Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

血液

血液の働き ③白血球、血小板

白血球は、体内に入った細菌やウイルスなどの異物に対する防御、を受け持つ細胞で、形態や機能などの違いにより、数種類に再分裂されます。

血液の働き ①血漿

血液は、私たちの生命を維持するために欠かせない栄養素や酸素を運ぶ、生存に適した一定の範囲内に保持しようとする性質があり、ホルモンや老廃物の運搬、生体防御や体温調節などの大切な働きにも関与しています。この生体の恒常性を維持するといった働きを…

回復のためのサプリメント(BCAAを毎日摂取した被験者は、レジスタンストレーニング中も終了後もテストステロン濃度が有意に高く、コルチゾールとクレアチンキナーゼの濃度が低くなった)

BCAAと回復 Shimomuraらの報告によると、非鍛錬者の女性被験者において、スクワットエクササイズの前にBCAA(100mg/㎏)を摂取した場合には、プラセボとは対照的に、スクワット後の筋痛が緩和されました。 同じ研究において、プラセボを摂取した女性被験者は、…

継続的な持久力トレーニング(持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用する)

IMTGの貯蔵の役割 継続的な持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用します。 持久力エクササイズ中における血液中以外の脂肪酸の利用は、鍛錬者は非鍛錬者の…

タウリン(80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されている)

タウリンとは MIPSのおよそ1/3にタウリンが含まれています。 タウリンは精神的な鋭敏性と活力レベルを向上させるといわれるアミノ酸になります。 エネルギーサプリメントに含まれている他の成分とともに摂取した場合、タウリン1.5gを急性投与したレジスタン…

暑熱と水分補給に関する考察(栄養素が代謝される際、放出されるエネルギーのほとんどは耐熱となり、運動強度が高いほど多くの熱が産生される)

暑熱と水分補給 暑熱および水分補給は、健康リスクとパフォーマンス減衰に関係しています。 暑熱環境下における身体への要求は、深部体温の上昇と、多大な水分損失(脱水)をもたらしやすく、その2つの因子が組み合わさって、パフォーマンスの低下や、熱痙攣、…

鎌状赤血球傾向(激しい最大運動を行なっている際、酸素濃度低下より、一部の赤血球が正常な円盤状から鎌または半月のような形状に変化することがあり、筋、腎臓、その他の臓器の血管に詰まり、組織の壊死と機能不全を引き起こす)

鎌状赤血球症傾向(SCT)とは 鎌状赤血球症傾向(SCT)は一般的な遺伝子疾患のひとつになり、通常は良性ですが、激しい身体運動を行うと、重度の合併症を引き起こす恐れがあります。 残念なことに、多くの人は自身がSCTのキャリアであることを知らず、またより一…

急性労作性横紋筋融解症(ミオグロビンやその他の細胞性酸素を血液中に放出すること腎不全を引き起こし、電解質と酵素の不均衡が筋衰弱を引き起こし、場合により心停止に至る)

急性労作性横紋筋融解症(Acute Exertional Rhabdomyolysis:AER) 鎌状赤血球形成傾向(SCT)を有するアスリートが、通常慣れているレベルを超えた激しい身体活動を行うと、急性労作性横紋筋融解症(Acute Exertional Rhabdomyolysis:AER)を引き起こすおそれがあ…

赤血球に含まれるヘモグロビンは血液のO2運搬能力に関与するために40~50%低下した場合、酸素摂取量が減少し有酸素性能力が低下する

ヘモグロビンと酸素運搬能 赤血球に含まれるヘモグロビン(Hb)は酸素(O2)と結合するので、血液のO2運搬能力はHb量に依存します。 したがって、Hb量が減少すれば血液のO2運搬能力が低下し酸素摂取量(mVO2)が減少します(例:貧血)。 ※Hb濃度の40~50%の…

生理学的にクレアチン、それともクレアチンリン酸を摂取するほうが有効なのか?(血液中から細胞内に吸収されるのはクレアチンである)

