Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

関節

前十字靭帯(ACL)障害予防のためのトレーニングプログラム(不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的とする)

コア(体幹)の強化、関節の安定、バランストレーニング、ジャンプトレーニングに重点を置く神経筋系のトレーニング介入によって、膝関節の外反・内反モーメントや過伸展などの着地時の誤った姿勢を修正、改善できることが研究によって示されています。 また、…

膝関節周囲の筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。 能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。 筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。

大腿四頭筋とハムストリングスにおける内側外側の筋活性化のアンバランス(筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子である)

筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子であると説明されています。 男女のACL損傷をもたらすことが知られている高リスクの運動パターンで大腿四頭筋の活性化パターンを調査した研究によると、女…

フィードフォワードメカニズム(競技活動中の関節の動的安定性はフィードバック(反射反応)とフィードフォワード(予備活性)という、両方のメカニズムに依存している)

競技活動中の動的安定性 競技活動中の関節の動的安定性はフィードバック(反射反応)とフィードフォワード(予備活性)という、両方のメカニズムに依存しています。 フィードバック制御は求心性情報の連続的な処理を特徴としますが、それは反射的な筋反応をその…

青少年アスリートの傷害リスクを低減する統合的神経筋トレーニング(スポーツ活動中の神経筋コントロールは、感覚運動系が適切に機能することに依存している)

神経筋バイオメカニクスにかかわるリスク因子は、INTプログラムによって制御できることが研究により示されています。 これらのプログラムはアスリートの傷害発生率を直接低下させることが知られています。 さらに、INTプログラムの実施と前十字靭帯(ACL)傷害…

子どものジャンプパフォーマンス(思春期前の子どもは、反動作中にかがみ込む深さに違いがみられること、離地の際に(重心線に対して)より後方に傾いた姿勢をとることに、このような違いは、かがむ際に可動域(ROM)が制限されている)

これまでの研究にて言及された予備伸張の増強作用によるパフォーマンスの向上は、主に成人を対象とした調査から得られています。 青少年、とくに思春期と思春期前の若者は、筋/腱の反射の発達に関してまだ十分な成熟レベルに達していないため、同レベルの増…

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、…

プライオメトリックエクササイズの注意事項(競技パフォーマンスの分野では、力発揮の閾値の限界が250ミリ秒であるため、遅いSSCエクササイズは反射による増強を最大限に利用するために十分とはいえない)

プライオメトリックエクササイズの注意事項 プライオメトリックエクササイズの注意事項は、プライオメトリックトレーニングを処方し指導する際の遅いSSCと速いSSCの相違になります。 遅いSSCエクササイズは、カウンタームーブメントジャンプのように、ジャン…

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

感覚運動と固有感覚 固有感覚系は感覚運動系の一部で、求心性と遠心性の信号が含まれ、機能的な関節安定性を保持する間の感覚運動制御を統合するパイプの役割を果たしています。 視覚的入力と前庭入力が競技パフォーマンスに貢献しますが、末梢の機械的重要…

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

バランストレーニングと不安定なレジスタンストレーニング 多くのスポーツ活動では、バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮することが必要であるため、不安定なレジスタンストレーニング(BOSU上でのスクワットなど)は、安定的なレジスタンストレーニングと…

姿勢が野球肩・野球肘に影響する(不良姿勢が投球動作時の肘下がりにつながる)

[caption id="attachment_15886" align="alignnone" width="686"] The University of Iowa baseball team participates in their strength and conditioning program Wednesday, Feb. 5, 2014 at Carver-Hawkeye Arena in Iowa City. (Brian Ray/hawkeyespo…

野球の投手がシーズン中になぜ泳いではいけないと言われるか?(筋肉の収縮様式:初動負荷と終動負荷)

野球の投手は肩を冷やすので泳いではいけないと、昔からよく言われます。 「肩を冷やす」という表現は抽象的ですが、要するに投球動作に重要な肩や肘の関節が冷えるとその周辺部の筋肉の血行が悪くなり、柔軟性を損なってフォームを崩す恐れがあることを指…

野球肩の機能解剖と評価・肩関節複合体

肩関節は複数の関節から複合体になります。 ※狭義の肩関節である肩甲上腕関節は骨構造上、不安定な関節であるために、その安定性を軟部組織に依存しています。 関節包による肩甲上腕関節の安定化は肩関節肢位の変化に伴う緊張部位に依存しています。 ※上肢下…

トレーニングとコラーゲンサプリメントの効果(腸管免疫寛容とリウマチ「過剰な炎症反応を抑制する」「壊れた結合組織の再構築の為の材料を供給する」)

コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンなどを主成分としたサプリメントは主に関節が痛い時などに摂取すると良いとされます。 ※実際に使用している選手でデータを取ると食事制限をしている減量期に関節の障害を効果的に防いでいるというデータが取れまし…

トレーニング種目の配列:プライオリティの原則(ストラクチュラルエクササイズとボディパートエクササイズ)

プライオリティの原則としての基本的な考え方 プライオリティの原則としての基本的な考え方は、「疲労が蓄積していないうちに、最も重要な部分のトレーニングを行う」という考え方です。 例として、前腕の筋力にとくに問題があって、これを強化することが最…

関節軟骨部への生理学的トレーニング効果

軟骨は軟骨基質とそれに含まれる線維の量と種類により硝子軟骨、弾性軟骨、線維軟骨の3種類に分類されます。 関節軟骨は硝子軟骨に分類され、関節軟骨は軟骨細胞とその周囲に存在する細胞外基質によって構成されます。 細胞外基質の主成分は水分で湿重量でそ…

