Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

興奮水準

運動単位の動員を増やし、競技能力を上げるには大脳の興奮水準を高めるトレーニングが重要になる(大脳の興奮水準が高ければ高いほど、発揮される筋力は大きくなる)

火事場の馬鹿力という表現があります。 火事に見舞われた時ような切羽詰まった時、人間は思わぬ力を発揮することを言い表した言葉ですが、これは本当に存在します。 普段開店休業状態にある筋肉が何らかの理由により活動し、信じられないような力が出る現象…

スポーツで優秀な成績を収めるには大脳皮質の興奮水準を高める必要がある(大脳皮質をそれほど使わない人が大きな力を発揮することは生理学上は考えられない)

スポーツばかりしていて、あまり勉強しない人のことを「あいつは頭も筋肉だ」ということがありますが、スポーツ選手は、本当に頭を使っていないのでしょうか?生理学的にいうと答えは「NO」です。 筋肉が大きな力を発揮するためには大脳の興奮水準を高める…

トレーニングの意識性の原則(大脳の興奮水準を高め、多くの運動単位動員させる)

トレーニングは、それを実施している本人が「やる気」で行うことが大切で、これを「意識性の原則」といいます。 監督やコーチに「やらされている」のではなく、自分自身の意思でコントロールしながら、身体を動かすということです。 スポーツは決して筋肉だ…

リコンディショニング時の筋力トレーニングの原則

スポーツ復帰の条件として、再発の防止とより高い全身能力の向上が必要となります。 筋力はトレーニング開始後どんどん上昇しますが、それは活動する筋線維数の増加や大脳の興奮水準の高まりによる効果であり、しばらくすると筋力の増加はあまりみられなくな…