Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

重要性

ウォームアップの生理学的重要性(筋温上昇による身体効率化と神経系の改善による怪我の予防)

自動車を発進させるとき、予めエンジンを温めておいたほうがトラブルを起こすことなく、安全に始動することが出来ます。 身体を動かす時も同様で、特にスポーツで目的とする動きを達成する手段として、ウォームアップの実施は欠かせません。 https://nakaji…

アスリートへの理学療法(選手が常に高いパフォーマンスを出すためには、さまざまな身体要素において高いフィジカルの能力が必要)

まずは、トップアスリートは強靭でかつニュートラルな身体を持っているのか?という疑問が出てきます。 ヒントになるのは、様々な競技の選手に対し、メディカルチェックを行い、また、必要に応じて身体の静的なアライメントチェック、静的バランス、動的バ…

トレーニング直後の食事によるグリコーゲン回復の重要性(インスリン刺激作用)

人を対象とした実験で、70分のランニング後、グルコースを運動直後に摂取させた場合と2時間後に摂取させた場合で、筋肉のグリコーゲン補充にどのような違いが見られるかが比較されました。 その結果、最初の2時間のグリコーゲン合成量は、グルコースをまだ摂…

インスリン分泌刺激性糖質とタンパク質(アミノ酸)同時摂取の重要性

インスリンは筋肉に限らず身体タンパク質の合成を促進し分解を抑制するので、スポーツ栄養においては、高インスリン反応性糖質が重要な役割を担うことになります。 ※犬にトレッドミルランニングをさせたときに、アミノ酸混合物+砂糖、またはアミノ酸混合物の…

トレーニング後のタンパク質摂取の重要性

筋線維には、毎回のトレーニングによって微細な断裂が生じるため、その修復を速やかに進めることは、次のトレーニングを充実した内容にするために非常に重要になります。 その際、筋肉の細胞膜にも損傷が生じ、細胞内の各種タンパク質が血液に漏出してしまい…

クールダウンの生理学的観点からの重要性

クールダウン ダッシュなどの激しい運動を行うと、乳酸が多く産生され、血中乳酸濃度が増加します。 ※400m走を全力で行うと、血中乳酸濃度が20ミリモル近くまで上昇(安静時は0.5~2ミリモル)し、安静時の血中乳酸濃度まで低下するのに1時間近くかかること…

リコンディショニング時の関節可動域運動(ROM運動)の際に必要な病態生理と運動学の理解の重要性

関節可動域運動(ROM運動) 関節可動域を維持改善する目的で実施される運動をROM運動、伸張運動(矯正運動)といいます。 とくに、他動的運動では組織の過伸展(over stretch)にならないように注意することと下記の項目が重要になります。 ①運動学等の基礎…

リコンディショニング時の筋力増強の正常生理と病態生理の理解の重要性

筋力増強運動の生理学的背景 筋力の維持あるいは増強のためには筋が収縮し適度な緊張を生じることが不可欠となっています。 生理学的に筋収縮の強さはそれに関係する運動単位の数とその興奮程度に左右されます。 ①随意性の強さと意欲の程度 ②中枢神経系経路…

競技・トレーニングを行う子どもへのメディカルチェックの重要性-整形外科系観点から

運動療法における子どものメディカルチェックの目的は、子どもの身体の遺伝的背景、既往疾患、外傷による機能異常の有無、発育途上における解剖学的、機能的発達過程、身体的形態の特異性などより、その時点における子どもの身体的能力を多方面から正しく判…

競技時の無酸素的運動と有酸素性エネルギーの供給機構の重要性

無酸素的運動 脳から発した運動の命令は神経の線維を経由して筋肉に達して神経終盤から筋肉に対してアセチルコリンを分泌します。 これにより筋細胞中のアデノシン二三リン酸(ATP)がアデノシン二リン酸(ADP)とリン酸に分解されます。 この分解時のエネル…

トレーニングによる筋肥大・筋力増強と内分泌器系の理解の重要性

筋肥大と筋力増強 適切なレジスタンストレーニングは、テストステロン、成長ホルモンなどのアナボリック(同化)ホルモンの分泌を活性化し、これらのホルモンは筋肥大、筋力の増強を促します。 トレーニング効果のうち少なくとも50%はこうしたホルモンや成…

競技選手におけるピリオダイゼーションの重要性(生理学的、器質的、神経学的適応)

競技を行う選手には、トレーニング全体の時期区分や周期に応じてトレーニングの特異性、強度、量に対して、変化をもたらせる必要があります。 このプログラムデザインに関する特別な方法をピリオダイゼーションと呼びます。 選手は、同一のプログラムの実施…

アスリートにおいてのスタビライゼーション(体幹の安定性)の重要性

アスリートの体幹 アスリートは体幹の全体的または局所的な安定筋を平等に鍛えなければなりません。 したがって、腹筋群および、安定筋群の解剖学を考察することが非常に重要になります。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-13446