Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

線維筋痛症

線維筋痛症の薬理学介入の理解(エクササイズプログラムを計画する際は、投薬の相互作用に留意する理由として、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり{筋弛緩薬など}、疼痛レベルを隠したり{鎮痛薬など}、服用者を不活溌にする{鎮静薬など}可能性がある)

クライアントが服用している薬を知り、それが身体活動にどのような影響を及ぼすかを知っておくことは非常に重要になります。 薬物療法は主として症状への対処に用いられ、疼痛の軽減と機能の向上を目的とします。 線維筋痛症の施術でよく用いられる薬は、鎮…

青少年の線維筋痛症における神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し{ストライド長の短縮}、バイオメカニクス的機能が低下する{下肢の筋力と姿勢制御の低下}傾向にある)

筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し(ストライド長の短縮)、また、バイオメカニクス的機能が低下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にあり、そのため、エクササイズによる受傷や疼痛悪化を起こしやすいと考えられています。 例えば、若…

青少年の慢性疼痛施術に修正した神経筋トレーニングを役立てることは可能か?(慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義される)

慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年の多くは、身体活動で疼痛が再燃する苦痛や不安のために、非活動的な生活を送っています。 慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義され、お客数はアメリカで推定約1億人にの…

線維筋痛症と有酸素性エクササイズ(中枢神経系の処理障害であり、上行性または下行性の神経経路の操作に異常が発生し、痛覚の増幅が生じている)

線維筋痛症は、関節、筋、腱、軟部組織など全身の様々な構造を犯す慢性疾患になり、米国においては2005年時点で500万人と推定されており、35~60歳の女性に好発し、複数の慢性的な症状を伴うことが判明しています。 線維筋痛症の病態生理学と関連症状に対する…