Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

青少年トレーニング

小児期のスピード向上トレーニングにおいて重要視されるべき「接地時間」(自然には発達しないことが知られている因子(接地時間とストライド頻度))

推進力と接地時間 スピードは一般的にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)によって証明されますが、どちらも必ずしもトレーニングの焦点となるものではありません。 むしろ、スプリンターが推進力を発揮できる接地時間にトレーニングの焦点を置くこと…

青少年期におけるアジリティの発達と認知的意志決定過程(シナプス回路の強化とシナプスの剪定が、反応時間短縮と総合的認知能力向上をもたらす)

アジリティパフォーマンスに関連して成長と成熟が認知的意志決定過程に影響を及ぼす影響を見出しました。 子供がある刺激に繰り返しさらされると、既存のシナプス回路の強化とシナプスの剪定が生じ、反応時間の短縮と総合的認知能力の向上がもたらされること…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12…

青少年全般(5~18歳)に推奨されるべきトレーニングの種類と強度の議論(あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確なメッセージが発せられないのは、様々な問題が文献で十分に考察されていないことに関連している)

青少年全般(5~18歳)に推奨すべきトレーニングの種類と強度の議論 青少年全般(5~18歳)に推奨すべきトレーニングの種類と強度については、今なお議論が続いています。 あらゆる種類のMSF(筋骨格系能力)トレーニングが青少年に有益であるという、統一された明確…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

アジリティはスポーツパフォーマンスに欠かせない要素として認識されています。 特にサッカー、バスケットボール等において重要性が指摘されていますが、いずれも間欠的かつ多方向への移動を伴う性質をもった競技であり、様々な刺激に反応して素早い方向転換…

思春期前のトレーニングの重点(脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している思春期の子供に基本的運動スキル、基本的スポーツスキルを習得させる事は非常に重要である)

若年アスリートが様々な競技場面において、熟練した動作を発揮するためには「歩行」「ランニング」「ジャンプ」などの基本的運動スキル(FMS:Fundamental Movement Skill)と、「キャッチ」「ホップ」「ギャロップ」などの基本的スポーツスキル(Fundamental S…

レジスタンストレーニングと青少年の運動発達(一般的にこの種の動作は、大きな努力を要すること、伸張性と短縮性の筋活動を組み合わせた伸張-短縮サイクルを利用すること、そして筋骨格系に漸進的負荷を加えることが特徴になる)

発達的知見から理解しておくべき重要な概念は「レジスタンストレーニング」と「運動発達」の文献において用いられる用語、特に神経筋コーディネーション向上に関連する用語は、それが青少年向けトレーニングの漸進に対して用いられる場合、両者とも基本的に…

青少年の柔軟性エクササイズ(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

青少年は筋骨格系が常に変化しているため、この発達段階で用いられた柔軟性トレーニングによる利益が無駄になる可能性があります。 しかし、より成熟したアスリートは、定期的な柔軟性トレーニングを取りれることから利益を得て、筋骨格系を修正し、神経筋の…

多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

多関節のコーディネーションパターンの発達には様々な「段階」があること、そして、青少年の多くは経験や適切なトレーニングが不足しているため、最高の発達レベルの動作は発揮できないことを理解しなければなりません。 豊富な知識を有し、動作の発達の漸進…

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる。 多様化する理由は、様々であり、例えば、個人に合わせた指導の差異や、課題…

青少年アスリートにおける可動性ウォームアップの様式(最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になる)

ウォームアップの時間が可動性をトレーニングする恰好のタイミングであることは確実ですが、最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になります。 大部分のアスリート、特に若年アスリートは、十分なウォー…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期…

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)と基礎的運動能力(FMC:Fundamental movement competence)

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill) INTでは、最初に基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)を身につけることによって、パフォーマンスの土台を作る必要があります。 FMSは運動の基本単位であり、通常、移動運動(走る、ジャンプ、…

青少年アスリートのコーディネーション能力とは(空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になる)

青少年におけるコーディネーション能力の発達 青少年におけるコーディネーション能力の発達に関して、研究により、多種多様なコーディネーションの分類が提供されています。 特に、Meinel&Schnabel'sによるコーディネーションの分類は、適切なコーディネーシ…

筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

MSFトレーニングの実施拡大に向けてた取り組み 重要なこととして、MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要があります。 このような情報を基…

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のこと)