[caption id="attachment_16513" align="alignnone" width="600"] 500x320_влюбленный в фитнес.eps[/caption] クレアチン、それともクレアチンリン酸 クレアチンリン酸はヨーロッパでは、心臓の施術薬として正式に採用されていた歴史があり、生体内のメカ…

水分補給とバゾプレッシン(水泳時には、水圧による昇圧反射がバゾプレッシン分泌を抑制する)

水分補給と脱水 運動前後の体重変化のほとんどは体水分量の変化によります。 たとえば、運動後に体重が2kg減少していたら体水分がほぼ2kg減少しています。 運動中に1kgの水分を補給した時、運動後の体重減少量が2kgだと、発汗などで失われた水分量は3kgにな…

水分補給(アスリートは、ホルモン分泌、アルドステロン系の刺激、交感神経、腎溶質と水分排出量の影響を理解することが重要)

水は人体の最大の構成成分で、人体の容積の60%を占めています。 ※例えば、筋肉は約73%、血液は93%、脂肪は10%の水を含んでいます。 水は恒常性に不可欠であり、生理学的および生化学的機能に重要な役割を果たしています。 1日の必要水分量や身体が水分補…

糖質と運動パフォーマンス(高血糖食(>600g/d)を摂った持久系アスリートは、混合筋グリコーゲン濃度が104.5±9.4mmol/質重量(39%と31%増加した)

糖質と運動 糖質とは運動中の最も重要なエネルギー基質になります。 栄養/代謝状況、食生活、運動の種類や強度、持続時間、さらにトレーニングステータス(トレーニング歴と適応状態)などの要因が、運動中の糖質の利用方法や、生体外(食事など)、生体内…

短距離走とエネルギー供給系(乳酸の生産量はそんなに多くはなく、クレアチンリン酸の枯渇とリン酸の蓄積で疲労)

[caption id="attachment_16145" align="alignnone" width="576"] Kyle Green | The Roanoke TimesMay 27, 2006 Jackie Zillioux, from Cave Spring High School collapses in exhaustion after running the anchor lap on the girls 4x400 relay during th…

内分泌器官とホルモン(ストレスに関連したホルモンはトレーニングによる変容する)

内分泌(Endocrine)の概念は、もとは1904年にBaylissとStarlingに提唱され、ホルモンと呼ばれる化学物質(Hardyによる命名でギリシャ語の覚醒素)が分泌細胞から血液中に放出される現象を意味し、導管へ分泌する膵臓や唾液腺などの外分泌(Exocrine)とは…

運動中の栄養摂取で防止すべき低ナトリウム血症と低血糖

水分は運動中に体重が2%以上減少しないように補給する必要があります。 補給する量は気温や湿度などのコンディションに影響されますが、1時間当たり500~1,000ml程度が標準的になります。 長時間の運動で発汗量も多い場合の水分補給では「ナトリウム」が必…

筋肉の種類と構造(骨格筋は骨に付着し身体を動かす、心筋は血液ポンプとして作用する、平滑筋は内臓や血管を形作り、消化機能や血液の運搬を補助する)

筋肉は骨格筋(skeletal muscle)、心筋(cardiac muscle)、平滑筋(smooth muscle)の3種類に分けることができます。 生体内で担う機能は、骨格筋は骨に付着し身体を動かすこと、心筋は血液ポンプとして作用すること、平滑筋は内臓や血管を形作り、消化機…

女性選手のトレーニング実施上の注意(ハードトレーニングによる身体の変調:月経異常、貧血)

女性であるがゆえに起こりうるトレーニング上の問題点はいくつかありますが、中でも注意すべきはハードトレーニングによる身体の変調になります。 長距離選手などが陥りやすい問題として女性ホルモン分泌量の低下が指摘されています。 これが起こると、月経…

血中乳酸値を測定すると何がわかるか?(ピリオダイゼーション、休養)

トレーニング現場で手軽に使える測定機として、ポータブルの血中乳酸濃度測定機が普及しています。 ※血中乳酸濃度とは読んで字の如く、血液中の乳酸の濃度になり、一般的には「乳酸値」と呼ばれています。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3114

体脂肪を制御する遺伝子(ob遺伝子・レプチン)

