体的には、動作スピード…

運動単位の動員を増やし、競技能力を上げるには大脳の興奮水準を高めるトレーニングが重要になる(大脳の興奮水準が高ければ高いほど、発揮される筋力は大きくなる)

火事場の馬鹿力という表現があります。 火事に見舞われた時ような切羽詰まった時、人間は思わぬ力を発揮することを言い表した言葉ですが、これは本当に存在します。 普段開店休業状態にある筋肉が何らかの理由により活動し、信じられないような力が出る現象…

選手の生理的限界と心理的限界(多くの運動単位を動員できれば細い筋肉でも大きな力発揮が可能)

筋力の大きさは筋肉の横断面積に比例します。 ※太い筋肉のほうが細い筋肉よりも力を発揮します。 これは生理学上の原則で、実際の筋力発揮の場面では、必ずしも当てはまらないケースが出てきます。 例えば、腕相撲で明らかに腕が細いとわかる人が勝つ場合、…

ジュニア期のスポーツ生理学(動きの器用さを形作る神経系の機能は、6~10歳くらいにかけて発達が著しい)

成長期の子供のスポーツ活動は、大人とは異なるコンセプトで行わなくてはなりません。 しかし、実際の競技現場でよく見られるのは、教え過ぎ、練習のし過ぎによるバーンアウト(燃え尽き)やオーバーユース(特定部位の使い過ぎ)によるスポーツ障害がまだ…

人間の筋肉が理論上発揮できる筋力(解剖学的、神経学的、生理学的)

人間の筋肉が発揮できる力 人の骨格筋が、最大限どの程度の力を発揮できるかは、生体内での最大筋力を計り、次にMRIなどで筋横断面積を測り、さらに関節の構造や、筋が骨のどの位置に付着しているかなどを考慮して単位横断面積(1c㎡)当たりの筋力を推定す…

サイズの原理の例外(エキセントリック・バリスティック・加圧トレーニング)

極めて軽い負荷を用いてトレーニングを行うとき、筋の電気的活動を記録すると、負荷を上げ(コンセントリック:短縮性筋収縮)、引き続き保持する(アイソメトリック:等尺性収縮)動作では、負荷が軽いので確かに遅筋線維が使われますが、次に負荷を下ろす…

神経系の疲労とオーバートレーニングを防ぐ為のピリオダイゼーションのバリエーション

ピリオダイゼーション・線形モデル 伝統的なレジスタンストレーニングのピリオダイゼーションモデルは線形モデルと表現されます。 これは時間の経過とともに、ミクロサイクルのレベル(1周間から数週間)ごとに斬新的に少しずつ強度と量を変化させていきます…

痛みに対する物理療法の神経系へのアプローチ・門制御理論(gate control therapy)

皮膚の構造とその性質 皮膚は感覚、吸収、分泌、身体保護、それに体温調節などに関係する身体体壁をつくる重要な組織です。 身体の血液(その約25%は毛細血管中に存在)その多くは皮膚及び、皮下組織にあり、皮膚を介して与えられる温・冷エネルギーは、そ…

ギプス固定による廃用性筋萎縮の神経系と生理学的メカニズム

廃用性筋萎縮の特徴とその発生機序 脱神経と異なりギプス固定による廃用性筋萎縮は脱神経筋のようなアセチルコリン感受性の亢進や筋収縮反応などの変化は見られません。 Gutmannら研究者はグリコーゲン合成の増強が神経支配の存在と深く関係していることを報…

筋疲労と筋持久力の生理学的反応と神経系の相関関係

「疲労(fatigue)とは、作業、あるいは運動をしていくことによって、身体各部の器官や組織のエネルギーの消耗あるいは調整の低下により機能の減退が起こり、これが全体として作業や運動の成果(performance)を低下させるようになったときの状態で、多くの…

競技アスリートが体幹(コア)を鍛えないといけない理由と固有受容器(神経系)の関係

脊柱は仙骨上に24個の椎骨からなる非常に不安定な構造になっています。 脊柱の安定には「機械的安定性」と「機能的安定性」にわけられ、機械的安定は骨、椎間板、靭帯で、これらにより構造的な安定を生み出し、機能的安定を生み出すのが体幹筋群になります。…

”筋肉の運動を起こす”α運動ニューロンを発火させる神経系の仕組み(椎体路・椎体外路系・反射)

椎体路 大脳皮質の中心前回にあるブロードマンの第4領野のBets巨細胞に起始し、内包、大脳脚を下行し延髄の椎体交差で大部分交差して、脊髄の前角細胞に至るまでの経路を椎体経路(pyram-idal tract)といい、主としてずい運動のなかで”熟練を要する運動”に…

運動をいかに円滑にできるかを調整する神経系(椎体路、椎体外路、小脳)の働き

強調動作の正常生理 運動をいかに巧みに行うことができるかは、神経系の重要な働きの一つになります。 この神経系による運動コントロール能を協調性(coordination)と呼びます。 その動きは時間配列(Timing)、空間配列(spacing)、及び強さの調節(gradi…

筋、パワーおよびスピードトレーニングにおける筋肉の立ち上がり速度(RFD)の重要性

筋力トレーニング 最大筋力の向上は主に神経系と筋の適応に依存しており、これらの適応は外的負荷に繰り返しさらされることにより向上します。 最大限の筋力向上を獲得するには80%1RMの外的負荷が必要になります。 ※Petersonのアスリート集団を対象とした同…

急性外傷の疼痛と神経系へのアイシング(ICEセラピー)の効果

疼痛の原因とは? 疼痛は特異な科学刺激、浮腫による神経終末の圧迫、毛細血管損傷による局所的虚血などによって起こります。 また、反射的な筋スパズムによって起こる疼痛もあります。 局所的な筋スパズムは筋肉の虚血やその部位での代謝副産物を増加させ、…

パワーを増大させるトレーニング・レジスタンストレーニングとコンプレックストレーニング

レジスタンストレーニング レジスタンストレーニングはプライオメトリックトレーニングと比べて、パワー強化において上回りはしないにせよ、同程度に効果的であると判断されています。 ウエイトリフティングのリフト、すなわちクリーンとスナッチは、無酸素…

小中高校生年代別の筋力トレーニングプログラムの展開例

小学校低学年(1~3年生)の筋力トレーニングプログラムの展開 主目的 筋力トレーニングに親しむ、エクササイズの正しい動作や姿勢の習得。 エクササイズ 遊びの要素があり、楽しみながら行えるものを中心に選択、各1セット実施。 負荷手段 体重負荷(自…