Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

視覚

視覚 眼球の働きを助ける副眼器

複眼器とは、眼球の働きを助け、眼球を保護するものです。 眼球の周りにある眼瞼、結膜、涙器、眼筋、眉毛などが複眼器となります。

視覚 眼球の構造

視覚器は、視覚を受け持つ主部の眼と、付属器である副眼器とに分けられます。 ・主部=眼(眼球・視神経) ・付属器=副眼器(眼瞼・結膜・涙器・眼筋・眉毛)

コーディネーションエクササイズの漸進(INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになる)

INT(神経筋統合)トレーニングの目的 INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになります。 基本的な運動能力とSSSに必要とされるコーディネーション能力を発達させるために、先行研究に基づいて、包括的なトレーニング指針…

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

感覚運動と固有感覚 固有感覚系は感覚運動系の一部で、求心性と遠心性の信号が含まれ、機能的な関節安定性を保持する間の感覚運動制御を統合するパイプの役割を果たしています。 視覚的入力と前庭入力が競技パフォーマンスに貢献しますが、末梢の機械的重要…

動的安定性(この能力は、体性感覚(特に固有感覚)と視覚および前庭系などから得た感覚情報の正確な機能に大きな影響を受ける)

下肢の動的安定性 動的安定性を改善するためのトレーニングを行う際、3つの漸進領域について、最新の研究では説明されています。 それは、静的バランス、動的バランスおよび動的安定性になります。 静的バランスは静止した基底面と静止した支持サーフェス上…

運動学習と神経基盤(運動の学習は運動神経系だけではなく視覚、聴覚、体性感覚などの知覚と認知も関与し、動きが未熟である場合、感覚からの情報がないと上達しない)

脳と運動学習 動作や運動の技能(スキル)獲得は、スポーツや体育の場面では効率的に身体を動かす技術を身につけることや、細やかな手仕事を行う場面では正確で繊細な動きを身につけることを意味します。 しかし、技能の獲得とは、体幹や手足の動きの効率性…

クイックネスと反応スピード向上と感覚刺激(視覚・聴覚)による反応動作の関係

クイックネスの定義とメカニズム クイックネスとはあらゆる方向への身体移動を瞬間的に行う能力になります。 最大スピード時においてはスタート局面であり、アジリティ動作での切り換えの局面になります。 また、各部位の素早い動き、球技スポーツにおける投…