Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

腫脹

半月板損傷

半月板損傷は、膝関節内に存在し、クッションの役割を持つ半月板の損傷(断裂)です。 膝に体重をかけて膝をひねる動作で発生しやすく、膝靭帯損傷に合併して生じることもあります。 放置すると将来的に変形性膝関節症をきたすおそれがあります。 原因 半月…

肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼は、肩鎖関節の安定化に関わる肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯が損傷することによって生じる脱臼です。 ラブビーや柔道などのコンタクトスポーツ時や交通事故で、肩を下にして転倒した際に受傷することが多いです。 病態 肩を下にして(内転位)転倒した…

踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

踵骨骨端部に生じる骨端症で、10歳前後の男児に多く、明らかな誘因はなく踵骨結節部に痛みを訴えます。 成因は、繰り返されるアキレス腱の牽引力によって発生します。 おもに、発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着していると…

変形性膝関節症

膝において、関節軟骨の退行性変化を基盤に骨の増殖変化や骨膜の炎症が生じることで、関節破壊・変形をきたす疾患です。 中高年(50歳以上)に好発し、男女比は1:3~4となっています。 症状・所見 初期には、膝の関節軟骨の摩耗による疼痛、可動域制限や、…

オスグットシュラッター病(Osgood‐Schlatter病)

オスグットシュラッター病は膝の脛骨粗面に生じる骨端症です。骨の成長期(骨端線閉鎖前)にスポーツ障害として発症し、スポーツを活発に行う10~15歳、男子に好発します。 膝を伸展した時に大腿四頭筋の収縮が膝蓋腱を介して脛骨粗面を牽引します。この…

第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)

疲労骨折は通常、一度に強い外力が加わって骨折するものと異なり、一定の場所に繰り返しストレスが加えられ骨折してしまうものです。 ジョーンズ骨折は、スポーツなど、日々のトレーニングで第5中足骨部が疲労骨折してしまったもので、つま先立ちの姿勢で足…

第5中足骨基底部骨折(下駄骨折)

第5中足骨基底部とは中足骨の足関節に近い部分のことで、この場所での骨折は下駄骨折とも言われます。 下駄についている鼻緒の付け根部分がちょうど第5中足骨基底部にあたります。今では下駄は昔より履かなくなりましたが、昔は下駄で足を捻った時、鼻緒のこ…

狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)

ドケルバン病(ド・ケルバン病)は腱鞘炎の一種で、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が、橈骨茎状突起部と伸筋支帯に絞扼されて発生します。 主婦や、出産後のホルモンバランスや育児によって、スポーツや日常生活で手首を繰り返し良く使う人に出やすい症状で、…

鎖骨骨折

鎖骨骨折は特に小児に多く、どの年齢層にも発生し比較的多い骨折です。スポーツ時、交通事故、転倒し肘や肩部から着いて受傷する事が多いです。 打撲など直接外力を受けて受傷することは比較的稀です。 症状・鑑別診断 触診、X線検査などで診断します。 転…

二分靭帯損傷

二分靭帯は足関節外側のすぐそばにあり踵骨から2方向に別れ立方骨と舟状骨に至る靭帯で、その形状からY靭帯とも呼ばれ、また、踵骨から立方骨へ至る部分を踵立方靭帯、舟状骨へ至る部分を踵舟靭帯といいます。 足関節の捻挫の約半数に二分靭帯の損傷が見ら…

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御(非特異的免疫)と適応防御(特異的免疫)という2つの主要な免疫系で成り立っている)

人の免疫系 人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御(非特異的免疫)と適応防御(特異的免疫)という2つの主要な免疫系で成り立っています。 先天的な自然免疫は、出生時から身体に備わっているため、生体外異物に遭遇することによって改めて賦活する必要の…

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の徴候と症状(病変部の熱感と発赤は、感染による血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌により起こる)

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌への危険因子 市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(CA-MRSA)への感染が増加している主な層は、健康に問題がなく、一般的にMRSA感染が懸念されるような医学的因子(例:入院中または最近入院していた、侵襲的器具…

カフェイン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される)

機能性食品および飲料 機能性食品または飲料の一般定義は、「それが元来もたらす以上の生理学的利益を不可された」製品ということになります。 そのため、例えば何も、加えていないオレンジジュースは普通の飲料ですが、植物コレステロールを加えた、オレン…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション(機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス)の効果がある)

上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション 上腕骨内側上顆炎におけるリハビリテーションにおいて重要な事項は、入念なストレッチと厳密なストレングスプログラムが推奨されています。 筋力およびパワーの向上を目指す前に、持久力トレーニングを最初のトレーニ…

急性外傷とRICE(コールドスプレーは筋スパズムや筋・筋膜トリガーポイントなど神経終末には作用は認められるが、深部組織への効果はないとされる)

RICE(Rest、Ice、Compression、Elevation) スポーツ外傷後の応急処置として、一般的なのがRICE(Rest、Ice、Compression、Elevation)になります。 国際的にはRICES(Rest、Ice、Compression、Elevation、Stabilization)あるいはPRICE(Protection、Rest…