40年ほど前、遺伝的に極度の肥満を示すネズミ(マウス)の系統が育種されました。 このマウスの血管系と正常なマウスの血管系を特別な”ふるい”を通してつなぐと、肥満したマウスが痩せることが見出されました。 このことは正常なマウスでは血液中に体脂肪を…

ミトコンドリアと乳酸トランスポーター(モノカルボン酸トランスポーター:MCT)

乳酸を細胞膜やミトコンドリア膜を通して運び、出し入れする仕事をする膜タンパク質MCTがあることが、1990年代の初めに発見されました。 ※この膜タンパク質は、乳酸のようにカルボキシ基を1つ持つ有機酸(モノカルボン酸、ピルビン酸、β-ヒドロキシ酪酸など…

トレーニング後のタンパク質摂取の重要性

筋線維には、毎回のトレーニングによって微細な断裂が生じるため、その修復を速やかに進めることは、次のトレーニングを充実した内容にするために非常に重要になります。 その際、筋肉の細胞膜にも損傷が生じ、細胞内の各種タンパク質が血液に漏出してしまい…

トレーニング後の回復すべき生理学的観点の疲労

一流の競技選手においては記録を伸ばし、競技力を高め、メダルを獲得するためには、毎回のトレーニング内容を充実した「質」「量」ともに積み重ねていくしか方法はありません。 特に、上記の方法に焦点が置かれがちですが、競技選手は1日2~3回、週6日間のペ…

パンプアップ(pump up)の生理学的メカニズム(血流量、局所性貧血)

トレーニングと筋内の血流 激しくトレーニングをすると筋内に血液が注入されるまで風船が膨れ上がったようになるので、この状態をパンプアップ(pump up)といいます。 筋肉中の個々の筋線維の周りには毛細血管が取り巻いていて、その両端はそれぞれ動脈と静…

クールダウンと血中乳酸濃度の関係

動的回復 激しい運動後は、すぐに座らないで、軽い運動をした方が回復が早くなります。 激しい運動により上昇した血中乳酸濃度は、じっとしていると安静レベルに戻るまで30分から1時間程かかりますが、ゆっくりでも運動をするとある程度早くなります(激しい…

クールダウンの生理学的観点からの重要性

クールダウン ダッシュなどの激しい運動を行うと、乳酸が多く産生され、血中乳酸濃度が増加します。 ※400m走を全力で行うと、血中乳酸濃度が20ミリモル近くまで上昇(安静時は0.5~2ミリモル)し、安静時の血中乳酸濃度まで低下するのに1時間近くかかること…

痛みに対する物理療法の神経系へのアプローチ・門制御理論(gate control therapy)

皮膚の構造とその性質 皮膚は感覚、吸収、分泌、身体保護、それに体温調節などに関係する身体体壁をつくる重要な組織です。 身体の血液(その約25%は毛細血管中に存在)その多くは皮膚及び、皮下組織にあり、皮膚を介して与えられる温・冷エネルギーは、そ…

サッカー選手の有酸素性能力向上(成長ホルモン,ヘモグロビン,チトクローム,ミオグロビン)のヒント

サッカー選手と有酸素性能力 サッカー選手にとって有酸素能力を向上させることは、試合の終盤にも運動量を落とさずにパフォーマンスを維持するという目的に非常に大切な能力の一つです。 これは酸素を利用してエネルギーを産生する能力をいかに高めるかが重…

レジスタンス・サーキットトレーニングと乳酸性作業閾値(高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する)

乳酸 有酸素性エクササイズは、反復的で循環的な運動とみなすことができますが、そのような運動を高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する場合があります。 この乳酸の蓄積が除去量を上回るポイントが乳酸性作業閾値であり、これは最終的に…

高性能の分離血液たんぱくから作られたプロテインとは

血液プロテインアイソレート 最近のハイテクプロテインのなかには、血液中のたんぱく質を分離・乾燥させた血清プロテイン、血漿プロテインといったものがあります。 血液から分離されたこれらのたんぱく質には、アルブミンやイミュノグロブリンといった、生…