Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

脊髄損傷

脊髄損傷(脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になる)

脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になります。 神経伝達を阻害するようなダメージが脊髄に加わると、それらの神経によって刺激される筋の収縮が妨げられる可能性があります(あるいは極度に弱められる)。 脊髄損…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷{SCI}のクライアントは起立性低血圧{姿勢によって発生する低血圧}および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧があり、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得…

脊髄損傷の分類(完全型では、損傷発生部位よりも下で刺激される筋の運動が阻害{麻痺}され、不完全型ではある程度の筋活動が可能{不全麻痺}になる)

大多数の脊髄損傷(SCI)は、脊髄を切断したり、あるいは神経線維を覆う髄鞘を腫脹させたり断裂させたりする外傷性の事象によってもたらされます。 SCIの発生部位以下で刺激される神経は適切に機能せず、感覚障害や運動制御障害が生じます。 SCIは、まず損傷部…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

身体活動とレジスタンストレーニング 身体機能の観点からいうと、脊髄損傷(SCI)のお客が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要とします。 個人の身体能力…