治癒過程でのコラーゲン(膠原線維)と関節可動域制限の相関関係

関節に関係する組織 関節に関係する組織の中でも、関節包や靭帯、腱など多くの器官の基本となる結合織(ほかの組織に入り込んでそれをつなぎ合わせたり、あるいは組織と組織との間を埋めるような役割を果たす組織)は様々な種類や構造、性質を持っています。…

小児のメディカルチェック・関節弛緩性測定と競技種目の相関関係

関節 身体の関節はさまざまな特徴的な解剖学的形態を持ち、それに応じた運動方向と運動範囲を持っており、この運動範囲を可動域(Range of Motion:ROM)と言います。 関節の支持機構の筋力低下により、この運動範囲を超えたものを関節弛緩(joint looseness…

等速性運動(isokinetic exercise)とピークトルクの相関

等速性運動とは 等速性運動(isokinetic exercise)は、関節運動を一定にした運動になります。 等張性運動は関節角度や重力のかかりかたで負荷量は一定不変なのに筋の負担が増減するのに対し、等速性運動は関節運動速度を一定にして筋力を評価したり、トレー…

力-速度の積=パワーとトルク:筋収縮様式の物理学的理論

関節運動速度が大きくなる(早くなる)と発揮されるトルクは小さくなります。 ※速度ゼロの時は等尺性収縮を行い、他は等張性収縮。 力と速度の積がパワーとして表され、力と速度が最大努力でつりあって描写されるものを力-速度曲線と呼びます。 ※基本的には…

発育期の柔軟性低下と競技能力・スポーツ障害の相関関係

競技能力と柔軟性 多くの競技種目において、柔軟性は競技力向上に不可欠な要素として考えられています。 各競技特有の動作を行う上で、局所の関節の可動域が大きいことが有利であることも指摘されており、水泳選手(自由形〉の場合、肩関節の可動域が大きい…

MMTや筋力トレーニングでの等張性筋収縮と疑似等尺性運動とは

等張性筋力トレーニング(isotonic exercise) 水の入ったバケツを床から台の上に持ち上げようとする時、上腕二頭筋は等張性筋収縮を行ないます。 等張性筋収縮とは関節運動を伴いますが、負荷は一定のものであることが条件になります。 https://nakajima-bo…

痛みと自由神経終末・温冷覚の病態生理

痛みの性質とその特徴 痛み(pain)は生体に対する侵害刺激を警告する役割を果たしており、痛覚受容器を侵害受容器と呼びます。 痛みの痛覚は鋭く、局在性のかなり明確なものと、鈍く、局在性のあまり明確でないものの2種類におおよそ分けることができます。…

リコンディショニング時の筋力増強の正常生理と病態生理の理解の重要性

筋力増強運動の生理学的背景 筋力の維持あるいは増強のためには筋が収縮し適度な緊張を生じることが不可欠となっています。 生理学的に筋収縮の強さはそれに関係する運動単位の数とその興奮程度に左右されます。 ①随意性の強さと意欲の程度 ②中枢神経系経路…

競技・トレーニングを行う子どもへのメディカルチェックの重要性-整形外科系観点から

運動療法における子どものメディカルチェックの目的は、子どもの身体の遺伝的背景、既往疾患、外傷による機能異常の有無、発育途上における解剖学的、機能的発達過程、身体的形態の特異性などより、その時点における子どもの身体的能力を多方面から正しく判…

アイシング(Ice therary)の生理学的作用(血行、反射、新陳代謝、ヘモグロビン解離)

アイシングの種類 スポーツ医学の分野で、外傷後に行うRICE療法は応急処置として広く知られ行われています。 対流冷却法 扇風機などによる方法 蒸発冷却法 揮発液を塗布して、気化熱により熱を奪う方法として塩化エチル、非炎症性弗化メタン、弗化メタンが使…

野球施術・野球肘の疼痛における解剖学的機能評価

内側部の疼痛の機能評価 関節としては椀尺関節に起因する痛みが出現します。 骨性には、変形、骨棘、内側側副靭帯の石灰化などによって痛みが出現します。 靭帯性には、内側側副靭帯の損傷による痛みが考えられ、外反ストレステストや荷重テストにより疼痛が…

リハビリテーションの実際・肩関節不安定症

肩関節不安定症に対するリハビリテーションにおいては、筋力に関するアプローチが主となります。 しかし、外傷性脱臼後や手術の後療法では可動域の再獲得が優先されます。 反復性前方(亜)脱臼では、主として手術療法が選択されます。 https://nakajima-bon…

年齢に応じた筋力トレーニング・成長期(小中学生期)の筋力トレーニング

≪ポイント≫ 成長期の小中学生が高負荷を用いた筋力トレーニングを実施した場合、骨端軟骨部の損傷を引き起こす危険性がある。 最大に近い高負荷を用いる筋力トレーニングは、第二次成長終了後(一年間にもっとも身長が伸びる時期が過ぎた頃)を目安に開始す…

野球施術における投球障害リハビリテーション・患部トレーニングの流れ(野球肩、野球肘)

関節可動域改善訓練 まずは、関節の可動域を健全な状態に戻すように自動運動や自動介助運動、またはトレーナーなどによる抵抗運動を用いて、ストレッチングを行います。 セルフストレッチ 肩の内転(水平内転・屈曲) 肩の外転(外転・屈曲) 水平外転・伸展 パ…