フィジカルトレーニングが青少年の体力向上にもたらす有益な効果 フィジカルトレーニング(レジスタンストレーニング)が青少年の体力向上にもたらす有益な効果は、広く認知され支持を集めています。 「筋力」「筋持久力」「パワー」は、レジスタンストレーニ…

子どもにおける運動の効果(筋持久力のトレーニングには至適年齢があり、トレーニング効果は、6歳から14歳までは年齢が進むにつれて増大し、12~15歳で最大となり、15歳以降は逆に減少する)

最近の研究は、学童期や若年期に丈夫な骨を作ることが、成人期およびその後の人生全般にわたって健康な骨状態を保つための最善策であることを明らかにしています。 アメリカスポーツ医学会やカナダ骨粗鬆症学会も、規則正しい中程度の運動が転倒を減少させ、…

思春期のトレーニングの重点(PHV:最大身長成長速度と体重の最大成長速度(PWV)のピークを向かえると性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、筋サイズの増大(筋線維サイズの増大)、さらに筋横断面積が増大して発揮筋力が向上する)

思春期のトレーニングの重点 子供がPHV(身長の最大成長速度)に近づくと、男女ともに筋および骨格組織の成長速度が不均衡になる可能性があり、注意が必要になります。 また、若年アスリートの運動能力向上と成長が非直線的かつ急速に起こる段階であるこの時…

ジュニア期の早熟・晩熟タイプの評価(本格的な筋力トレーニングを開始するのは、一般的には年間の身長の伸びが1cm未満になる時期がベストタイミング)

思春期の子供の発育は一様ではなく、各人各様それぞれの個人差があり、この個人差を考慮した指導が求められます。 この例のように、小学生、中学生の時期に身長の伸びが良く、その後若くして伸び悩む子供がいます。 その理由として、生理的に早熟であること…

ジュニア期における年齢に応じたトレーニングとは(スポーツにおいて身体機能を効果的に改善できる指摘年齢)

「鉄は暑いうちに打て」と言われるようにスポーツのトレーニングでも、それぞれの身体機能を効果的に改善できる指摘年齢があります。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3166

ジュニア期の各年代(小・中・高校年代)での体力要素と競技成績の関連度

ジュニア期の体力要素 体力的要素と技術要素 スポーツの成績には多くの因子が複雑に関与しますが、一般的には体力要素と技術要素によって決定すると考えることができます。 各年齢段階での体力要素および技術要素と競技要素との関係を調べ、その結果から年齢…

ジュニア期のスポーツ生理学(動きの器用さを形作る神経系の機能は、6~10歳くらいにかけて発達が著しい)

成長期の子供のスポーツ活動は、大人とは異なるコンセプトで行わなくてはなりません。 しかし、実際の競技現場でよく見られるのは、教え過ぎ、練習のし過ぎによるバーンアウト(燃え尽き)やオーバーユース(特定部位の使い過ぎ)によるスポーツ障害がまだ…

小児の筋肉の発育・小児科学的観点「子どもは大人のミニチュアではない」

筋肉の発達 体重が30㎏までは、男女ともに体重における筋重量の占める割合にほとんど差が無く、筋肉の発育は性ホルモンの影響で思春期にスパートを示し、男子では増えた体重の80%くらいが筋重量の増加になりますが、女子では40%くらいで脂肪の増加が目立ち…

競技・トレーニングを行う子どもへのメディカルチェックの重要性-整形外科系観点から

運動療法における子どものメディカルチェックの目的は、子どもの身体の遺伝的背景、既往疾患、外傷による機能異常の有無、発育途上における解剖学的、機能的発達過程、身体的形態の特異性などより、その時点における子どもの身体的能力を多方面から正しく判…

小中高校生年代別の筋力トレーニングプログラムの展開例

小学校低学年(1~3年生)の筋力トレーニングプログラムの展開 主目的 筋力トレーニングに親しむ、エクササイズの正しい動作や姿勢の習得。 エクササイズ 遊びの要素があり、楽しみながら行えるものを中心に選択、各1セット実施。 負荷手段 体重負荷(自…

年齢に応じた筋力トレーニング・成長期(小中学生期)の筋力トレーニング

≪ポイント≫ 成長期の小中学生が高負荷を用いた筋力トレーニングを実施した場合、骨端軟骨部の損傷を引き起こす危険性がある。 最大に近い高負荷を用いる筋力トレーニングは、第二次成長終了後(一年間にもっとも身長が伸びる時期が過ぎた頃)を目安に開始す…