Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

野球施術

野球施術:先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力

酸素消費量の回復による2つの回復 上昇した酸素摂取量の基準値へ戻る速度が速いものと遅いもので2つの回復メカニズムがあります。 運動後の酸素摂取量は、運動のエネルギー要求に応じて使用されたエネルギー源の種類を表しており、その人の運動からの回復能…

野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係)

MER(最大外旋位) 投球動作において最もストレスのかかる大きな要素は、投球側の手を加速させることにより、肩が最大外旋位(MER)をとる際に生じます。 投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係にあることが指摘されて…

野球施術・野球肘に関連づけられる力学的欠陥(成人の場合、投球側の肘は平均64Nm の外反トルク(肘内側を開く回旋力)に耐えなければならない)

投球動作のバイオメカニクス理解の重要性 肘内側の慢性障害の場合、メカニクスを調節するためには、投球動作のバイオメカニクスについてより深く、理解する必要があります。 投球パフォーマンスと受傷リスクを管理するためには、下半身の踏み込みによる最適…

野球施術・VEO(Valgusextension overload)肘関節伸展角速度と野球肘の関係

VEO(Valgusextension overload)とは VEOとは、「肘伸展角速度」をいいます。 野球の投球動作において、肘伸展角速度は、肘内側に外反モーメントによる引張力が繰り返し発生し、それと同時に、高速の肘伸展トルクが発生することによる偶力の相互作用を起こし…

野球施術・野球肘の機能解剖学(結合組織と筋群が肘関節の静的および動的安定化機構として作用する20~120°の肘屈曲角度において生じる)

野球肘障害の機能解剖学 肘関節機能解剖学 肘関節は、橈骨、尺骨、および上腕骨からなります。 関節の安定性は、靭帯組織、関節包組織、軟骨、および、筋腱によってもたらされています。 これらの軟部組織は、肘関節の内側、外側、前方、および後方に起始、…

野球施術・野球肘内側障害の受傷リスク(若年選手の26%、高校生選手の58%が肘痛を抱えている)

肘内側の受傷リスク 医療技術、リハビリテーション、施術法、およびトレーニングの広範囲にわたる進歩にもかかわらず、競技レベルの野球における肘の障害は増加傾向にあります。 1999年におけるプロ野球選手のデータによると、故障者リスト入りした投手の人…

野球施術・野球肘の分類(内側型、外側型、後方型)

投球動作によって生じる肘関節の骨軟骨、肘関節内外の軟部組織、末梢神経などの外傷および障害の総称になります。 ※野球肘は身体機能の低下から生じる投球動作における効率的な運動連鎖の破綻が発生要因とされるために、野球肘にたいする理学療法には肘関節…

野球施術・野球肩の評価・カウンセリング(投球障害肩の4つのパターン)

投球障害における主訴のほとんどは投球時に発生する痛みであり、そのほとんどは肩甲上腕関節がzeroポジションから外れた時に発生します。 投球障害肩に対して十分な施術効果を上げるためには、原因となる個々の部位を対象とした正確な評価、施術技術が不可欠…

野球施術・野球肘の疼痛における解剖学的機能評価

内側部の疼痛の機能評価 関節としては椀尺関節に起因する痛みが出現します。 骨性には、変形、骨棘、内側側副靭帯の石灰化などによって痛みが出現します。 靭帯性には、内側側副靭帯の損傷による痛みが考えられ、外反ストレステストや荷重テストにより疼痛が…

野球施術・野球肘の理学的評価(可動域、エンドフィール、筋力評価)

肘関節の理学的評価 肘関節の評価は、個々の関節、筋の評価のみならず、手関節及び、肩関節の評価も含めて、上肢として総合的に行わなければなりません。

野球施術における野球肩・投球肩障害の施術

投球肩障害の施術 投球肩障害とは投球を障害する病変を持っている肩の総称(症候群)になります。 施術としては保存療法が原則になり、安静期間を十分に設け、オーバーユースによる関節包や滑液包の炎症を取り除き悪循環を断ち切ることが必要です。 3~4日…

野球施術・野球肩のスポーツ障害の診断へのアプローチ

肩のスポーツ障害には多くの病態が存在し、来院時の訴えも痛み・不安定感・運動制限など様々です。 その原因も脱臼や骨折のように明らかな大外傷によるものから、オーバーユースを基盤としたものまで様々です。 肩関節の安定化機構 肩関節の静的安定性の多く…

野球施術(野球肩、野球肘)リハビリテーション・スローイングまでの流れ

第1段階 炎症症状が消失してから肩、肘などの筋機能を再教育、強化してきます。 順番として徒手抵抗、ゴムチューブ、ダンベル、ウェイトマシーンなどを利用し、マイナーマッスルから、メジャーマッスルへと取り込み、フォームの教育をもう一度やり直します。…

野球施術における投球障害リハビリテーション・患部トレーニングの流れ(野球肩、野球肘)

関節可動域改善訓練 まずは、関節の可動域を健全な状態に戻すように自動運動や自動介助運動、またはトレーナーなどによる抵抗運動を用いて、ストレッチングを行います。 セルフストレッチ 肩の内転(水平内転・屈曲) 肩の外転(外転・屈曲) 水平外転・伸展 パ…

野球におけるリハビリテーションプログラムの実際(野球肩・野球肘)

今回、野球における肩、肘の障害についてのリハビリテーションプログラムシリーズを紹介していきます。 まず、今回は〘野球の動き〙から分析し、動きを分析してみると、 ボールを捕る ボールを投げる ボールを打つ 走ること に大別できます。 https://nakaj…