Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

運動中

グルクロノラクトン(グルクロノラクトン300mgを含むエネルギー飲料の補給を1回限りしたことにより、合計挙上回数とレップ数の総仕事量が増加し、タンパク質同化ホルモンステータス(GHとインスリン)の増加とも関連づけられた)

グルクロノラクトンは解毒作用、すなわちグルクロン酸抱合を強化すると主張されています。 グルクロノラクトンは運動中に生じる老廃物の除去を通して疲労回復を促進する可能性があるといわれています。 グルクロノラクトンはエナジー飲料に多量に含まれてい…

運動中の栄養摂取で防止すべき低ナトリウム血症と低血糖

水分は運動中に体重が2%以上減少しないように補給する必要があります。 補給する量は気温や湿度などのコンディションに影響されますが、1時間当たり500~1,000ml程度が標準的になります。 長時間の運動で発汗量も多い場合の水分補給では「ナトリウム」が必…

乳酸生成の生理的な意義(運動中、酸素供給が不十分な場合にエネルギー生産を維持するため)

酸素が十分に供給できない状況下でも、エネルギーを生産しなければならない場合があり、短距離走がその状況下にあります。 この時に、乳酸が産生されます。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3611

運動前・運動中の分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取の生理学的効果

20種類のアミノ酸の中でバリン、ロイシン、イソロイシンは分岐鎖アミノ酸(balanceed-chain amino acids;BCAA)に分類される必須アミノ酸です。 ※筋肉タンパク質中に含まれるアミノ酸で、自然界の多くのタンパク質にはバリン、ロイシン、イソロイシンがほぼ1…

運動前・運動中の分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取の生理学的効果(筋損傷・中枢性疲労・乳酸)

20種類のアミノ酸の中でバリン、ロイシン、イソロイシンの3つは、分岐鎖アミノ酸に分類される必須アミノ酸です。 筋肉タンパク質中に多く含まれるアミノ酸で、自然界の多くのタンパク質にはバリン、ロイシン、イソロイシンがほぼ1:2:1の比率で含まれていま…