Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酵素

ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)

筋肉に本質的に備わるいくつかの因子、例えば細胞内の情報伝達(機械的な張力の細胞内シグナル変換)などが筋肥大に関わっています。 多くの潜在的な主要因子(IGF-1、筋原性成長因子、プロテインキナーゼB:PKB、セリン/トレオニンプロテインキナーゼ:Akt、哺…

タンパク質摂取の重要性(BCAAは安静時およびレジスタンスエクササイズ後の骨格筋において、翻訳開始(タンパク質の合成調節の重要段階)にかかわる様々な酵素を活性化することによって同化効果を有する)

運動後のタンパク質の合成を増進することは回復の重要な要素であると考えられています。 研究によるとレジスタンスエクササイズの後、40gの必須アミノ酸を摂取すると、40gの混合アミノ酸(必須アミノ酸21.4gと非必須アミノ酸18.6gを含む)と同程度に、タンパク…

競技のための一酸化窒素補給(一酸化窒素(NO)は、平滑筋の血管弛緩をもたらすことが発見された為、当初は内皮由来血管弛緩因子と呼ばれていた)

アスリートの栄養摂取 アスリートは常に、脂肪を落とし、筋量を増やし、速く、強く、爆発的になる方法を探しています。 このような目標において成功するためには、適切に設計されたトレーニングセッションでの実施と、理想的な栄養摂取(加工食ではない自然…

マグネシウム不足と影響(酵素効率の低下と細胞の不安定化によって、傷害や疾患、筋衰弱や筋痙攣、低カルシウム血症、グルコースの分解抑制、骨の再形成抑制、血圧上昇を生じる)

マグネシウム摂取の推奨量 Mg2+の推奨摂取量は、男女共1日当たり300~400mgになります。 しかし、欧米型の食生活では、十分な量のMg2+を自然に摂取することは困難であり、アスリートを含む人々の間でMg2+の不足が増加する原因となっています。 マグネシウムの…

マグネシウムのエネルギー生成の調節(ATP-Mg複合体を形成し、酵素上の活性部位に基質を固定、反応を触媒し、代謝経路の速度を高めることによりエネルギー生成に寄与している)

エネルギー生成におけるマグネシウム エネルギー生成にも、マグネシウム(Mg2+)の存在が影響を及ぼしています。 具体的には、Mg2+は代謝経路における主要酵素の活性化を促進し、ATP生成の補因子として機能し、赤血球の細胞膜構造を安定化させることでO2輸送…

筋力/パワー系アスリートのβアラニン摂取の有効性(カルノシンターゼの酵素制御を通じて筋内のカルノシン濃度を高める)

βアラニンの基本情報 βアラニンは他のサプリメントに比べて有効性を証明した臨床試験が最も少ないサプリメントになります。 科学的研究が少ない理由のひとつは、サプリメントが最近登場したからであり、大多数の論文は過去3年以内に発表されています。 特に…

筋肉痛をどう考えるべきか?(酵素や電解質の移動によるヒスタミンなどの発痛物質とどう付き合うか)

筋肉痛とトレーニング 筋肉痛と上手に付き合うことがスポーツのトレーニングを効率的に進める上で非常に重要になってきます。 筋肉が強く収縮する、あるいは収縮が繰り返されると、筋細胞が微細なダメージを受けます。 すると、本来、筋肉の中に含まれてい…

加齢による基礎代謝が低下する原因(タンパク質合成能力の低下)

中年から発生しやすくなる肥満と生活習慣病は、基本的に基礎代謝の減少による脂肪分解力の低下に原因していると考えられています。 それでは、なぜ、基礎代謝が中年から低下するのかですが、加齢に伴い、タンパク質合成能力が低下する為と考えられています。…

人の体温とタンパク質(酵素、HSP)の生理学的観点

人の体温 まず、なぜ人間の体温が、20℃や50℃ではなく約37℃なのかを考えて見た場合、身体の機能をつかさどる主役は、酵素などのタンパク質になります。 ※筋が収縮する場合、神経が活動をする場合、エネルギーを作ったり、エネルギーを使って身体を作ったりす…

トレーニング後のタンパク質摂取の重要性

筋線維には、毎回のトレーニングによって微細な断裂が生じるため、その修復を速やかに進めることは、次のトレーニングを充実した内容にするために非常に重要になります。 その際、筋肉の細胞膜にも損傷が生じ、細胞内の各種タンパク質が血液に漏出してしまい…

スポーツ現場の補助食品・完全栄養食品とエネルギー源

この食品はエネルギーをはじめとしたほとんどすべての栄養素を含みます。 健康の保持・増進を目的とした時の摂取目標量である「日本人の栄養所要量」の考え方を配慮しているものが多いです。 しかし、食品によって、配合されている栄養素の組成が大幅に異な…